magazine

グッズ
鉛筆アイコン

2021.03.23

犬用アウトドアグッズの全て!基本の持ち物12選はコレだ!

アウトドアに愛犬を連れて行く際には、実にさまざまな荷物が必要となります。そしてそれに応えるべく、各メーカーさんから、たくさんの役立つ素敵なアイテムが販売されているのも事実。

そこで本記事では、愛犬とのアウトドアに必要な基本の持ち物をはじめ、あったら便利なグッズをご紹介していきます。初めてのアウトドアにおける犬のための準備を、万全にできるように手助けいたします。

後藤 俊/ライター

犬連れアウトドアに必要な基本の持ち物

2頭の犬がアウトドアチェアーの上にいる

犬とのアウトドアに必要な基本の持ち物について紹介していきます。基本の持ち物は普段から使っている物が多いだけに、持っていくのを忘れてしまいがちです。チェックリスト代わりに使ってみてください。

1.ロングリード

犬を繋いでおくためのリードを持っていきましょう。アウトドアでは開放的な気分になってしまい、つい犬のリードとってしまいがちですが、それはマナー違反です。他のアウトドア客に迷惑をかけたり、迷子の原因となってしまいます。(※囲いがある等、外してもOKなエリアがある施設もあります。)

しかし、せっかくアウトドアに連れて来たからには、犬にも思いっきり楽しんでほしいですよね。そのためにも、動ける範囲が広くなるロングリードを持っていくのがおすすめです。

2.うんちの処理袋

アウトドアは屋外だからといって、犬のウンチをそのままにしていっていいわけではありません。普段の散歩と同様に、必ず持ち帰るためのうんちの処理袋を持っていくようにしましょう。生ごみが出たときにはゴミ袋として使えるので、少し多めに持っていくと安心ですよ。帰りの車の中が臭くならないように、臭いを抑えるタイプのものがおすすめです。

3.犬用サークル

アウトドアで宿泊もする場合には、犬用のサークルを持っていきましょう。サークルがない状態で犬をテントに入れてしまうと、テントを引っかいて破ってしまうことがあるからです。天候が悪い場合も考えて、テントの中に入るサイズのサークルを持っていくことをおすすめします。荷物がかさばらないように、折りたたんで持ち運べるものがいいでしょう。

4.犬用ベッド

車での長時間の移動や宿泊に備えて、犬用ベッドを持っていきましょう。犬にとってもアウトドアは多くの体力を使うので、しっかり休める場所が必要です。しかし、通常の犬用ベッドでは荷物がかさばってしまうため、アウトドア用の折り畳みベッドを持っていくことをおすすめします。

5.餌・水用のボウル

餌や水を入れるためのボウルを持っていきましょう。紙皿やプラスチックボウルでは、犬が噛みちぎって破片を飲み込んでしまう恐れがあります。誤飲の危険を防ぐ意味でも、人間用の道具で代用するのはやめましょう。ボウルを持っていく際には、コンパクトに折りたためるシリコン製のものがおすすめです。

6.犬用タオル

雨や川遊びで濡れてしまったときに使うための犬用タオルを用意しておきましょう。屋外は室内よりも気温が低いため、体が濡れたままでは風邪をひく原因になってしまいます。通常のタオルでも問題ありませんが、できれば吸水性の優れたペット専用タオルがおすすめです。

愛犬の安全を守るためのアウトドアグッズ

犬がテントから顔をのぞかせている

続いて、愛犬の安全を守るためのアウトドアグッズです。アウトドアの種類によっては欠かせない持ち物でもあるので、チェックしていきましょう。

7.犬用ライフジャケット

川や海へ連れて行く際には、犬用のライフジャケットを持っていきましょう。泳がせる予定がなくても、万が一リードが外れて水に飛び込んでしまったときに溺れることを防いでくれます。犬用のライフジャケットを選ぶ際には、犬の顔が沈まないように、顎の下まで保護されているものがおすすめです。

8.犬用の防寒着

山や森の中でアウトドアを楽しむ場合、急に気温が冷え込むことが考えられます。そんなときのために、防寒性の高い犬用の服を用意しておくといいでしょう。状況に合わせて体温調整ができれば、犬の体調不良に悩まされることもなくなります。服の種類は、雨風も防げるレインコートタイプのものがおすすめです。

9.犬用の防虫剤

屋外には蚊やダニが多く生息するため、犬用の防虫剤を持っていくことをおすすめします。蚊やダニは感染症を引き起こす原因にもなるため、特に虫が多くなる夏場はしっかり防虫対策を行うようにしてください。

あったら便利な犬用アウトドアグッズ

犬と飼い主が風景を楽しんでいる

ここでは、持っていくと便利な犬用アウトドアグッズを紹介していきます。絶対に必要というわけではありませんが、グッズにこだわりたい方はぜひチェックしてみてください。

10.ドッグアンカー

ドッグアンカーとは、犬のリードを繋いでおくための土に刺すアンカーです。ドッグアンカーを使うことで、アウトドアでリードを結ぶための場所を探す手間を解消することができます。また、飼い主の近くに犬を繋げておけるため、犬が寂しい思いをすることもなくなるでしょう。

11.カラビナ

リードにカラビナをつけておくことにより、普段よりリードの付け外しが楽になります。アウトドアでは場所の移動も多くなるため、付け外しのストレスはなるべく解消したいものです。ドッグアンカーにはカラビナを取り付ける穴が付いてるため、合わせて活用してみてください。

12.犬用の靴

足場の悪い場所に連れていく際は、犬用の靴を持っていきましょう。肉球が傷ついたり、爪が割れたりすることを防いでくれます。 岩場のような足元が荒れた場所へ行く予定がある場合は、ケガ防止のためにも犬用の靴を活用してみてください。

ギアにこだわれば犬連れアウトドアがさらに楽しくなる!

犬と飼い主がテントを貼ってキャンプをする様子のシルエット

犬用のアウトドアグッズは、当日の環境を便利にするだけでなく、揃えるまでの楽しみも醍醐味のひとつです。グッズを揃えて、犬も存分にアウトドアを楽しめるような環境作りを目指していきましょう。グッズにこだわるほどアウトドアへ連れて行く回数も増え、結果的に犬との絆も深まります。ぜひ今回の記事を活用していただき、初めての犬連れアウトドアの準備をしてみてください。

  • 更新日:

    2021.03.23

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 後藤 俊
  • ライター
  • コリーとコーギーのいる家庭で育ち、愛犬たちがいる暮らしが当たり前に。一緒に過ごす時間を増やすためにも、犬に関する知識を学び始めました。愛犬との絆を深めるために必要な、正しい情報の発信を目指します。