magazine

飼い主さんの足の間に入る犬
犬の生態 / 気持ち

2021.03.13

犬が飼い主さんの足の間に入る3つの心理とは?気持ちを汲み取ろう!

愛犬と暮らしていると、わざわざ左右の足の間に入ってきて、愛犬がそのまま寝てしまうなんてこともありますよね。その姿は信頼の証?なんて思ったりして、飼い主としてはとても嬉しいものです。では、なぜわざわざ足のあいだに入ってくるのでしょうか?今回は「犬が飼い主さんの足の間に入ってくる心理」についてご紹介します。

監修:葛野 莉奈/獣医師、かどのペットクリニック 院長(文:新井 絵美子)

「犬が飼い主さんの足の間に入る」3つの心理とは?

飼い主さんの足にすり寄るコーギー犬

自分の寝床があるにもかかわらず、あえて飼い主さんの足のあいだに愛犬が入ってくることがあるかと思います。そのような行動には、以下のような気持ちが込められていると考えられています。

1.リラックスできる

わざわざ狭い足のあいだに入ってくるのは、リラックスできる場所だからだと考えられています。もともと野性時代に巣穴で生活していた犬は、狭い場所にいると落ち着く習性があります。

そのため、飼い主さんが寝ているときや、あぐらをかいているときなど、程よく体がフィットする足あいだのスペースにいるとリラックスできるのです。

2.くっついて温まりたい

寒い季節などには、飼い主さんにくっついて温まりたいとして、足のあいだに入ったりします。飼い主さんにくっついているとじんわりと体が温まり、かつ飼い主さんに守られている状態でくつろげるので、犬はとても安心します。そのため、寒いと「足のあいだに入れて」と言わんばかりに、飼い主さんの足のあいだにやってくることも少なくありません。

3.飼い主さんの匂いがして安心する

飼い主さんの匂いにより安心感が得られるとして、足のあいだに入る可能性も考えられます。というのも、犬は飼い主さんの匂いが好きだからです。

犬が飼い主さんの匂いを嗅いだとき、快感をつかさどる脳の部分が活性化されることが研究によりわかっています。この犬の反応は、私たち人間が好きな人の香水などの匂いを嗅いだときの反応と同じような感じ方ではないかと考えられています。

飼い主さんの匂いがする足のあいだにいると、安心感や幸せな気持ちで満たされるということなのでしょう。

散歩中に足の間に入ってくるときは?

散歩中に飼い主さんの足のあいだに入る犬

自宅等でくつろいでいるときはリラックス・安心などの心理があることが分かりました。では、散歩中に愛犬が足のあいだに入るときは、どうでしょうか?実は散歩中に足の間に入ってくるなぁという場合は、愛犬の様子を観察して対処してあげる必要があります。どのような心理になっているのかを見ていきましょう。

不安や緊張の気持ちの表れ

散歩中に愛犬が足のあいだに入ってくるのは、不安を感じている、緊張しているという気持ちからだとされています。

散歩に慣れていない犬の場合は、得体のしれない車やバイクの音などに対して不安を感じているかもしれません。また、反対方向から歩いてくる他の犬の姿が見えたときに足のあいだに入る場合は、その犬を怖がって緊張状態にあると考えられます。

愛犬が何に対して不安になっているのかを探り、その原因から遠ざけてあげるようにしましょう。

愛犬が足の間に入る行動はやめさせるべき?

犬 足のあいだに入る

愛犬が足の間に入る行動・仕草を見せたときは、どのようにふるまってあげるべきでしょうか?

基本的には無理にやめさせる必要はない

飼い主さんのそばでリラックスしたい、安心感を得たいなどの気持ちから愛犬が足の間に入るのは、飼い主さんが大好きだからこそ見せる行動で、無理にやめさせる必要はありません。

優しく見守りそのままくつろがせてあげることは、愛犬とのコミュニケーションにもなる大切な時間です。愛犬の気持ちを受け止めてあげてくださいね。

分離不安症の場合はひとりで過ごすことに慣れさせる

足の間に入りくっついて離れない、足からどかそうとするとやたらと吠えるなど、常に飼い主さんのそばにいたがる場合は、分離不安症が疑われます。

分離不安症は、飼い主さんと離れることへの不安感が原因で、常に愛犬を構っていると飼い主さんにどんどん依存してしまいます。そのため、足の間に入ってきても、その状態で過ごす時間を少しずつ短くしていき、ひとりで過ごすことに慣れさせる必要があります。

足の間に入る愛犬の気持ちを理解してあげよう!

犬 足のあいだに入る

犬が足のあいだに入るのは、狭いスペースでリラックスできるから、飼い主さんの匂いがして安心するから、くっついて温まりたいからなどの理由からですが、いずれにしても飼い主さんへの親愛の気持ちの表れです。愛犬にとって心地よいの時間のはずなので、そっと見守ってあげてください。

ただし、散歩中に足のあいだに入ってくるときは、不安や緊張状態であることが考えられます。何に怖がっているのかを探り、その原因を取り除いてあげましょう。

  • 更新日:

    2021.03.13

この記事をシェアする
ライター・専門家プロフィール
  • 葛野 莉奈
  • 獣医師、かどのペットクリニック 院長
  • 麻布大学卒。2015年より神奈川県内にてかどのペットクリニックを開業。ながたの皮膚科塾を卒業し、普段の診療でも皮膚科には力を入れております。 私生活では犬8頭と猫2匹と生活しているので、一飼い主として、そして獣医師として飼い主さんと動物たちとの生活がよりよくなることに少しでも貢献できると嬉しいです。