magazine

狆
犬種図鑑
鉛筆アイコン

2021.05.08

犬種クイズに挑戦しよう!

犬好きで有名な徳川綱吉公に愛された「お座敷犬」!この犬の名前は?

犬種クイズです。
かつて江戸城で飼育され、【お座敷犬】の由来になったこの犬種。
その当時、多くのブリーダーが存在した日本最古の改良犬です。
猫のような大きさと行動が名前の由来だと言われています。
さて、この犬種の名前は何でしょう?
次のヒントを元に考えてみましょう。

#クイズ

彩 ことり/ドッグライター

ヒント【1】日本で古い歴史を持つ改良犬

この犬種の名前に使われている漢字は、和製漢字です。
猫と犬の中間の存在という意味が込められているようで、体格や行動も猫っぽいことで知られています。

ヒント【2】鼻ぺちゃで大きな目が特徴

この犬種の最大の特徴は愛らしい「顔」にあります。
短めのマズルと小さな垂れ耳、くりくりとした目が印象的。
その容姿から中国原産では?と誤解を生むほど、「ペキニーズ」に似ています。

ヒント【3】羽のような優雅な尻尾を持つ

被毛はシングルコートで抜け毛は少なめ。
絹のような柔らかな被毛に覆われており、手入れは比較的に楽チンな方です。
ただ、絡まりやすい毛なので、毎日のブラッシングは欠かせません。

正解は?

狆

正解は【狆(ちん)】でした!
日本では昔から、お城や遊郭で愛玩犬として愛されてきた犬種です。
性格はおとなしく、協調性もあり人を喜ばせる事が好き。
一方、高いところから人を見下ろす、猫のような行動を好む一面も持ち合わせています。

この記事もチェック!
  • 更新日:

    2021.05.08

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 彩 ことり
  • ドッグライター
  • 現在まで何頭もの犬と生活を共にしてきました。その中で、老犬介護も経験し犬と暮らす事への価値観が変わりました。犬との生活で得た知識やエピソード等発信していきたいと思っております。