magazine

ドッグフード3種と犬
食べもの
鉛筆アイコン

2021.05.10

手づくりごはん|パートナーに優しいレシピ|vol.83

パートナーに優しいレシピ|犬がご飯を食べないならこれはどう?

「ドッグフードを食べてほしいのに、なかなか食べてくれない」 「体に良いフードを買ったのに、全然興味を示してくれない」 ドッグフードを食べない悩みは、多くの飼い主さんが一度は経験することかもしれません。
犬にはそれぞれ好みがあり「このフードなら絶対食べる!」と言いきれるドッグフードはないように思います。
今回は、犬と飼い主さんの目線をたどり、その合流地点を見つけることで、最適なドッグフードを探してみませんか?というお話です。

#パートナーに優しいレシピ

さのさえこ/ドッグライター

犬が食べたくなるポイントは「におい」

ドッグフードのニオイを嗅ぐ犬

犬はにおいで多くのものを判断します。それは食べ物でも同じです。犬たちが求めているのは“おいしそうなにおいの”ドッグフードではないでしょうか? 一方で私たち飼い主は「原材料が優れている良質な」ドッグフードを与えたいと考えます。
まずは、簡単そうで難しい「おいしそうなにおいの」「原材料が優れている良質な」ドッグフードの探し方の一例をご紹介します。

普段の食べ方からにおいの好みを探る

色々な食べ物を試すうちに、愛犬の好みの傾向が少しずつ分かってくることがあります。 たとえば、うちのコは犬用のボーロやパンは好みません。だからフードもシリアルのような、においのものだと一切口にしません。

においが強すぎてもダメならしく、ゴマ油やサーモンオイルも苦手です。でもにおいがないように思えるアマニ油や、生鮭を焼いたものは喜んで食べます。 これらのことから考えると、うちのコの好みはこんな感じになります。

うちのコのにおいの好み

  • 穀物系のにおいがしないもの
  • 自然に食材が発するにおいが好き

好みが分かっても実際にはドッグフードを買って見なければにおいはわかりませんが、いくつかサンプルなどを試していくうちに、フードの見た目で好き嫌いが判別できるようになってくることがあります。 そうなると、少し早く愛犬の好むフードに近づくことができますよ。

良質な原材料のフードから良いにおいを探す

続いて、愛犬の身体に良い、良質なドッグフードの条件を簡単に挙げてみます。

理想的なドッグフード

  • 犬が消化が苦手な穀物(主に糖質やグルテンを含むもの)を極力使用していない
  • 着色料・香料を使用していない
  • 保存料を使用していない
  • 強い酸化防止剤を使用していない

保存料や強い酸化防止剤は、原材料の品質があまり良くない時に使われることが多いので、そのあたりで食材の良し悪しが判断できるのではないかと私は考えています。

以上の条件と、飼い主さん独自の目線でドッグフードを絞り込み、サンプルがあれば取り寄せ、なければ一番小さな袋を購入してみるのがオススメです。

私もこの方法でうちのコが好んで食べるフードを探しました。その中で最も食いつきの良かったベスト3のドッグフードをご紹介します。

1.オリジンシニアは若い犬でも食べられる

オリジンシニアと犬

オリジンの原材料は、すべてが新鮮な食材! 「新鮮な」とあえて原材料名に加えているところに、作った方のこだわりを感じますよね。 栄養強化の食品添加物がほとんどなく、食物から必要な栄養素を補っているのところが、最もおすすめしたいポイントです。

しかも生きたままビフィズス菌を腸に届けるプロバイオティクスなどの発酵生成物も入っているので、消化が良く、体にとても優しくできています。 保存料、着色料、香料はもちろん不使用で、酸化防止剤も植物由来の安全なものが使われている安全なドッグフードです。

オリジンシニアの原材料

低カロリーフィット&トリムは食べず

先日6歳になったばかりのうちのコですが、私は若いうちからオリジンシニアを与えています。
太りやすい体質の犬なので、カロリーに気をつけなければならないのですが、オリジンアダルトでは100gあたり394kcalと高カロリーのため与えられず、353kcalのダイエット用として出ているオリジンフィット&トリムは食いつきがイマイチでした。そこで目を付けたのが、オリジンシニアでした。

オリジンシニアでも十分に栄養が摂れる

オリジンシニアは、アダルトと比較するとタンパク質が控えめになりますが、それでも十分に若い犬の必要量を満たしてくれています。炭水化物を可能な限り抑えて、犬が消化しやすいよう工夫されているフードです。
においも自然な感じで、飼い主としては物足りない感じさえするのですが、犬にはおいしそうに感じるようです。

