magazine

住まい / 生活

2021.03.26

【獣医師監修】犬の身近な猛毒「カエル中毒」に要注意!誤って食べた場合の対処法も

道ばたや公園にいたカエルを犬が反射的にパクッとくわえてしまった、という経験はありませんか?飼い主さんが口から取り出そうとしても取られまいと丸飲みにしてしまう子もいますが、犬がカエルを口に入れて飲み込んでしまうと、重篤な症状が現れるケースもあるので、散歩中・ドッグラン等では注意しなければなりません。ここでは犬にカエルを食べさせてはいけない理由や、食べてしまった場合の症状・対処法について解説します。

監修:加藤 みゆき/獣医師(文:江野 友紀)

犬にカエルを食べさせてはいけない理由

梅雨時期に散歩する犬

犬がカエルを体内に入れることで問題になるのは、主に「カエル中毒」と「寄生虫感染」です。

中毒を起こす可能性

日本全国でよく見かけるヒキガエルやアマガエルは、毒性物質を持っていることが分かっています。
特にヒキガエルは、犬がカエルをくわえたるなどして刺激を与えると、身を守るために耳下線(耳の辺りの唾液腺)や皮膚から強力な毒素を分泌します。この毒素は「ブフォトキシン」というもので、犬の体内に吸収されると中毒を起こします。

寄生虫感染

毒性物質を持っていないカエルであっても、高い確率で「マンソン裂頭条虫」という寄生虫に感染しています。
マンソン裂頭条虫は一般的に「サナダムシ」とも呼ばれる虫で、成虫になると体長1m、体幅1.2cmにもなる乳白色の長い虫です。犬の体内に入ると小腸に頭を突き入れて吸着します。
人にも感染する恐れがある人獣共通感染症で、人体の各組織内に寄生して病害をもたらします。

犬がカエルを食べた場合に考えられる症状

道端のカエル

犬がカエルを食べた場合に考えられる症状には、次のようなものがあります。

カエル中毒の症状

カエルが毒性物質を持っていた場合、よだれ、口から泡を吹く、嘔吐、下痢、呼吸困難、運動麻痺、虚脱、発作、意識不明などの重篤な症状が現れ、最悪の場合は命を落としてしまいます。強力な毒素であるため、大型犬でもに2~3時間後に死に至ることがあると言われています。

寄生虫感染の症状

マンソン裂頭条虫に感染しても多くの場合は無症状で、症状が現れた場合は軟便、食欲があるのに体重が増えないなどの症状が見られます。
多数寄生した場合には慢性的に軟便や下痢が続いたり、ときに腸管内に虫が詰まって腸閉塞を起こすこともあります。腸閉塞を起こした場合には食欲不振や頻繁な嘔吐、お腹が膨れるといった症状が現れます。

消化不良

食べたカエルが毒性を持っておらず、寄生虫が感染していなかった場合はそれほど問題ありませんが、食べ慣れない異物を食べることで消化不良を起こす可能性はあります。この場合、一時的な嘔吐や軟便などの症状が見られますが、症状が長引いたり、ひどい下痢をするような場合は動物病院を受診しましょう。

犬がカエルを食べてしまった場合の対処法

元気のない犬

犬がカエルで遊んでいたら、すぐに引き離しましょう。口にくわえてしまったり、舐めたり、飲み込んでしまった場合は次のように対処する必要があります。

応急処置

まだ口の中にくわえている状態であれば、口を開けて取り出しましょう。おやつやお気に入りのおもちゃがあれば、交換で放してくれるかもしれません。カエルの毒素が口から吸収されないよう、ペットボトルの水やホースで口の中を十分に洗うことが重要です。
応急処置後は、なるべく早く動物病院を受診しましょう。

動物病院を受診する

カエルが毒性物質を持っている可能性を考えると、迅速な対処が必要です。食べてすぐであれば吐かせるための処置や、口内の洗浄が行われます。カエル中毒に対する特効薬はないので、症状に対する治療が行われます。マンソン裂頭条虫症に対しては、駆虫薬が使用されます。

カエルを食べさせないようにするには?

緑色のカエル

愛犬に故意にカエルを与える飼い主さんはいないと思いますが、犬は飛び跳ねたカエルや道端で干からびたカエルを興味本位で口に入れてしまうことがあります。カエルを体内に入れることで犬の身体に悪影響を及ぼすことがあるので、飼い主さんは気をつけなければなりません。

外出時の拾い食い癖に注意

カエルがいるような場所では犬から目を離さないようにし、犬が拾い食いしそうになったときはリードを引いて食べさせないようにしましょう。

また、カエルに限らず、お散歩コースや公園などには犬が口にしない方が良いものがたくさん存在します。仔犬の頃から「拾い食い」をさせないようにしつけましょう。くわえてしまった場合にもコマンドで離すようにしつけておくことも大切です。

身近な猛毒「カエル」に要注意!

道端のカエル

カエルとの遭遇を完全に防ぐことは困難です。散歩中はリードを短く保持し、犬の動きをコントロールする、拾い食いしないようしつけるなど、飼い主さんが気を付けてあげなければなりません。もしカエルを食べてしまった場合には口の中を良く洗い、早めに動物病院を受診しましょう。

  • 更新日:

    2021.03.26

この記事をシェアする
ライター・専門家プロフィール
  • 加藤 みゆき
  • 獣医師
  • 日本獣医生命科学大学(旧・日本獣医畜産学部)を卒業後、獣医師として埼玉県内の動物病院にて犬・猫・小鳥の小動物臨床とホリスティック医療を経験。その後、小動物臨床専門誌の編集者を勤めた後、現在は都内の動物病院にて臨床に従事。 日々発展する小動物臨床の知識を常にアップデートし、犬に関する情報を通じて皆様と愛犬との暮らしがより豊かなものとなるように勉強を重ねて参ります。