magazine

グッズ

2021.05.28

犬用傘が雨天時の散歩に便利!選ぶポイントとおすすめ商品4選

雨の日の犬の散歩は、レインコートを着せたり脱がせたりと、何かと手間がかかりますよね。そんな手間を省くアイテムとして注目されているのが犬用の傘です。

しかし、「本当に便利なのか分からない…」と不安に思う方もいらっしゃるかと思います。

本記事では、犬用の傘の特徴やメリット・デメリットについて紹介していきます。記事の後半ではおすすめ商品も紹介しているので、犬用の傘に興味がある方は、ぜひ最後まで読んでいってみてください。

文:後藤 俊/ライター

犬用の傘の特徴と用途

犬 傘

犬用の傘とは、雨の日の散歩やお出かけでに犬が濡れないように開発された製品です。パラソル部分が人間用の傘とは逆向きに広がり、先端には首輪に繋げる用のリードが付いています。

手軽に持ち運びができ、突然の雨にもすぐに対応できる雨具をお探しの方に最適なアイテムです。

犬用の傘を使用するメリット・デメリット

犬用の傘には、便利だと感じるメリットがある一方で、デメリットもあります。メリットとデメリットの両方を理解し、購入の際の参考にしてみてください。

【メリット】雨の日の散歩の手間が省け

雨の日の散歩では、犬用のレインコートを着せるのが一般的です。しかし、散歩前にレインコートを着せて、帰ってきてから脱がせるのを手間だと感じる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

犬用の傘ならば、雨の日でも準備いらずで、すぐに散歩へ出掛けることができます。レインコートと違い、洗ったり乾かしたりする必要もないので、雨の日の散歩の手間を省きたい方に最適です。

【デメリット】向かい風の影響を受けやす

人間用の傘と同様に、強い向かい風には大きな抵抗を受けてしまいます。強風で傘が激しく動くと、犬に当ててケガをさせてしまったり、飼い主さんが転倒してしまう危険性も考えられます。

したがって、犬用の傘は風の弱い雨の日に使用するのがおすすめです。

犬用の傘選びはサイズ感がポイント2つ!

犬 傘

犬用の傘選びでチェックすべきポイントを2つ紹介していきます。購入後に後悔しないためにも、ぜひ参考にしてみてください。

パラソル部分の直径

パラソル部分の直径を事前に確認しておきましょう。直径が狭いと犬の体が入りきらず、雨に濡れてしまいます。また、パラソルのフチが犬に当たり、ケガをさせてしまう危険も考えられるでしょう。

犬用の傘は主に小・中型犬用に製造されています。サイズが少し大きめの犬の場合は、あらかじめ体長をメジャーで測定し、パラソルの直径に収まりきるのかどうかをチェックしてから購入してください。

シャフトの長さ

傘の真ん中部分であるシャフトの長さを事前に確認しておきましょう。犬用の傘を持って散歩する上で、シャフトの長さは持ち歩きやすさに関わる部分です。

シャフトの長さが身長や腕の長さに合っていないと、常に肘を曲げながら散歩をしなければいけなくなります。身長の低い女性の場合、シャフトの角度を調整できる商品を選ぶことで、持ち歩きづらさを解消できるでしょう。

犬用の傘のおすすめ商品4選!

犬 傘

最後に、犬用の傘のおすすめ商品を4つ紹介していきます。それぞれ違った魅力があるため、ぜひ購入の参考にしてみてください。

丸型グリップで腕にかけて持ち運べる!

輪っか状のグリップが特徴的な犬用の傘です。グリップが輪っか状になっていることで、傘を閉じているときは腕にかけて持ち歩くことができます。

シャフト自体の角度調整が可能なため、自分の身長や腕の長さに合わせた楽な角度で使用することができるでしょう。傘を閉じて持ち歩くことが多い、雨の日のお出かけ用に最適な商品です。

軽いのに耐久性抜群!角度調整も可能

ガラス繊維の骨組みが使用された、耐久性と耐風性に優れた犬用の傘です。頑丈なだけでなく、軽さも兼ね備えているため、女性でも楽々持ち運ぶことができるでしょう。

また、グリップには腕を通す紐が付いているため、散歩の途中で傘を手放してしまう危険を防止できます。その他にも、シャフトを好みの角度に変更できるなど、機能性に優れた商品です。

LEDライト付きで夜道でも安心!

シャフト部分にLEDライトが搭載されており、夜道で光らせることができる犬用の傘です。ボタン操作で7色から色を選ぶことができるので、見た目にも楽しめる仕様となっています。

また、グリップ部分もライトになっているため、手元も照らしながら散歩ができます。骨組みには8本のガラス繊維リブが使用されており、耐風性も抜群です。夜に犬の散歩をすることが多い方にピッタリの商品です。

コスパ重視!お試しするならこれ

人間用の傘と同じような形をした、最もベーシックな犬用の傘です。2,000円を超える商品が多い中、1,000円台というコスパの良さが魅力となっています。

値段が安いだけでなく、ビニール部分の視界のクリアさや、グリップ部分の持ちやすさなど、性能も基準以上で不便がありません。安い値段で犬用の傘を試してみたいと思っている方におすすめです。

犬用の傘で雨の日の散歩が億劫じゃなくなる!

犬 傘

犬用の傘を使用することで、犬にレインコートを着せる手間がなくなり、雨の日の散歩のわずらわしさを解消できるようになります。

しかし、風の強い日には傘が抵抗を受けやすいため、状況を見ながら使用するようにしましょう。

散歩の前の手間が減れば、それだけ楽しいと思える時間が増えます。ぜひ、今回の記事を参考にしていただき、犬用の傘を雨の日の散歩に取り入れてみてはいかがでしょうか。

  • 更新日:

    2021.05.28

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 後藤 俊
  • ライター
  • コリーとコーギーのいる家庭で育ち、愛犬たちがいる暮らしが当たり前に。一緒に過ごす時間を増やすためにも、犬に関する知識を学び始めました。愛犬との絆を深めるために必要な、正しい情報の発信を目指します。