magazine

柴犬茶々が抜け毛を見つめる
連載 / ブログ
鉛筆アイコン

2021.04.09

ブログ|柴犬茶々のオテンバ日記【第3部】|vol.5

柴犬茶々のオテンバ日記|恐怖?風物詩?抜け毛の季節がやってきた!

被毛がダブルコートの犬種は1年に2度の換毛期を迎えます。もちろん柴犬はじめ日本犬は皆そうですね。
特に柴犬と暮らしている飼い主さんたちにとって、抜け毛の時期は恐怖を覚える方も多いのではないでしょうか?
我が家の茶々も、ついにその時を迎えてしまいました。今年も抜け毛対策が大変そうです。

#柴犬 / #柴犬茶々

明石 則実/動物ライター

茶々の被毛は長毛密集系!?

柴犬茶々の被毛

同じ柴犬でも被毛のカラーがそれぞれ違うように、生えているパターンもそれぞれだと感じます。「短くて密集系」「長いけど密集度が低い系」などなど。
どうやら我が家の茶々は「長毛密集系」のようなのです。

蓑毛が長くてクセが強い

茶々を子犬の頃にお迎えした時、柴犬といえば毛が短く、抜けにくいというイメージがありました。しかしそんな楽観的観測は見事に裏切られることに!
確かに頭・お腹周りなどの被毛は短いのですが、成長するにつれ背中の蓑毛が長いことに気付いたのです。ホントに蓑笠を被っているかのように見えるから不思議ですね。

また成犬になるにつれクセっ毛まで現れるようになりました。最初は寝ぐせ?と思いつつ、シャンプーをして乾かしても蓑毛がカールしているのです。

被毛の密集度は体調に関係する?

今でこそ長毛密集系の茶々ですが、免疫系の病気を患っている頃は毛がたくさん抜け、今と比べてかなりスリムに見えていました。また所々に地肌が見えてしまっている部分があり、痛々しい姿だったのを記憶しています。
現在は病気も寛解して、すっかり柴犬らしいフォルムになっていますが、やはり被毛の健康度も体調と比例しているのでしょうね。

柴犬にとって換毛期は「衣替え」の時期

柴犬茶々の足元と抜け毛

さて、今年に入って2月末あたりでしょうか。今年は結局暖冬だったため、思ったより早く抜け毛の季節がやって来たようです。今年も抜け毛との戦いが始まりますね。

すっきりトリミングした後も抜ける!抜ける!

我が家では2日に1度ほどファーミネーターを使ってブラッシングしてますし、定期的にシャンプーも怠っていません。しかし茶々がブルブルっと、いわゆる柴ドリルをするや否や毛が「ふぁっさー!」と舞い上がるのです。
時にはブロック状に抜けた毛の塊がボトッと床に落ちるほどですから、あまりの豪快な抜け方にびっくりするほどです。

つい先頃、トリミングサロンへ行った時もそうでした。トリマーさんが「たくさん抜けましたよー」とおっしゃってたのですが、抱っこしてみると服に毛がビッシリと…入念にブラッシングしてもらったはずなのに!?

柴犬が特に抜けやすい理由とは?

被毛がダブルコートであるうえに、やはり日本の気候が影響している気がします。柴犬はもともと四季折々の山野を駆け回っていた犬種ですので、気温や湿度に敏感なのでしょう。
日本の四季は夏は蒸し暑く、冬が寒いのが特徴ですから、柴犬はまるで衣替えをするかのように毛が生え変わるのです。野生のキツネだってそうですよね。冬はモコモコ、夏はスッキリですから。

我が家の抜け毛時期×室内対策

柴犬茶々がお腹を見せてじゃれている

我が家では取り立てて特別な対策はしていません。コロコロの粘着シートを置いたり、パワーの強い掃除機を購入したりといったところ。とはいえ毎日の掃除は欠かせず、抜けた毛が床に落ちているのを見ると、マメに除去している感じです。
一緒に住んでいる人間としては犬の抜け毛が落ちているのが当たり前の暮らしなので、あまり気にしていませんが、抜け毛がソファ等にくっついて気になる方は、やはり抜ける前の予防措置が何より大切な気がします。こまめなブラッシングでアンダーコートを一網打尽にすることが最大の解決法ですね。

柴犬の抜け毛は季節の風物詩

柴犬茶々の密集した被毛

子犬の頃は、抜け毛のあまりの多さに驚いたこともありましたが、今や換毛期は年に2回ある程度の「季節の風物詩」くらいに思えてきました。抜け毛の多さこそ柴犬の特徴であって、日本の四季を象徴するものだと考えれば面白いものです。抜け毛を貯め込んでおいて、いずれその毛を使って茶々そっくりのぬいぐるみを作ることが楽しみだったりします。

  • 更新日:

    2021.04.09

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 明石 則実
  • 動物ライター
  • フリーライターとして動物関連や歴史系記事の執筆を多数おこなう。柴犬と暮らす傍ら、趣味の旅行や城めぐりで愛犬と駆け回る週末。 愛犬家の皆さんにとって、お悩みを解決したり、有益な情報を発信することを心掛けています。