magazine

ミニチュアダックスフンド
犬種図鑑
鉛筆アイコン

2021.05.20

12歳のミニチュアダックスフンドと暮らす飼い主体験談!おすすめグッズも

ミニチュアダックス というと胴長、短足が愛らしい犬種です。筆者の家では今年12歳、9歳、7歳になる3頭のミニチュアダックス と一緒に暮らしています。
今日は、そんなミニチュアダックスの特徴から飼育のポイント、そしておすすめのグッズについて、うちの子自慢を交えながら日々の体験談をもとにご紹介します。

#わが家の愛犬自慢 / #ミニチュアダックスフンド

花野 あい/ドッグライター

ミニチュアダックスフンド:わが家の愛犬自慢

ミニチュアダックスフンド

1番目にわが家に迎えた「リー」は今年の8月で12歳になるおばあちゃん犬です。

被毛のタイプはワイヤードで日本ではあまり馴染みのない方も多いかと思います。お散歩しているとよく何犬ですか?と聞かれます。

そんなリーとの出会いは、よく買い物に行くホームセンターの中に入っているペットショップでした。
そのショップのほとんどの子は生後2?3ヶ月くらいです。その中で生後7ヶ月を過ぎ、値段もどんどん下げられている子が気になり毎週見に行き、とうとう1ヶ月後に迎え入れることにしました。

そんなリーも今年で12歳になりますが、まだまだ元気です。

ミニチュアダックスフンドはどんな犬?

ミニチュアダックスフンド

まずは、ミニチュアダックスフンドの基本情報をご紹介します。

ドイツが原産国のダックスフンド。
ダックスフンドとはドイツ語でアナグマ犬という意味で、元のスタンダードタイプから小さなウサギやイタチなどを追うために小さく改良されミニチュアが誕生しました。初期のスタンダードは20Kgもあったそうです。

被毛のタイプは3種類あり、一番よく目にするのが毛の長いロングヘアード。短毛のスムースヘアード、カーリーで硬めな毛質のワイヤードヘアーがいます。

人懐っこく忠実で好奇心旺盛な性格

ダックスフンドは人間に対して友好的で忠実な犬柄です。
好奇心も旺盛で狩猟犬として改良された品種なので怖いもの知らずなところがあり、小動物や家の外から訪れる人や物音に敏感で無駄吠えや攻撃性が出やすいので正しくしつける必要があります。

わが家のリーも例外に漏れることなく普段はとても穏やかな性格なのに配送業者さんがチャイムを鳴らしたとき、猫が窓の外を通った時はどんなに戒めても吠えることが止められないようです。

この記事もチェック!

爪切りと指の毛カットは必須

ミニチュアダックスフンドは、その体型から腰を痛めやすく椎間板ヘルニアになる子が多いので定期的に(一月に1度くらい)のペースで爪切りと指の毛のカットが必須です。

爪や指の毛が伸びていると床などで足が滑って腰に負担がかかってしまうので、カットはもちろんですが床も滑りやすいフローリングならマットを引いたり滑りにくい素材のものを引いてあげたほうが良いです。

この記事もチェック!

お散歩は1日2回、家でも外でも大丈夫

わが家ではお散歩は朝ご飯をあげた後と、夕飯前に行きます。
それでも更にお家のトイレでもしているので本当は3回言ってあげた方が良いのかもしれません。
少し留守が長めになるときは3頭いるのでトイレが汚れていると場外に失敗しているときもあります。かといってトイレを増やしたり、色々試したのですがやはりその今のポジションが良いようです。

この記事もチェック!

ミニチュアダックスフンドのおすすめポイント3つ

ミニチュアダックスフンド

ここでは、ミニチュアダックスフンドとの暮らしでお勧めしたいポイントをご紹介します。
ダックスフンドは人間に対して友好的で忠実、頭も良く、好奇心旺盛で人間と行動をともにすることが大好きなのでとても飼いやすく一緒にいて楽しい犬種です。

表情が豊かなので会話をしているよう

飼い主の話を一生懸命理解しようとしているのか、話しかけると首を傾げながら見つめてきます。
その姿は本当に愛らしくギューとしたくなってしまいます。
嬉しい時、楽しい時、怒られている時、それぞれとても分かりやすい表情をしているので会話ができているように感じます。

他の犬種や他人ともなかよくできる

大体の人も犬も仲良くできます。
最近ではお年のせいなのか、他の二頭がいて遠慮しているのか昔ほどはお愛想は振りまかなくなりました。
しかし大型犬と訪問者だけはどうやってもワンワン吠えてしまいます。
大きいので怖いのと、お家を守ろうとしているのか元の狩猟犬の血が騒いでしまうのでしょう。

いっしょにドライブを楽しむことができます

ドライブが大好きで私がお出かけ用のバックを持つと、連れて行って!と飛びついてきます。
ちなみに普段のお散歩の時は喜びますが飛びついてはきません。<br>車に乗り込むと外の景色を見て匂いを嗅ぐのが楽しいようで窓を開けてー、と催促がすごいです。

