magazine

犬 手作り食 レシピ
食べもの

2021.05.26

手づくりごはん|パートナーに優しいレシピ|vol.93

パートナーに優しいレシピ|食べやすいグレインフリーの安心おやつ

先日、知り合いの愛犬が全くドッグフードを食べなくなりました。手作り食に変えても効果がなく、病院で診てもらっても原因はわかりませんでした。知り合いが途方に暮れた時、愛犬がやっと口にしたのがおやつでした。おやつは気分転換に少しだけあげるものですが、時にはこんな風に食べるきっかけを与えてくれるものなんですね。
そこで今回は、万が一おやつしか口にできなくなった時に少しでも体に優しく作用してくれるものとして、グレインフリーのおやつをご紹介します。歯が弱くても食べやすいものを選んでみました。
困った時のサポートとして役に立てていただけると嬉しいです。

#パートナーに優しいレシピ

さの さえこ/ドッグライター

グレインフリーが指す穀物と健康効果

犬 手作り食 レシピ

グレインフリーは穀物不使用という意味ですが、豆類は使われていることを不思議に感じたことはありませんか?

また、グレインフリーが良いのはわかるけど、どんな風に良いんだろう?と疑問に感じたこともあるかもしれません。

グレインフリーが指す穀物の種類と、その穀物が含まれないことで犬にどんなメリットがあるのかを初めにお話ししたいと思います。

グレインフリーの対象は「イネ科」の穀物

グレインフリーは一般的にイネ科の植物を対象としていることが多いようです。そのため、グレインフリーであっても、豆類にアレルギーがある子なら原材料を確認した方が良いかもしれません。
イネ科の主な穀物は以下のようになります。

グレインフリー対象の主な穀物

  • 小麦
  • 大麦
  • トウモロコシ

グレインフリーおやつが健康に良い理由

イネ科の穀物が入らないことで、犬には次のような健康効果が期待できます。

グレインフリーおやつの健康効果

  • アレルギーを起こしにくい
  • 消化しやすくなる
  • 肥満防止が期待できる

アレルギーを起こしにくい

アレルギーを起こしにくい麦類には、アレルギーを起こしやすいと言われるグルテンが含まれています。
アレルギーが気になる場合は、グルテンが入っていないおやつの方が安心かもしれませんね。

消化しやすくなる

犬は穀物を消化する能力があまり高くないので、グレインフリーのおやつは消化を妨げない効果が期待できます。

肥満防止が期待できる

イネ科の穀物に含まれる糖類を多く摂ることによって、余分な糖分が体に蓄積され、太りやすくなることがあります。

肉と魚の完全グレインフリーおやつ3選

犬 手作り食 レシピ

材料は肉類や魚のみ、保存料・着色料無添加で素材そのままのおやつをご紹介します。
動画で柔らかさも見てみてくださいね。

馬と羊を使った食べやすいサクサクおやつ

肉系のおやつはジャーキーが主流ですが、馬や羊の筋肉部分だけではなく、内臓などを乾燥させることで違った食感や栄養を摂ることができます。

ディアラ ドライトリーツ 馬肉ドライパーフェクト

馬の各部分をギュッと凝縮したおやつです。硬そうな印象ですが、手で簡単に折ることができます。食べている様子ではサクサクした食感ではないかと思います。
私はいつも5ミリくらいまで小さくしてあげていますが、大きさの調節がとても簡単にできます。

原材料

  • 馬肉赤身、馬レバー、馬ハツ、馬肺、馬脾臓、馬腎臓、馬骨、馬軟骨(日本、カナダ、アルゼンチン)

ナチュラルハーベスト スライス ラムラング

自然放牧で育ったラムの肺(ラング)のおやつです。全体にパフパフした食感で、こちらも食べやすいおやつになっています。
ただ、厚みにバラつきがあり、厚い部分は手で割るのが難しいので、私はいつも包丁でカットしてあげるようにしています。
手で割れる部分と食べている様子は動画でご覧ください。

原材料

  • ラムの肺

国産・無添加 鯛スティック

魚をスティック状に加工しているおやつは何種類か出ているのですが、鯛で作られたスティックはとても軽い仕上がりで食べやすいのが特長です。
手で簡単に割れるだけでなくホロホロと崩れていくようなおやつなので、魚をあげたいけれどニボシの骨などが硬くて気になるという方にはぜひおすすめです。

原材料

  • 真鯛

チーズのみが原料の食べやすいおやつ

犬 手作り食 レシピ

チーズの犬用おやつは数えきれないほど出ています。ハードタイプ、柔らかいタイプなど、お店に行くと必ず目にするおやつの1つです。
その中で、わが家では「ナチュラルハーベスト フリーズドライ キュービックチーズ」をリピートしています。

ナチュラルハーベスト フリーズドライ キュービックチーズ

とてもシンプルな原材料のおやつです。フリーズドライですがフカフカした感じではなく、カリッとした食感です。小粒なので口の小さな犬でもおいしく食べられます。
柔らかいチーズは歯にくっつくのが気になるし、ハードタイプは硬すぎて心配という方に試していただきたいチーズです。

原材料

    チーズ

豆類が入ったグレインフリービスケット

犬 手作り食 レシピ

うちのコはクッキーやボーロ、ビスケット類が苦手だったのですが、最近私が食べるクッキーなどを欲しがるようになったので、試しに犬用のビスケットを購入してみました。
「ナチュラルハーベスト ヤギミルクビスケット」です。

ナチュラルハーベスト ヤギミルクビスケット

これまでご紹介したものとは違い、このビスケットはグレインフリーですが、豆類が使われています。でも人工的な着色料や防腐剤などは無添加なので、犬の体には優しくできています。
アレルギーが出にくく新鮮なヤギミルクを使用しているので、自然な甘さも味わえますよ。

原材料

  • ヤギミルク、ひよこ豆、えんどう豆、タピオカ、ポテト、ひまわり油、ピーナッツ

グレインフリーで栄養が期待できるおやつを

犬 手作り食 レシピ

グレインフリーのおやつは、何種類かの穀物にアレルギー反応が見られる場合や、その心配がある場合におすすめのおやつです。
また、グレインフリーのおやつの場合、添加物の使用がかなり控えられているのも嬉しい特長です。
普段からこうしたおやつを食べ慣れておくことで、初めにお話ししたような「何も食べてくれない時」に、思わぬ力を発揮してくれるかもしれません。
たまにしかあげないおやつでも、良質なものを選んであげられると良いですね。

  • 更新日:

    2021.05.26

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • さの さえこ
  • ドッグライター
  • 子供の頃はアレルギーで飼えなかった犬を、大人になって初めて迎えることができました。しかし里子で迎えた初めての愛犬は、外耳炎、歯肉炎、膿皮症、膝蓋骨脱臼を持っていました。 この子をきれいな体にするにはどうしたら良いか。そんな気持ちから得た経験を、「犬の食」を通してお伝えできればと思っています。