magazine

チワワ ブログ 古民家
連載 / ブログ

2021.04.29

ブログ|南の島でチワワと古民家暮らし【第2部】|vol.8

ちび助ワンコと南の島で古民家暮らし|ちび助ワンコの危険性

えんちゃんは、一歳半になる今、体重1.7キロ。片手で抱っこも楽楽で初めて会う人からは「まだ赤ちゃん?」と聞かれるサイズ。「電池で動いているみたいやな」とか、「ぬいぐるみみたい」と言われるその可愛らしいフォルムは、小ささ故に家の中でも外でも普通の小型犬よりは少しばかり注意が必要です。

#チワワ / #南の島で古民家暮らし

日岡 賢子/ライター

おちびちゃんだったのね

チワワ ブログ 古民家

犬の飼育経験が無かったため、えんちゃんを引き取る際にブリーダーさんがおっしゃった「1.5キロ以上に成長してくれたらいいのですが」という言葉も、それがどれくらい小さいことなのか理解できていませんでした。 最初に出会った時もまだ赤ちゃんだから小さいのだろう。というくらいの認識。

どの犬種が欲しいとか、どんな子がいいとか、全く考える間もないままえんちゃんに一目惚れしたため、ワンコに関する事前の知識がゼロだったのです。

じゃれあいたいだけなのに

チワワ ブログ 古民家

えんちゃんは、お友達ワンコに出会うと、「嬉しい〜!」が炸裂し、ぴょんぴょん飛び跳ねたりまとわりついたり、二匹、三匹でグルグルじゃれあうため、他のワンコのリードがえんちゃんの足に絡まることも。えんちゃんの手足は手羽先レベルなので、足に絡まったリードがギュッと引っ張られ無いように目が離せません。

並んでお散歩していても、ふとした瞬間、他の飼い主さんに蹴られそうになったり、足を踏まれそうになってハラハラすることも何度か。

かくれんぼしないで〜

チワワ ブログ 古民家

膝掛けや毛布に潜るのが好きで、特に冬はモコモコの中に姿を消します。ダンナさんと「この中にいるからね」と声を掛け合いますが、ふとした時に失念して、膝掛けを片付けようと一気に引っ張っちゃったり、毛布の上に寝転びそうになっちゃったり。何度かヒヤリとすることが。

えんちゃんが見当たらないので、膝掛けの中にでも潜っているのだろうと思い込んで、布団を片付けていると、持ち上げた布団の下からえんちゃんがひょっこりってこともありました。

ちびっこには気をつけて

チワワ ブログ 古民家

ワンコと一緒に生活しようと決めた時、超小型犬かどうかは関係なくて、えんちゃんを家族に迎えたかっただけなので、サイズ感については全く気に留めていませんでした。

一緒に生活を始めると、ちびっこならではの可愛さもひとしおですが、小さいが故にハラハラドキドキすることもたくさん。気づかないうちに、気配ゼロのまま足元にいたりするので、常に居場所を確認しながら過ごしています。

  • 更新日:

    2021.04.29

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 日岡 賢子
  • ライター
  • 長年勤めた仕事を辞めて、生まれ育った雪国から瀬戸内海に浮かぶ穏やかな島に移住して1年。甘えん坊でやんちゃなちびっこのえんちゃん(スムースチワワ・1歳)との島での暮らしを綴っていきます。