magazine

チワワ ブログ 古民家
連載 / ブログ

2021.04.01

ブログ|南の島でチワワと古民家暮らし【第2部】|vol.4

ちび助ワンコと南の島で古民家暮らし|島オリーブ×えんちゃんの関係【その一】

えんちゃんのお散歩コースは、オリーブ畑の横を通り抜けて海に出ます。オリーブの島だけあって、よく行く公園もオリーブの木が植えられていますし、街路樹もオリーブ。おまけにダンナさんはオリーブ畑で働いています。そのため、えんちゃんのお散歩はいつもオリーブとともにあります。

#チワワ / #南の島で古民家暮らし

日岡 賢子/ライター

熟してもなお渋いオリーブ

チワワ ブログ 古民家

島中、あちこちに植わっているオリーブは9月下旬頃から収穫が始まりますが、収穫し忘れて、残った果実が黒く熟したまま木の上に残っていることがあります。それらは、12月頃には熟して落下するのですが、冬の間、公園も道路もこの熟したオリーブの実があちこちに落ちています。

このオリーブ、たとえ熟したとて結構な渋みが残っているのです。

美味しく無いはずなのに

チワワ ブログ 古民家

なのに、えんちゃんは、お散歩中このオリーブを逐一口の中へ・・・。そして、ぺっと吐き出します。最初の頃は、慌てて口からひっぱり出していましたが、時々、口の中に含んでアムアムするものの飲み込むことはありません。美味しくないことは既に何度も学習済みなはずなのに、オリーブを見つけては繰り返しクンクン。繰り返し口の中。そして繰り返しペッ!

葉っぱ大好き

チワワ ブログ 古民家

オリーブやみかんなどの柑橘類の葉っぱは、稀にハート型に変形しているものがあります。農園で働いているダンナさんは、ハート型の葉っぱを見つけると、お土産に持って帰ってきてくれるのですが、えんちゃんはこの葉っぱがいつも気になって仕方がない。えんちゃんにとって、ハート型であるかどうかは関係ないのだろうけど、目敏く見つけては、パッと口に咥えて走り出します。ここから毎回私との追いかけっこの始まりです。

オリーブの島とともに

チワワ ブログ 古民家

そもそも、私のオリーブ好きが講じてこの島に住むご縁をいただきました。そんなだからえんちゃんの名前も「ご縁」と私の好物、オリーブの「塩蔵」にかけて「えんちゃん」。

オリーブは、これから可憐な白い花を咲かせます。その後、小さな青い実を付け、その実はどんどん大きく成長し、やがて黒く熟します。その後、少しの休息を経て、また新たな春が始まります。そんな美しい島の四季と共に、これからもえんちゃんと過ごして行きます。

  • 更新日:

    2021.04.01

この記事をシェアする
ライター・専門家プロフィール
  • 日岡 賢子
  • ライター
  • 長年勤めた仕事を辞めて、生まれ育った雪国から瀬戸内海に浮かぶ穏やかな島に移住して1年。甘えん坊でやんちゃなちびっこのえんちゃん(スムースチワワ・1歳)との島での暮らしを綴っていきます。