magazine

つぶらな瞳で見つめる犬
犬の生態 / 気持ち

2021.04.25

犬が飼い主をじっと見てくる理由を解説!見つめ合うことで科学的効果も

犬がじっとこちらを見てくるなんて経験をしたことはありませんか?近寄ってくるわけでもないため「何を考えてるのかな?」と、つい疑問に思ってしまいますよね。
本記事では、犬が飼い主さんをじっと見てくる理由と、見つめ返したときに得られる科学的効果について紹介していきます。見つめ返すとそっぽを向かれる理由についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

監修:加藤 みゆき/獣医師(文:後藤 俊/ライター)

犬が飼い主をじっと見てくる理由

じっと見てくる犬

犬が飼い主さんをじっと見てくる5つの理由を紹介していきます。理由を知ることで、愛犬の気持ちがさらに理解できるようになるでしょう。

1.行動を観察している

飼い主さんが立ったりした際に、犬がピクッと反応し、じっと見てくるという経験をしたことはありませんか。これは、飼い主さんがこの後にどんな動きをするのかを観察しています。

「もしかしたら、おやつをくれるのかもしれない」という期待が混じっていることもあるでしょう。

2.愛情表現のひとつ

犬がぼーっとしたような表情でこちらをじっと見てくる場合は、リラックスした状態を表します。飼い主さんと良い信頼関係が築けており、見つめることで安心感を得ているのです。

さらに、舌が出ていたり、尻尾がダラーンと垂れている際は、飼い主さんを見つめながらリラックスしている状態だといえます。

3.警戒している

犬は警戒しているときにも、じっと見てくることがあります。飼い主さんが他の人と話しているときなどにじっと見てくるのは、その話し相手に少し警戒しているということが考えられます。

また、大きい物音を立てた際にも、本能的に危険を感じ、じっと見てくることがあるでしょう。警戒しているときは、尻尾を低い位置で振っていることもあるため、他の行動と合わせて観察してみてください。

4.指示を待っている

犬は困った場面になると、飼い主さんのことをじっと見てくることがあります。飼い主さんを見つめることで、どうしたらいいのかを教えてもらおうとしているのです。

困った場面で飼い主さんを頼ろうとするのは、普段からしっかりしつけができている証拠だと言えます。

5.おねだりしている

散歩に行きたかったり、餌を食べたいときに、おねだりとしてじっと見てくることがあります。おねだりしているときは、舌を出しながら「ハァハァ」と早い呼吸をしていることも多いです。

おねだりされていると気づいたときは、散歩や餌の時間が過ぎていないかを確認してみるといいでしょう。

犬と見つめ合うことによる科学的効果

飼い主と見つめ合う犬

犬と目を合わせることで癒やし効果があるのはご存知ですか?

麻布大学の菊水健史教授が発表した研究によると、人間と犬が見つめ合ったときには「オキシトシン」という癒し効果のあるホルモンが、お互いに分泌されるということがわかりました。

愛犬と見つめ合っているときに、幸せだと感じるのは気のせいではなかったということですね。

愛犬を見つめながら声をかけるのも効果的

ハンガリーのエドベシュローランド大学の研究では、犬は人間の声から感情を感知しているということがわかりました。

犬の脳にある聴覚野という部分が、人間の明るい声には活発に反応する一方、不機嫌そうな声には活動が鈍くなったそうです。

したがって、犬がじっとこちらを見てくるときに、明るく話しかけてあげることで、より絆を深めることができるでしょう。

反対に犬に目をそらされる理由

目をそらしている犬

犬がじっと見てくるからと、こちらからも見つめ返してみたら、プイッとそっぽを向かれたなんて経験はありませんか?「もしかして私のこと嫌いなのかな…」と、つい不安になってしまいますよね。

ここでは、犬が目をそらすのには、どんな理由があるのかについて解説していきます。

ストレスを感じている

犬は敵意を感じている場合には、じっと相手の目を見つめます。反対に、わざと目をそらすときは、敵意がないという表れでもあります。

飼い主さんが見つめ返したときにパッと目をそらすのは、「争う気はないよ」という気持ちの表れだと捉えていいでしょう。

落ち着かせようとしている

犬はストレスを感じる対象から目をそらす習性があります。ストレスの対象を視界に入れないことで、自らを落ち着かせようとしているのです。

飼い主さんの言葉遣いや態度が、犬がストレスを感じている原因だとも考えられます。心当たりがある場合は、日頃の接し方を見直してみましょう。

目を合わせて叱られた経験がある

しつけなどの際に、目を見ながら強く叱った経験はありませんか?その記憶が強く残っており、目を合わせると叱られると勘違いしているのかもしれません。

心当たりがある場合は、しつけの際は目を合わせて褒める割合を多くするといった工夫をするようにしましょう。

犬の目は口ほどにものを言う

顎に手を置いてじっと見てくる犬

犬は言葉でのコミュニケーションができない分、目や行動に全ての感情が表れます。犬がこちらをじっと見てくるときに、どんな感情が隠れているのかを状況と照らし合わせて探ってみてください。

また、見つめ返したときに目をそらされても悲観的にならず、なぜ目をそらしたのかについても原因を探ってみましょう。

愛犬の行動から感情を読み取り、より親密な関係を築いていってください。

  • 更新日:

    2021.04.25

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 加藤 みゆき
  • 獣医師
  • 日本獣医生命科学大学(旧・日本獣医畜産学部)を卒業後、獣医師として埼玉県内の動物病院にて犬・猫・小鳥の小動物臨床とホリスティック医療を経験。その後、小動物臨床専門誌の編集者を勤めた後、現在は都内の動物病院にて臨床に従事。 日々発展する小動物臨床の知識を常にアップデートし、犬に関する情報を通じて皆様と愛犬との暮らしがより豊かなものとなるように勉強を重ねて参ります。