magazine

ミックス犬 ブログ 海外暮らし
連載 / ブログ
鉛筆アイコン

2021.04.28

ブログ|チワズーまこのベルリン暮らし成長日記|vol.15

ドイツのドッグフード・おやつ事情!ベルリン在住の飼い主がご紹介

実は自分で犬を飼うまで、ドッグフードはそんなに種類があると知りませんでした。まこはシーズーとチワワのミックス。ドッグフードを選ぶときに、シーズー用またはチワワ用、どちらを選んでいいのか、実はとても迷ってしまいます(笑)
これまでドイツ生活で見つけていくつか試してみた中で、まこのお気に入りのおやつ、私が与えているドッグフードについてお話したいと思います。

#チワズーまこのベルリン暮らし

T.Erika/アーティスト

大型のペット用品店に行ってみた

ベルリンのペット用品店 FRESSNAPF XXL

日本のように、犬や猫の生態販売がないドイツのペット用品店やホームセンター。鳥や金魚、ウサギ等の小動物の販売は時々みかけます。私の家の近所には大きなホームセンターがありますが、やはり商品説明をくわしく受けたい時は、ペット用品店にでかけます。

こちらは、Friedrichshain(フリードリスハイン)というエリアにある「FRESSNAPF XXL」という大型チェーン店。店内も広く、ドッグフードの品揃えも抜群で、店員の多くが英語を話せるため、ドイツ語が話せなくてもお買い物しやすい。

リードをつけての犬同伴入店がもちろん可能。店内での犬同士の出会いもうまれます。また、このお店のすぐ横に大きな広場があり、いつも多くの犬連れの人々で賑わう活発なエリアです。

ペット用品店で購入したおやつ

犬用の小魚とうさぎの耳のおやつ

小魚を食べるのは猫だと思っていたのですが、犬用の小魚が販売されているのを発見し購入してみました。調べてみると、青魚に含まれるオメガは犬の毛や脳や臓器にとても良い影響があるようです。たくさん入っているし、サイズも一口サイズで使いやすいです。まこもとてもお気に入り!

もうひとつは、ウサギの耳にチキンを詰め合わせた、ソフトな噛み心地のおやつ。まこにあげると大興奮!ですが、まだ身体の小さなまこが大興奮しすぎてちゃんと噛まずに食べてしまうので、消化にあまりよくないかも?半分くらいに切ってわけてあげるようにしています。

目がガチのまこさん

犬用のうさぎの耳のおやつ

小魚のおやつあげるときは「わーい!」と普通に喜ぶくらいなのですが、ウサギの耳のおやつの時は目がガチになるまこさん。匂いで犬の本能が目覚めるのか?!お座りしている姿もいつもよりビシッときまっているように感じます。

私が選んだ子犬用のドッグフード

子犬用のドッグフードとチワズー

まこを飼い始めてからしばらくは、ブリーダーさんから譲っていただいたドッグフードと同じものを注文していたのですが、それがパウチ小梱包のウェットフードだったので、そろそろドライフードに変えたいと思っていたときにAmazonで見つけたこの商品。

そうなんです、まこソックリ!もちろん、チワズーではありません。。。ヨークシャテリアがパッケージデザインです。(ヨークシャテリア専用ではありません。)並ぶとそっくりです。

ウェットフードからドライフードへ移行

子犬用ドライフードをぬるま湯でふやかす

ウェットフードに混ぜながらドライフードへの移行も問題なくできました。ドライフードを餌やりの10分前にぬるま湯につけてからあげるようにしています。ガツガツと食べますが、ふやかしているので胃腸への負担が軽いようで、うんちも好調。また、このドッグフードだとうんちが匂いすぎません。

まこはよく食べる!

ペット用品店でみつけた計量カップ

ペット用品店でみつけた小魚、まこはすごく大好きで、これを食べ始めてから、毛艶が良くなり、身体が丈夫になってきたように感じます。頭にもいい小魚。小魚をポリポリ食べた日はいつもよりリラックスしています。

しかし、私のお友達の犬は小魚好きでないらしく、まったく食べないそうです。まこは何でも好き嫌いせず食べてくれるのですが、犬にもそれぞれ好みがあるんだなあと感じました。食べられるものなんでも食べて、スクスク元気に育ってくれるのが一番です。

ドッグフードは初めの頃は、毎回測りで計量していたのですが、いまはペット用品店で無料で配られていた軽量カップに線を使っています。便利で気に入っています。いまのドッグフードが生後10ヶ月までは使えるのでしばらくこのまま様子をみてみようとおもいます。

  • 公開日:

    2021.04.21

  • 更新日:

    2021.04.28

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • T.Erika
  • アーティスト
  • チワズーの男の子「まこ」と一緒にドイツのベルリンで日々ゆったりと暮らしています。人生の節目を乗り越えている31歳のアーティスト。料理と旅が大好きです。