magazine

チワワ ブログ 古民家
連載 / ブログ
鉛筆アイコン

2021.05.31

ブログ|南の島でチワワと古民家暮らし【第2部】|vol.14

ちび助ワンコと南の島で古民家暮らし|豆つぶほどの小さないぬ

私は小さい頃、本がとても好きな子供で、愛読書は佐藤さとるさんのコロボックルシリーズでした。その中でも「豆つぶほどの小さないぬ」というコロボックルと小さな犬の出てくる本は、何度も繰り返し読み、その度にいつもワクワクしていました。

#チワワ / #南の島で古民家暮らし

日岡 賢子/ライター

マメイヌを飼いたい

チワワ ブログ 古民家

3センチ程のコロボックルという小人が、死に絶えていたと思われていた「マメイヌ」という、豆粒くらいの小さな犬を探し出すというお話なのですが、小さなコロボックルと人間の交流も羨ましくて、いつかコロボックルに会いたいと願っていましたし、このイヌの描写も大好きで「マメイヌを飼うんだ!」と小さい私は心に決めていました。

えんちゃんはマメイヌ?

チワワ ブログ 古民家

それからウン十年。えんちゃんをお迎えした時、そんなことはすっかり忘れていましたが、ある時ふと、あの頃憧れていた「マメイヌ」は、えんちゃんなんだと思いました。

えんちゃんは豆粒サイズではなく、リンゴ3個分はありますし、コロボックルにとってのマメイヌは中型犬もしくは大型犬くらいのサイズ感なので、えんちゃんは全然当てはまらないのですが、あの頃どっぷりハマった愛しい気持ちがふとリンクした感覚がありました。

小さいワンコが良かったわけではないけど

チワワ ブログ 古民家

あの頃、指先ほどの大きさのワンコがいたらどんなにかわいいだろうと思っていました。

えんちゃんを迎える時、小さいワンコが良かったわけではありませんが、奇しくもマメイヌが飼いたかった子供の頃の私の願いも一緒に叶えてくれたようでした。

そんなことを知らないちびっこワンコのえんちゃんは、今日も膝上でゴロゴロしながら愛を振りまいています。

えんちゃんと幸せな日々

チワワ ブログ 古民家

えんちゃんと過ごしていると毎日幸せが止まりません。ゴロゴロ甘えてくる様子も愛らしく、最近、拍車のかかったやんちゃっこ具合に手を焼きながらも、笑顔が絶えませんが、昔の記憶も癒してくれるなんて、なかなかやるなあ、うちのちびっ子。

えんちゃんを膝上に抱っこしながら、昔読んでいた本をもう一度読み返してみたいなあと思いました。

  • 更新日:

    2021.05.31

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 日岡 賢子
  • ライター
  • 長年勤めた仕事を辞めて、生まれ育った雪国から瀬戸内海に浮かぶ穏やかな島に移住して1年。甘えん坊でやんちゃなちびっこのえんちゃん(スムースチワワ・1歳)との島での暮らしを綴っていきます。