magazine

犬 手作り食 レシピ
食べもの
鉛筆アイコン

2021.05.09

手づくりごはん|パートナーに優しいレシピ|vol.84

パートナーに優しいレシピ|腸内フローラ測定で未来の健康を創る

我が家では、アニコム損保が提供している「けんかつくん」を、2019年から利用させてもらっています。愛犬の便を送り、腸内フローラを測定してもらうサービスなのですが、2020年は喜びと驚きの検査結果が。
腸内細菌には、太りやすくなる菌、痩せやすくしてくれる菌、お腹の調子を整える菌など、さまざまな種類の菌があります。 普段の生活からは分からない、体の中の状態を知る菌のお話です。

#パートナーに優しいレシピ

さのさえこ/ドッグライター

腸内フローラを測定してくれる「けんかつくん」

見上げる犬

けんかつくんでは、愛犬の腸内健康年齢、アレルギー体質チェック、腸内にあるとうれしい菌、全体のバランス、同年代の犬との菌分布の比較などを教えてもらえます。

私は契約した保険のタイプが無料測定の対象だったことでこのサービスの存在を知りましたが、有料でも検査してもらうことができるので、気になった時には年に1回の無料の測定を待たずに検査してもらうこともできます。

腸内年齢が若い犬は保険料の請求額が少ない

アニコム損保の分析では、腸内年齢が若い犬ほど、保険料の請求が少ないという結果が出ているそうです。保険請求が少ないということは、動物病院で診察を受ける必要があまりないということ。つまり、腸内フローラが良好だと、健康でいられる可能性が高くなります。

ウンチの状態だけでは分からない菌の存在

私たち飼い主は普段、愛犬のウンチの状態を見て、お腹の具合を推測しますよね。 ゆるくなれば調子が悪そうだな、硬くなれば水分が足りないみたいだな、と考えて対策します。

でも何の問題もないと思っている愛犬の腸の中で、これから起こりそうなことを予測するのは難しいのではないでしょうか?それを教えてくれるのが、愛犬の腸内にいる菌たちの存在です。

たった1年で大きく変わる犬の腸内フローラ

眠たそうな犬

うちのコは、2019年と2020年の2回、けんかつくんを利用しました。 年齢は4歳と5歳の時の測定になります。

普段から下痢をほとんどせず、ドッグフードもしっかり食べる子なので「面白そうだし無料だからやってみよう」という軽い気持ちだったのですが、結果は予想外なものでした。しかも2019年の結果を踏まえて対策をしたはずなのに、2020年には新たな不安が生じてしまいました。

ビフィズス菌が少ないことに驚く2019年

下痢をしない=ビフィズス菌が潤沢で、腸が健康であるという考えは、少し違っていたようです。

同年代の犬と比較して少ないというよりも、うちのコの腸の中にほとんどビフィズス菌が存在していないというグラフの結果にとても驚きました。 早速、自家製ヨーグルトを毎朝食べさせ、発酵野菜やトライプなどで食物繊維を摂らせるようにしたことを覚えています。

少しの成果と肥満菌大繁殖の2020年

菌のバランスを比較したグラフ

まずはこちらの画像をご覧ください。左2つがうちのコの菌の全体バランス(2019年・2020年)で、右が同年代の犬の平均値になります。

菌の見方

  • ブルー:ビフィズス菌
  • 赤:やせ菌
  • 緑:肥満菌
  • 紫:異常に増えると良くない菌
  • グレー:その他の菌

1年間がんばった成果なのか、わずかにビフィズス菌が増えましたが、なぜか脂肪を燃焼してくれるやせ菌が減り、太りやすくなる肥満菌が大繁殖しています。大きく食生活が変わったわけではなかったはずなのに、これはショックな結果でした。

ビフィズス菌増殖と肥満菌撃退の方法

ビフィズス菌と犬

どうしたら、ビフィズス菌とやせ菌を増やし、肥満菌を減らすことができるのかを調べた結果、次の結論にたどり着きました。

  • 肥満菌を減らすことよりやせ菌を増やすことが大切
  • やせ菌は食物繊維の摂取が効果的
  • ビフィズス菌は生きて腸に届くのが理想

そして、この結論を実行するためにできることを考えてみました。

胃酸にやられないような摂り方をする

ビフィズス菌は胃酸に弱く、空腹時にヨーグルトを食べても、ほとんどが死んでしまいます。
死んだ菌でも役に立つので食べないよりは良いのですが、やはり活きの良いビフィズス菌をたくさん腸に送り込む方が効果的です。
そのため、朝のヨーグルトはフードを食べて少し時間を置いてから食べさせることにしました。

食物繊維にビフィズス菌サプリをプラス

食物繊維は、これまでどおり発酵野菜と鹿のトライプで補い、今後はさらにビフィズス菌とオリゴ糖のサプリメントで強化することにしました。

サプリメントなら、胃酸を気にすることなく、生きたビフィズス菌を腸に届けることができるようになっています。 サラサラしてすぐになじむので、うちのコも気にせず食べてくれます。

このビフィズス菌を食べ始めてから、ウンチにツヤが出てきて、目やにがほとんどなくなりました。さすが、直接腸に届くビフィズス菌の効果は大きいようです。

腸の中を目視できる検査で未来を創る

見上げる犬

「けんかつくん」では思わぬ検査結果にショックも受けましたが、腸内にいると嬉しいレア菌がうちのコにも1種類だけいるのが分かったのは、とても嬉しいことでした。普段の様子からはわからない腸内の細菌を知ることで、未来に起こりそうな良い可能性を伸ばし、悪い可能性を改善する方法を考えることができます。

腸内フローラの「フローラ」とは「お花畑」という意味を持ちます。 腸内の細菌がお花畑のように群生することから、この言葉が生まれたそうです。 「けんかつくん」の検査結果の中に、うちのコの腸内フローラをイメージした花束の画像が表示されていました。 それを見て、がんばってきれいな花束を作ってやりたいな、と思いました。

参考
  • 更新日:

    2021.05.09

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • さの さえこ
  • 犬の東洋医学生活管理士2級、ドッグライター
  • 子供の頃はアレルギーで飼えなかった犬を、大人になって初めて迎えることができました。しかし里子で迎えた初めての愛犬は、外耳炎、歯肉炎、膿皮症、膝蓋骨脱臼を持っていました。 この子をきれいな体にするにはどうしたら良いか。そんな気持ちから得た経験を、「犬の食」を通してお伝えできればと思っています。