magazine

健康管理 / 病気
鉛筆アイコン

2021.03.01

【獣医師監修】犬のらせん菌とは?増える原因・対処法・感染予防まとめ

動物病院で愛犬のうんち検査をしてみたら「らせん菌が多いですね」と言われたことがある飼い主さんは意外と少なくないと思います。らせん菌は成犬に感染しても症状を現さないことが多いですが、免疫力が不十分な子犬や病気の犬では下痢などの症状が現れることがあります。ここでは、犬のらせん菌はどのようなものか、なぜ増えるのか、治療や予防についてご紹介します。

監修:葛野 莉奈/獣医師、かどのペットクリニック 院長(文:江野 友紀/認定動物看護士)

犬の「らせん菌」とは?

犬 らせん菌

細菌はその形状によって球状の「球菌」、棒状の「桿菌」、らせん状の「らせん菌」に大別されます。

らせん菌は「らせん状」の菌

らせん菌はその名のとおり細長い菌体がらせん形になったもので、回転運動をしながら素早く動きます。らせん菌群にはカンピロバクター・ジェジュニやカンピロバクター・コリ、ヘリコバクター・ピロリなどの菌がありますが、犬でらせん菌と言うとほとんどの場合カンピロバクターのことを差します。
カンピロバクターは「カンピロ」や「キャンピロバクター」と呼ばれることもあり、健康な犬であっても便中に少量確認されることがあります。

らせん菌が増えることで引き起こされる症状

らせん菌が著しく増えている場合には、お腹の細菌のバランスが崩れている状況が考えられます。すると、下痢や血便、腹痛、嘔吐などの消化器症状が現れ、発熱を伴ったり、ひどい場合には脱水症状を引き起こすこともあります。

犬のらせん菌は人に感染することがある

カンピロバクターは食中毒の原因とされる代表的な細菌ですが、人への感染として下痢をした子犬からの感染例も報告されています。犬の排泄物は速やかに片付け、手洗いや手の消毒はしっかり行いましょう。

人にうつるとどうなる?

人が感染した場合には平均2~5日の潜伏期間を経たのち、下痢や腹痛、発熱などの症状が現れます。子供では血便が見られることもあります。
また、ごくまれではありますが、カンピロバクターの感染がきっかけとなって運動神経が障害を受け、筋肉を動かす運動神経が障害されて手足が麻痺する「ギラン・バレー症候群」を発症する事例も報告されています。

犬のらせん菌が増える原因とは?

犬 らせん菌

犬のらせん菌が増える原因として主な感染経路と注意が必要なコについてご紹介します。

主な感染経路

犬のらせん菌の主な感染経路は経口感染で、カンピロバクターは環境下に存在する菌の為、カンピロバクターに汚染された食べ物や水、感染した動物の排泄物との接触などによって感染します。健常な動物でも保菌していて、普段は症状が見られず、免疫力の低下により下痢を発症することもあります。

こんな子は特に注意が必要

免疫が不十分な子犬では細菌が増殖しやすくいため注意が必要です。また、ストレスを感じやすい生活環境であったり、病気や妊娠などにより免疫力が低下している場合にも発症することがあります。

犬にらせん菌が多くみられる場合の治療法

犬 らせん菌

らせん菌によって症状が現れた場合、自然治癒することもありますが、症状の程度や原因によっては治療が必要になります。

使用される薬

らせん菌によって引き起こされる症状の治療には、主に抗生物質や整腸剤が使用されます。ひどい下痢や嘔吐により脱水症状がみられるときには、輸液などで体内の水分を補正します。

下痢止めの安易な使用は危険

愛犬が下痢しているときに、飼い主さんの自己判断で下痢止めを与えることは危険です。下痢止めには消化管の運動機能を低下させて下痢を治すものがありますが、本来であれば下痢と一緒に体外に排出されるはずの細菌や毒素が体内にたまり、状態を悪化させてしまうことがあります。適切なお薬を見つけるためにきちんと便検査もしてもらう必要があります。

らせん菌の感染予防|飼い主さんが出来ること

犬 らせん菌

らせん菌の感染を予防するために、飼い主さんにできることをご紹介します。

生肉や傷んだ食べ物は与えない

らせん菌は加熱不足の食べ物から感染することもあるので、肉などを与える際は十分加熱しましょう。また、傷んだ食べ物も要注意です。特に高温多湿の夏は細菌が繁殖しやすく、細菌由来の食中毒が起こりやすくなります。缶詰めなどのウェットフードは水分含量が多く傷みやすいので、開封後はなるべく早く使いきりましょう。飲み水も、犬が飲んでいなくても1日1~2回は新しいものに交換し、いつでも新鮮な水が飲めるようにしましょう。

犬の生活環境は清潔に

犬が使っているベッドやゲージなどはいつも清潔に保ちます。消毒ができればなお良いでしょう。トイレの排泄物はこまめに処理し、飼い主さんはよく手を洗いましょう。

免疫力を落とさない

免疫力の低下は、細菌が繁殖する原因になります。食事は栄養バランスの取れた総合栄養食を主食に与え、おやつの与えすぎには注意しましょう。ストレスや病気が原因で免疫力が低下することもありので、犬の生活環境を見直したり、病気の早期発見・早期治療に努めましょう。

その他

散歩中はリードを短く保持し、他の犬の排泄物や野生動物には近付けないようにしましょう。犬の行動を制止できるよう「マテ」や「オスワリ」などの基本的なしつけをしておくことも大切です。便がいつもと違うと感じたら、検便も大切です。なるべく新鮮な便を持参しましょう。

愛犬にらせん菌が多く見られたら

犬 らせん菌

動物病院でらせん菌が多いと指摘された場合、愛犬はお腹の調子がすぐれないと考えて良いでしょう。らせん菌の増殖は早期に発見をし、治療ができれば下痢の程度が悪化し、脱水など致命的にならずに済む必要があります。いつもとの変化を感じたら受診を速やかにするようにしましょう。

  • 更新日:

    2021.03.01

いいなと思ったらシェア