2.アカナスモールブリードで小型犬でも安心

アカナスモールブリードと犬

オリジンのクオリティに限りなく近くて、オリジンより低コストで購入できるのがアカナのドッグフードです。実はアカナもオリジンも同じチャンピオンペットフーズ社が製造しているんですよね。
以前は大きな粒しかなくて、うちのコは喉に引っかけて吐いてしまうことがあったのでやむなく断念したのですが、スモールブリードが販売されたのをきっかけにアカナを再開しました。

アダルトでも低カロリーで与えやすい

アカナスモールブリードの原材料

アカナもオリジンのように「新鮮な」という原材料名を使っており、栄養強化の食品添加物がほとんどないのもオリジンと同じです。しかしアカナのドッグフードは、アダルトタイプでも351kcalと低カロリーに抑えられているため、体重が気になる犬にも安心して与えられるフードです。

こちらもやはりにおいは少なめです。人間がおいしそうだと感じるにおいではないのですが、このにおいが犬には好ましいのか、うちのコは初めて見せた時から何の迷いもなくたくさん食べてくれました。

低コストで続けやすいのが魅力的なフード

あくまでオリジンとの比較になるのですが、アカナはリーズナブルな価格設定になっています。

オリジンとアカナの価格比較(Amazon2020.3時点)

340g入 2kg入
オリジン 1,265円 5,500円
アカナ 849円 3,575円

オリジンのような圧倒的な原材料数には至りませんが、アカナもクオリティの高い品質のドッグフードです。 私はメインやおやつにアカナを使い、朝ごはんだけオリジンにして与えるようにしています。

2時間くらいの長い散歩の時のおやつとしてもアカナを喜んで食べるので、食いつきの面からもアカナは重宝しています。 小型犬でも無理なく食べられる様子をご覧ください。

3.ヒルズ去勢・避妊用は食わず嫌いに好評

ヒルズサイエンス・ダイエットプロと犬

最後は、我が家で一番頼りにしているフードをご紹介します。
犬の好みは個体差が大きく「絶対どの犬でも食べるフードはない」とお話ししましたが、こちらのヒルズサイエンス・ダイエットプロは、好みの激しい近所の犬も食べてくれたフードです。

食いつき抜群のサイエンス・ダイエット

ヒルズサイエンス・ダイエットプロの原材料

このフードも保存料、着色料、香料不使用で、酸化防止剤も安全なものが使われています。 ただ、大麦と小麦が使われているので、グルテンに反応する犬には少し注意が必要かもしれません。

サイエンス・ダイエットは、うちのコを里子で迎えて、どのフードをあげたら良いかわからずに困っていた時に、動物病院で薦められたのが、ヒルズサイエンス・ダイエットライトでした。

その後、去勢手術を受けてペット専門店に行った時にヒルズの方にお会いして案内されたのが、こちらのヒルズサイエンス・ダイエットプロの「避妊・去勢用」のフードです。

同じブランドなので、うちのコはすぐにこのフードに慣れて、ウンチが良くなったので継続して与えています。

留守番やトッピングに役立つフード

我が家では、サンプルでもらったけれど食べてくれないフードにこちらのフードをトッピングすることで無駄なく愛犬に食べさせることに成功しています。散歩中のおやつ代わりや、小粒で小さな穴にも入る大きさなので、留守番中のおもちゃに入れることもできます。

このフードも際立ったにおいはなく、人間の嗅覚では特においしそうな感じはしないのですが、うちのコや好みの激しい他の犬にも好まれるという点で、犬には魅力的なにおいなのかもしれません。うちのコにとっては、何があっても絶対食べてくれる安心感のあるフードです。

新鮮な匂いは犬が一番良く知っている

においを嗅ぐ犬

うちの子が好む美味しいにおいは、強すぎない自然の食材から感じられるものなのではないかと思います。 今回ご紹介した3つのフードは、人間からすると特にいいにおいではなく、むしろよく嗅いでみないと分からないようなにおいです。

しかしうちのコが無臭に思えるアマニ油を好むように、犬の鋭い嗅覚には素材本来のにおいを嗅ぎ分ける力があるのかもしれません。 良質な食材で安全に作られているフードを選ぶことが、愛犬の好むドッグフードにたどり着く近道なのかもしれませんね。

  • 公開日:

    2021.05.08

  • 更新日:

    2021.05.10

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • さの さえこ
  • 犬の東洋医学生活管理士2級、ドッグライター
  • 子供の頃はアレルギーで飼えなかった犬を、大人になって初めて迎えることができました。しかし里子で迎えた初めての愛犬は、外耳炎、歯肉炎、膿皮症、膝蓋骨脱臼を持っていました。 この子をきれいな体にするにはどうしたら良いか。そんな気持ちから得た経験を、「犬の食」を通してお伝えできればと思っています。