magazine

犬 クイズ 生態 気持ち 犬の鳴き声
犬の生態 / 気持ち

2021.03.07

犬の生態 / 気持ちクイズに挑戦しよう!

【クイズ】犬の感情表現のひとつ「鳴き声」注意が必要なのは次のうちどれ?

犬は感情表現が豊かな生きものです。楽しいとき・悲しいとき・怒ったときなどで鳴き声も違ってきます。
そんな犬の鳴き声の中にも、飼い主が注意すべき鳴き声があります。それはどんな鳴き声でしょう?記事で紹介する選択肢の中から、適する答えを選んで鳴き声に関する豆知識を得てみましょう。

#クイズ

彩 ことり/ドッグライター

選択肢【1】「ワンワンワン」

飼い主の注意を引きたいとき、犬同士で遊びながら呼び合うとき、玄関チャイムや知らない犬に対しても「ワンワン」「ワンワンワン」「ワワワワワン」などと鳴くことがあります。
もっともよく聞かれる鳴き声ですが、これは犬が自分の主張をアピールしたい時に出す鳴き声です。

選択肢【2】「クゥーン」「キュンキュン」

強めに「クゥーン」と鳴きながら、愛犬に見つめられたことはありませんか?飼い主に何か伝えたいこと「散歩」「ごはん」「おやつ」などを求めている可能性が高いです。
反対に、弱めトーンで「クゥーン」「キュンキュン」と鳴く場合は、不安があったり寂しい気持ちの表れです。

選択肢【3】「ウー」

犬が意識を集中し「ウー」と唸るように低く鳴くのは、警戒心が高まり攻撃性が高まっているときです。同時に、体を固く硬直させたり、鼻の上にシワを寄せていたり、歯を剥く仕草が見られたら、より攻撃性が高まっている可能性も。
おもちゃや食べものを取られそうになったときに、「ウー」と唸って歯を剥くこともあります。

正解は?

犬 クイズ 生態 気持ち 犬の鳴き声

低い「ウー」という唸り声を出しているときは、自分や周囲に攻撃的になっている可能性があるので注意が必要です。ケガやトラブルを避けるために、早めにしつけをおこないましょう。
様々な声色で、私たち飼い主に感情を伝えてくれる犬の鳴き声。より円滑に愛犬とのコミュニケーションが取れるよう、普段から犬の鳴き声の違いに耳を傾けてみてはいかがですか。

この記事もチェック!
  • 更新日:

    2021.03.07

この記事をシェアする
ライター・専門家プロフィール
  • 彩 ことり
  • ドッグライター
  • 現在まで何頭もの犬と生活を共にしてきました。その中で、老犬介護も経験し犬と暮らす事への価値観が変わりました。犬との生活で得た知識やエピソード等発信していきたいと思っております。