magazine

健康管理 / 病気

2021.04.29

犬はなぜ食フンするの?やめさせるコツと注意点【獣医師監修】

犬が自分のうんちを食べてしまう「食フン」。愛犬が食フンする現場を目撃して、ショックを受けた経験のある飼い主さんは少なくないのではないでしょうか。
ここでは、犬が食フンする理由や食フンのやめさせ方、やめさせるときの注意点などについてご紹介します。

監修:加藤 みゆき/獣医師(文:江野 友紀/認定動物看護士)

犬が食フンするのはなぜ?

犬 食フン

犬が食フンする理由はその子によって様々です。考えられる理由についてご紹介します。

飼い主さんの気を引くため

犬が食フンしようとしたとき、多くの飼い主さんは驚いて「あっ!」と大きな声を出したり、慌てて犬からうんちを取り上げようとするのではないでしょうか。
飼い主さんの気を引きたい、構ってほしいと思っている犬にとって、これらの反応は注目してもらえたという「ごほうび」になってしまいます。すると犬は「食フンすれば飼い主さんの気を引ける」と学習してしまい、食フンを繰り返すようになってしまいます。

証拠を消すため

食フンしたときにひどく叱られたり、罰を与えられた犬は「叱られる前に食べてしまおう」と、急いで食べてしまうことがあります。また、叱られたときに食フンの行為ではなく、うんちをすること自体が悪いことと勘違いしてしまい、証拠隠滅のためにきれいに食べてしまうこともあります。

空腹感を満たすため

食事の量が足りないときや、食事と食事の間隔が空きすぎて空腹になっているとき、栄養不足になっているときなどは、空腹感を満たすためにうんちを食べてしまうことがあります。
食事の問題だけでなく、お腹に回虫や鉤虫などの寄生虫がいる場合、必要な栄養素が十分に吸収できず、栄養不足を補うために食フンすることもあります。

その他

子犬をもつ母犬は、天敵に居場所を知られないようにするため本能的に子犬のうんちを食べて隠すと言われています。また、母犬がうんちを食べて処理する様子を見て、子犬も真似して食フンすることがあります。
その他、長時間のお留守番や運動不足などでストレスがたまっているときに、食フンや無駄吠え、物を壊すなどの問題行動を起こすこともあります。

犬の食フンをやめさせるコツと注意点

犬 食フン

犬の食フンをやめさせるためのポイントをご紹介します。

速やかにうんちを片付けるのがベスト

食フンをやめさせるために最も大切なことは、犬がうんちを食べられない状況を作ることです。うんちを速やかに片付けるコツをご紹介します。

排便のタイミングを把握する

毎日の食事の時間が決まっていれば、排泄の時間も大体同じ時間に決まってきます。排泄の時間が近くなったら愛犬の様子をよく観察し、排便したタイミングですぐに片付けましょう。
留守番中に排泄して食べてしまう場合には、飼い主さんがいる時間に排便するよう食事の時間を調整したり、外で排泄できるのであればお散歩の時間を調整してみましょう。

コマンドを出す

犬が食フンしそうになったら「おすわり」や「まて」のコマンドを出し、指示に従っているうちに速やかにうんちを片付けましょう。

おやつやおもちゃで気をそらす

うんちをしたら、口にしてしまう前にお気に入りのおやつや音の出るおもちゃなどで気を引くのも良いでしょう。犬が夢中になっている間に、さっと片付けてしまいましょう。

叱るのは逆効果

前述したように、食フンした犬に声をかけると「飼い主さんの興味を引けた」というごほうびになってしまうことがあります。また、強く叱られることでうんちを隠す(食べる)ようになったり、排便自体がいけないことと勘違いして隠れてするようになることもあります。叱らず、無言で速やかに片付ましょう。

食事の内容を見直す

空腹が原因として考えられる場合には、食事の量や内容、与える回数を見直してみましょう。
ドッグフードのパッケージに記載された給与量はあくまで目安であり、与える子の運動量や生活環境などによって差があります。少ないようであれば、少し量を増やしてみましょう。
ライフステージに合ったフードを選ぶことも大切です。成長が著しい子犬期は多くのエネルギーを必要とするため、栄養価の高い子犬用フードを与えましょう。

食フン防止剤の使用は慎重に

犬の食フン防止剤には、ドッグフードなどに混ぜて食べさせるタイプのものや、排泄物に直接かけるスプレータイプのものなどがあります。犬が嫌がる苦味や辛味をつけるもので、犬はうんちを食べた時にいつもと違う味を感じるために食フンをやめます。
食フン防止剤は便利なグッズではありますが、中には香辛料が含まれるものもあり、胃腸が刺激されて下痢や嘔吐などの消化器症状が現れることがあるので注意が必要です。

動物病院を受診

お腹の寄生虫が原因で栄養不良になっている場合、寄生虫を駆除する必要があります。特に子犬は寄生虫がいることが多いので、動物病院で定期的に検便してもらいましょう。

犬の食フンをやめさせるために

犬 食フン

犬の食フンはショッキングではありますが、頭ごなしに叱りつけたり、騒ぐと逆効果になってしまいます。食フンする理由はその子によって様々なので、原因に合った方法での対処が必要です。
食フンは多くの場合、成長と共に見られなくなっていくことが知られています。愛犬と良好な関係を築くためにも、飼い主さんがあまり神経質にならずに、気長に対処していくことも大切です。

  • 更新日:

    2021.04.29

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 加藤 みゆき
  • 獣医師
  • 日本獣医生命科学大学(旧・日本獣医畜産学部)を卒業後、獣医師として埼玉県内の動物病院にて犬・猫・小鳥の小動物臨床とホリスティック医療を経験。その後、小動物臨床専門誌の編集者を勤めた後、現在は都内の動物病院にて臨床に従事。 日々発展する小動物臨床の知識を常にアップデートし、犬に関する情報を通じて皆様と愛犬との暮らしがより豊かなものとなるように勉強を重ねて参ります。