magazine

犬 手作り食 レシピ
食べもの
鉛筆アイコン

2021.05.27

手づくりごはん|パートナーに優しいレシピ|vol.94

パートナーに優しいレシピ|フードも一緒に♪切り株プリンアラモード

ドッグフードの食いつきが少し心配な時に、色んな匂いが集まったご飯はいかがでしょうか。今回は、犬も食べられるプリンをメインに、ヨーグルト、タイ、野菜、果物、そしてドッグフードをあしらった手作りレシピをご紹介します。
プリンにドッグフードの粉末をつけて、森の中の切り株みたいにしてみました。

#パートナーに優しいレシピ

さの さえこ/ドッグライター

切り株風犬用プリンアラモードの材料

犬 手作り食 レシピ

人間用のプリンアラモードはスイーツですが、今回の犬用プリンアラモードは1食分のご飯になるものを作りました。

量は小型犬を対象にしていますが、うちのコのような5kgちょっとの小型犬の子には少し多いかな、という量になっています。

お腹の弱い子はホイップなしがおすすめ

今回は乳製品が多めになります。
ホイップに使う水切りヨーグルトにはタイやカリフラワー、ドッグフードを混ぜて量を減らすようにしましたが、お腹がゆるくなりやすい子にはホイップは使わない方が良いかもしれません。

【材料】

  • 牛乳(プリン用)75cc
  • 卵(プリン用)1個
  • ドッグフード 25~30g
  • イチゴ 小粒2個
  • マンゴー 1カケラ
  • ブルーベリー 1個
  • ブロッコリー 1/2房
  • ニンジン スライス1枚
  • カリフラワー(ホイップ用)1/3房
  • タイ(ホイップ用)刺身1切れ
  • 水切りヨーグルト(ホイップ)大さじ2杯を水切りする

飾りの材料は他の野菜に変えてもOK

果物が気になる場合、次のような野菜に変えても仕上がりは同じになります。

  • イチゴ → トマト、赤パプリカ
  • マンゴー → 黄パプリカ
  • ブルーベリー → ムラサキイモ

このほかにも、ブロッコリーをピーマンやキュウリ、タイをタラに変えても作ることができます。
材料を買いそろえなくても、家にある野菜で犬が食べられるものを選んでもらえれば、より手軽に作ることができます。

切り株風犬用プリンアラモードの作り方

犬 手作り食 レシピ

食べる時の盛り付けなどがすぐに始められるように、前日から少しずつ準備をしておくとスムーズです。

前日にやっておきたい3つの仕込み作業

プリンアラモードを作る前の晩に、水切りヨーグルトとプリンを作ります。
私はタイのお刺身もレンジで10~15秒ほど加熱して冷蔵庫で保管しておきました。

【プリンの作り方】

  1. 卵と牛乳を混ぜ合わせる
  2. 茶こしで濾しながらプリンの型に入れる
  3. フライパンに水を入れ沸騰させたらいったん火を止める
  4. 3の中に2を入れ蓋をして10分くらい弱火で蒸す(型が半分くらいお湯に浸かるようにする)
  5. 10分経ったら火を止めて8~10分くらい放置する
  6. 粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす

【水切りヨーグルトの作り方】

  1. 2枚重ねのペーパータオルの上にヨーグルトを置き、包んで冷蔵庫に入れる
  2. 数時間後ペーパータオルを取り替えてさらに水気を取る

盛り付け前の下準備で作業がスムーズに

野菜は生でも食べられるものばかりですが、軽く加熱した方が消化しやすくなるので、私はレンジで加熱しました。
そして野菜も果物も、できるだけ細かくきざんだ方が消化しやすくなりますよ。

【当日の仕上げ】

  1. プリンを盛り付け用とは別の皿に入れて粉状にしたドッグフードを周りにつける
  2. フードをつけたプリンを盛り付け用の皿に移す
  3. プリンの周りに細かくきざんだ野菜と果物を散らす
  4. ドッグフードを混ぜた水切りヨーグルトをしぼり器に入れ、プリンの上に円形に絞り出す(切り株の年輪みたいに)
  5. プリンの真ん中にタイとカリフラワーを混ぜた水切りヨーグルトを絞り出す
  6. 好みの果物をプリンの上に飾って完成

一気に完食!プリンアラモード実食風景

犬 手作り食 レシピ

卵の量がいつもより多かったので肉を使わなかったのですが、全く気にする様子もなく、うちのコはモリモリ完食してくれました。

ただ、ドッグフードを周りにつけたことでにおいが消えたのか、一瞬プリンに対して「なんだこれ?」という顔をしています。普段ドッグフードの食いつきがあまり良くない子の場合は、あげる前にプリンをカットして、においがわかるようにすると食べやすいかもしれませんね。

材料のアレンジが簡単なプリンアラモード

犬 手作り食 レシピ

今回の材料はほとんどのものが他の野菜などで代用可能です。
飼い主さんがそろえやすいもの、愛犬の体に合ったものを選んで、好みのものにアレンジしてあげてくださいね。
旬の野菜や果物を使うのもおすすめです!

  • 更新日:

    2021.05.27

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • さの さえこ
  • 犬の東洋医学生活管理士2級、ドッグライター
  • 子供の頃はアレルギーで飼えなかった犬を、大人になって初めて迎えることができました。しかし里子で迎えた初めての愛犬は、外耳炎、歯肉炎、膿皮症、膝蓋骨脱臼を持っていました。 この子をきれいな体にするにはどうしたら良いか。そんな気持ちから得た経験を、「犬の食」を通してお伝えできればと思っています。