ミニチュアダックスフンド:愛犬の自慢話

それでは、リーと暮らして12年のわが家における、うちの子の自慢話・体験談をご紹介します。

12年前にリーをわが家に迎えてから本当に毎日が楽しく、明るくなりました。
今ではリーが居ない生活は考えられないほどです。

野菜が大好きな食いしん坊

食いしん坊なリーですが野菜が大好きでキッチンで野菜を切り始めると足元でずっと上を見上げて待っています。
よく首が疲れないもんだな、と感心します。
特にキャベツが大好物で冷蔵庫から出した時点でぴったりマークされます。
ついつい可愛くて沢山あげたくなってしまうところですが、お腹の調子が悪くなってしまうので我慢、我慢。

特技はお座りタッチすること

ミニチュアダックスフンド

リーの特技は色々あるのですがお座りの状態から上半身だけ立ち上がるお座りタッチです。おねだりする時はその体制から両前足をぴょこぴょこしてちょーだいちょーだいのポーズがとても愛らしです。

冷静でとってもお利口さん

ミニチュアダックスフンド

リーは飼い主の話をとてもよく聞いています。言葉を理解しようとしているのか私が話しかけると首を右へ左へ傾げます。
そろそろお話ができるんではないかと思っている今日この頃です。
他の二頭は「おやつ」と「散歩」はよく聞き取りますがそれ以外はあまり理解はしていないようです。

ミニチュアダックスフンド飼育のアドバイス3つ

ミニチュアダックスフンド

ここでは、ミニチュアダックスフンドと暮らすなかで経験したことや苦労したことをご紹介しながら、飼育のアドバイスをご紹介します。
小型犬はみんなそうだと思うのですが、お散歩の時は色々な障害があります。
足が短いので道路の溝が広めだとジャンプできない、少し高めの段差だと登れないなどなど。

吠え止まない時は毅然とした態度で

狩猟犬の血が騒ぐのか、家に訪問者が訪れた時や窓の外を猫が通ったときは恐ろしいほどほえることがあります。
そういう時は叱っても『待て」や「NO」と言っても更に興奮してしまうので、こちらは何もなかったように無視して他のことを始めます。
こちらが冷静だと犬も「あれ?」と気がそれるようで落ち着きを取り戻します。

必ずしもカットが必要ではない

被毛の長い子はカットをしてもらってる子が多いですが、わが家ののワイヤーはカットしていません。

なぜならカットしなくても毛が伸び続けるわけでもなく、抜け毛もそんなに気にならないですし、ナチュラルのままの方が個人的には可愛いと思うので我が家ではカットの必要ありません。

おすすめの住環境は段差なしと滑らない

ミニチュアダックスフンドの1番の心配は椎間板ヘルニアです。
お散歩が大好きなのに歩けなくなったらかわいそうなのでヘルニアにはならないように気をつけています。

なるべく登り下りをしないように段差を無くして、フローリングにはマットを敷き、爪と足裏の毛を1?2ヶ月に1回くらいはカットしています。
ちなみに我が家ではゴムのジョイントマットを敷いています。

ミニチュアダックスフンドにおすすめのグッズ・サービス3選

ミニチュアダックスフンド

最後に、ミニチュアダックスフンドとの暮らしに役立つグッズや、行ってよかった施設などをご紹介します。

日頃の被毛のケアに便利なスプレー

このデオドラントスプレーは7年ほど愛用しています。
とても香が良くてナチュラル系なのでお勧めです。
普段のお手入れではこのスプレーをブラシに吹き付けてブラッシングしています。
2種類あってもう一つのお散歩用のハーブスプレー、ニーム&シトロネラスプレーは虫除けの効果もあり虫の多い春先は特におすすめです。

歯のケアやストレス解消に最適

わが家の子達はおもちゃを噛むのが大好きで歯磨きにもなるし、ストレス解消にもなります。
ゴム製のものなどはすぐに噛み砕いてしまい1日でダメになることもあります。
このハーツ デンタルボーンはなかなか壊れないんです。とても長持ちしますが3頭ともかみかみするのでいつも3個セットを購入しています。

こんな宿泊施設を探してた!

犬を飼っていると、特に多頭飼いだと尚更、お出かけは一緒にできてもなかなかゆっくりはできないものです。
しかし、見つけました。星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳さん。
犬がオッケーな宿泊施設でも大体、館内はバックかゲージに入れての移動になるのですが、こちらのホテルは入り口からリードで犬と一緒に歩いてチェックインができます。
施設内もとても広くお店も沢山あって犬と一緒にショッピングしたりランチしたりと本当にゆっくりできました。
ぜひまた利用させていただきたいホテルです。

ミニチュアダックスフンドと共に暮らすという幸せ

ミニチュアダックスフンド

犬種を問わず犬と暮らすと生活の彩りや心が豊かになります。
姿形も動きも愛らしく、面白く表情が豊かなので笑いが絶えません。
コロナ禍で今までのように当たり前に人と会えなくなった今、丸一日人に会わず話もしない、なんていう日が普通にありますが犬がいてくれることで返事はしてくれないけれど話したり笑ったりできる幸せがあります。
特にミニチュアダックスフンドは人が好きで一緒に行動することも大好きなので、本当にミニチュアダックスフンドを飼って良かったと思っています。

  • 公開日:

    2021.05.19

  • 更新日:

    2021.05.20

いいなと思ったらシェア