magazine

住まい / 生活

2021.03.04

犬の散歩、雨で行かれないときどうする?天気が悪い日の愛犬との過ごし方

愛犬の運動不足やストレス解消のために、散歩を毎日してあげる必要がありますが、雨の日でも連れていかなければならないのでしょうか。「気分転換をしてあげたいから雨が降っていても散歩をする」「雨に濡れたらかわいそうだから散歩は控える」など、飼い主さんにとっていろんな考え方があるかと思います。
そこでこの記事では、雨の日の散歩事情についてご紹介します。

文:新井 絵美子/動物ライター

犬は雨の日も散歩が必須なの?

雨が降るなか外を見つめる柴犬

運動不足やストレス解消のために犬の散歩は毎日欠かせませんが、雨の日においては無理にする必要はありません。ただし、その犬の状況によっては、散歩に連れて行く必要があります。

そこでまずは、散歩をする必要がある場合と、散歩に行かなくてもいい場合についてみていきましょう。

散歩をする必要がある場合

雨がザーザー降っている日は、散歩に連れて行くのをためらってしまいますが、以下の場合は散歩に連れて行く必要があります。

外でしか排泄しない

室内でのトイレトレーニングをしてなく、散歩中にしかおしっこやうんちをしない場合は、雨の日でも散歩が必要です。排泄を我慢させると病気やストレスの原因になるので、外に出るのが億劫なほどどしゃ降りであっても、散歩に連れて行かなければなりません。

ストレスにより無駄吠えやいたずらをする場合

多くの運動量が必要な大型犬や運動欲求が高い犬種などは、散歩に行かれないとストレスが溜まり、無駄吠えや部屋を荒らすなどの行動を取ってしまうことがあります。そのため、短時間であっても散歩をしてあげたほうがよいでしょう。

散歩に行かなくてもいい場合

室内で排泄ができれば以下のような犬においては、無理に散歩に連れていく必要はありません。

運動量が少ない小型犬

必要が運動量が少ない小型犬は、室内で十分に遊ばせてあげれば運動不足にならずに済むので、雨の日は散歩を控えても問題ないと言えます。

体が冷えやすいシニア犬

シニア犬は、加齢に伴い筋力が徐々に低下してくるため、若い頃よりも体が冷えやすくなります。体が濡れてしまうと、余計に体が冷えて風邪を引いてしまうことが懸念されるので、雨の日は無理に散歩をさせる必要はありません。

雨の日の犬の散歩で注意したい3つのこと

雨の日にレインコートを着ているチワワ犬

ここでは、雨の日における散歩の注意点について解説します。

レインコートを着させて濡れないようにする

愛犬にレインコートを着せるなどして、なるべく体が濡れないようにしましょう。体が濡れて冷えてしまうと、免疫力が低下して体調不良になることがあります。

また、体が濡れることだけでなく、泥はねによって被毛が汚れるのを防ぐことができます。犬用のレインコートは、ポンチョタイプから足まですっぽりと覆えるオーバーオールタイプまであるので、雨の降り具合に応じて使い分けるのもよいでしょう。

両手が塞がらないようにする

雨が降っていても傘をささず、飼い主さんもレインコートを着て愛犬の散歩をするようにしましょう。

というのも、リードのコントロールが必要な場面に出くわしたとき、傘を持っていると片手でしかリードを扱えないので、特に力が強い中型犬や大型犬の場合は、犬に引っ張られてしまう可能性があり危ないからです。

また、小型犬の場合は、大きな水たまりがあった際に抱きかかえて通らなければならないこともあるかと思いますが、そのような状況であっても、レインコートを着ていれば服が濡れるのを気にしなくて済みます。

体を念入りに乾かしてあげる

愛犬の体が濡れてしまったら、そのままにしていると体が冷えてしまうほか、菌が繁殖しやすくなります。散歩から帰ってきたら愛犬の体を念入りに乾かしてあげましょう。水分の瞬間吸収力に優れたペット用タオルで体をしっかりと拭いてあげてからドライヤーかけると、被毛が早く乾きやすくなります。

雨の日におすすめしたい愛犬との室内での過ごし方3選

犬 雨

散歩に行かれないときは、室内でエネルギーを発散させてあげることが大切です。

ボール遊びでエネルギー発散

飼い主さんが投げたボールを愛犬が取ってくるボール遊びは、それなりの運動量があるので、雨で散歩に行かれなくてもストレス解消になるでしょう。投げる方向や距離を変えながら遊べば飽きずに楽しんでくれるはずです。

頭と身体を使って遊ぶ宝探しゲームもおすすめ

飼い主さんが宝(愛犬が好きなおやつなど)を部屋のどこかに隠し、それを愛犬が嗅覚をフル活用して探す宝探しゲームもおすすめです。宝探しゲームは頭脳と身体の両方を使って遊ぶため、程よく疲れてストレス解消になります。

また、宝を隠す場所を変えることで難易度を調整でき、刺激的に遊べるのもメリットです。

屋内ドッグランも活用しよう

屋内ドッグランで遊ばせてあげるのもよいでしょう。思いっきり走らせてあげれば気分転換になるほか、運動不足も防げます。なかにはドッグカフェを併設しているところもあるので、愛犬とのんびりしながら楽しい時間を過ごせるでしょう。

雨の日でも愛犬が楽しく過ごせる工夫を!

犬 雨

雨の日の散歩は、飼い主さんにとって少し億劫に感じてしまうかもしれませんが、散歩時にしか排泄をしないコや、ストレスから無駄吠えなどをしてしまう場合は、短時間でも散歩に連れていく必要があります。

雨で散歩をしない場合は、いつもより長く遊んだり、屋内ドッグランに連れて行ったりして、愛犬が楽しく過ごせるように工夫をしてあげましょう。

  • 更新日:

    2021.03.04

この記事をシェアする
ライター・専門家プロフィール
  • 新井 絵美子
  • 動物ライター
  • 2017年よりフリーランスライターとして、犬や動物関連の記事を中心に執筆活動をおこなう。 過去に、マルチーズと一緒に暮らしていた経験をもとに、犬との生活の魅力や育て方のコツなどを、わかりやすくお伝えします。