magazine

飼い主の元に走っていく犬
犬の生態 / 気持ち
鉛筆アイコン

2021.03.24

犬は苦しんでいる飼い主を助ける?研究結果で判明したこと

犬は飼い主と信頼関係を築き、絆を深められる動物です。そんな人間の良きパートナーとなってくれる犬は、特別な訓練を受けていなくても、窮地に陥っている飼い主に気づいたら助けようとすることが最新の研究により分かっています。この記事ではその研究結果や、飼い主を助けた犬のエピソードなどをご紹介します。

新井 絵美子/動物ライター

犬は苦しむ飼い主を助けようとする研究結果有り

吠える犬

盲導犬や介助犬などの特別な訓練を受けた犬は、万が一飼い主の身に何かが起こったときに助けようとします。しかし、訓練を受けたことがない犬でも、飼い主が窮地に陥っているときに助けようとすることが研究で明らかになりました。ここでは、その研究結果についてご紹介します。

訓練を受けたことがない犬での実験内容

アリゾナ州立大学の研究チームは、犬は飼い主の苦しんでいる声を聞いたら助けるのかという検証をしました。研究対象は特別な訓練を受けた経験がない犬60頭とその飼い主です。

実験内容ですが、まず飼い主に大きな箱の中に入ってもらいます。そして、以下の3パターンにおいて、飼い主が閉じ込められている箱を犬は開けるのかを観察しました。

実験内容

  1. 迫真の演技で飼い主が「助けて!」と叫ぶ
  2. 飼い主がご褒美のフードを持って箱に入っている
  3. 飼い主が本を朗読している

なお、愛犬の名前を呼んでしまうと、飼い主に呼ばれたから箱を開けてしまうことが考えられるため、どのパターンも愛犬の名前は呼ばずに検証しました。

実験結果

実験したところ、箱を開けることができた犬の頭数は以下のような結果となりました。

実験結果

  1. 迫真の演技で飼い主が「助けて!」と叫ぶ→60頭のうち20頭
  2. 飼い主がご褒美のフードを持って箱に入っている→60頭のうち19頭
  3. 飼い主が本を朗読している→60頭のうち16頭

2のパターンで成功した19頭のうち16頭は「助けて!」と叫んだときも箱を開けることに成功しています。このことから1/3の犬は、切羽詰まった飼い主の声を聞いて飼い主を助けようとしたということです。

ただし、飼い主を助けたいと思っても箱の開け方がわからない犬もいた可能性も考えられ、飼い主を助けようとした犬の割合は、正確に評価できないという指摘もあります。

飼い主を助けようとする実験結果からの考察

犬のストレス反応を調べたところ、飼い主が助けを求めているときは大きなストレスを感じており、箱のそばをウロウロ歩き回ったり吠えたりといったストレスによる行動が見られました。そして、実験を繰り返しても犬のストレス度は減少しませんでした。

一方、3のパターンの場合はあまりストレスを感じておらず、実験を繰り返すとストレスが減少していることが分かっています。そのため3のパターンにおいては、飼い主のそばにいたいという動機から、箱を開けたのではないかと推測されています。

この犬のストレス反応の結果から、助けを求める飼い主の声のトーンにより犬は飼い主に危機が迫っていると感じ取り、助けようとして行動したことが示されました。

犬が飼い主を助けたエピソード

頭をなでられて嬉しそうな犬

飼い主を助けるために行動する犬に関してメディアで取り上げられることもあり、その様子を見ると犬と人との絆を感じさせられます。ここでは、実際に日本であった犬が飼い主を助けたエピソードをご紹介します。

倒れた飼い主の元まで警察官を誘導

2016年4月、千葉県稲毛市宮野木地先で首輪とリードをつけたまま犬が徘徊しており、発見者の通報により犬は警察に保護されました。そしてリードを警察が掴むと、どこかに案内するかのように歩き始め、そのまま犬についていくと民家の前で立ち止まり、そこには骨折をした飼い主がうめき声をあげて倒れていたとのこと。犬は飼い主の異変に気づき、助けを求めて行動したという訳です。

犬は飼い主しか助けない?

笑顔の秋田犬

犬が助けるのは、飼い主だけとは限りません。ここでは、窮地に陥っている全く面識のない人を助けた犬のエピソードをご紹介します。

うずくまっている女性を助けたエピソード

2019年、秋田県仙北市で飼い主と散歩をしていた秋田犬が急に走り出し、その先には歩道にうずくまっている高齢女性がいました。女性は自分の名前や住所を話せない状態だったとのこと。女性を発見し秋田犬の飼い主は警察署に通報してその後、女性は病院に搬送され大事には至らなかったそうです。女性を発見した秋田犬は、安全確保に貢献したとして秋田県警仙北署から感謝状を贈られました。

飼い主を助けようとする犬は頼もしいパートナー!

人間と犬が手を取り合っている

飼い主に危機が迫っていることが分かると、一部の犬は必死に助けようとすることが研究により判明しました。また、飼い主だけでなく窮地に陥っている人に気づくと助けようとすることも、実際にあったエピソードから分かります。このように助ける行動を取るのは、人の声のトーンを聞き分け、行動をよく観察しているいるからと言えます。飼い主を助けようとする犬は、まさに頼もしい存在ですよね。

  • 更新日:

    2021.03.24

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 新井 絵美子
  • 動物ライター
  • 2017年よりフリーランスライターとして、犬や動物関連の記事を中心に執筆活動をおこなう。 過去に、マルチーズと一緒に暮らしていた経験をもとに、犬との生活の魅力や育て方のコツなどを、わかりやすくお伝えします。