magazine

HEKA ヘカ ドッグフード
食べもの

2021.03.04

新ブランド【HEKA】グレインフリードッグフードの特徴3つとは?気になる口コミも

「自然の力で愛犬を癒す」をコンセプトに、人工添加物不使用・グレインフリーにこだわって作られたドッグフードが【HEKA】です。2020年12月に日本で発売されたばかりのニューブランドHEKAは、先行販売されたシンガポールで高い評価を得ているドッグフード。
今回は、そんなHEKAグレインフリードッグフードの特徴について徹底調査しました!あわせて、気になる口コミもご紹介します。

文:西村 百合子/ホリスティックケアカウンセラー、愛玩動物救命士

HEKAグレインフリードッグフード3つの特徴

HEKA ヘカ ドッグフード

HEKAは、シンガポールでシェア1位のペットグッズの通販サイト「perromart(ペロマート)」で展開され、日本では「perromart.jp」の運営会社「25Holdings」が展開しているオリジナルブランドです。
HEKAのグレインフリードッグフードは、ペット先進国としても知られているドイツの工場で生産されています。

大好きな愛犬に健康で長生きしてほしい!ドッグフードで健康にしたい!そんな願いから誕生したHEKAのドッグフードは、すべての犬種・年齢を対象としています。

まずは、HEKAの特徴3つを確認してみましょう。

特徴【1】アレルギー体質でも安心のグレインフリー

もともと肉食性の犬は、穀物の消化が苦手。穀物の摂取はアレルギーを引き起こす原因になりかねないと考え、HEKAでは穀物類を一切使用しない「グレインフリー」のドッグフード作りにこだわりを持っています。

動物性たんぱく質の他に、厳選されたハーブとフルーツ、そして低アレルゲンの素材を使用し、子犬からシニアまでオールステージを対象としたHEKAのグレインフリードッグフードは、品質管理に厳しい基準を持つドイツの工場で生産されている点も大きな特徴です。

特徴【2】保存料・添加物を排除したレシピ

HEKAグレインフリードッグフードの次なる特徴は、化学物質を使用せず天然由来の素材を研究して採用している点です。ハーブ、フルーツといった自然の力を最大限に活用し、犬の健康維持に役立てています。

また、化学物質無添加でも犬が美味しく食べてくれるように研究が重ねられ、素材そのものの香りと味わいを追求している点でも非常に安心できます。

特徴【3】長期間にわたって与えられるオールエイジ対象

HEKAグレインフリードッグフードで使用されているハーブは、イラクサ、チコリ、フェンネル、ネトル、カモミール、キャラウェイ、クランベリーの7種類。犬の健康に役立つ上に、美味しさをプラスしてくれるハーブは、犬種や年齢を選ばずに使用できる天然のサプリメントです。

また、犬種や年齢を選ばないレシピは、多頭飼育オーナーのフード選びのお悩みも解消してくれます。

HEKAグレインフリードッグフードの商品ラインナップ

HEKA ヘカ ドッグフード

HEKAグレインフリードッグフードは、無理なく毎日の食事を継続できることを考慮し、サーモンとラムの2種類をラインナップしています。それぞれの栄養素、原材料について詳しくご紹介します。

サーモン ポテト&ピース

HEKA ヘカ ドッグフード

消化しやすく、アレルギーの子でも長期にわたって食べることができるサーモンを使用したレシピです。サーモンやマスは、犬の体内で合成することができないEPA、DHAやアンチエイジング、疲労回復に役立つとされるアスタキサンチンを豊富に含む優秀な動物性たんぱく質です。

子犬からシニアはもちろん、アレルギーのある犬まで犬種や年齢を選ばずに与えられることが特徴です。

内容量と価格

※ペロマートでは、2,980円以上で送料・代引き手数料無料

  • 2.5kg:2,980円(税込)
  • 10kg(2.5kg×4袋):9,675円(税込)

原産国

ドイツ

栄養素

粗たん白質23.0%、脂質8.5%、粗繊維3.0%、粗灰分8.8%

全成分

「マス(生魚(冷凍) 25%)」、「サツマイモ」、「サーモンミール(14%)」、「ジャガイモデンプン」、「乾燥ビートパルプ」、「エンドウ豆(乾燥)」、「ジャガイモ粉」、「加水分解タンパク質」、「マスミール(1%)」、「魚油」、「ハーブ(乾燥、 イラクサ、ブラックベリーの葉、ノコギリソウ、フェンネル、キャラウェイ、カモミールの花、ヤドリギ、リンドウ根、百年草、ベータグルカン、チコリ(乾燥)、ユッカ(乾燥))」

購入できる場所・サイト

HEKAグレインフリードッグフードは、25Holdingsが運営するオンラインペットグッズショップ「perromart.jp(ペロマート)」で販売されています。
現在のところ、購入はperromart.jp(ペロマート)の公式サイトまたはAmazonでも購入可能です。なお、楽天やペットショップの通販サイトなどでの販売はありません。

ラム ポテト&ピース

HEKA ヘカ ドッグフード

単一動物性たんぱく質として、アレルギーになりにくいラム肉を20%使用したグレインフリードッグフードです。低カロリーなだけではなく低脂質にもこだわり、体重管理が必要な犬にも向いています。ラム肉に含まれて居るL-カルニチンは犬のエネルギー代謝に欠かせない栄養素。

また、体を温める作用やビタミンB群が豊富に含まれています。子犬からシニアはもちろん、アレルギーのある犬犬種や年齢を選ばず長期にわたって与えられることが特徴です。

内容量と価格

※ペロマートでは、2,980円以上で、送料・代引き手数料無料

  • 2.5kg:2,980円(税込)
  • 10kg(2.5kg×4袋):9,675円(税込)

原産国

ドイツ

栄養素

粗たん白質24.0%、脂質12%、粗繊維2.5%、粗灰分7.9%

全成分

「子羊(20%、生肉(冷凍))」、「ジャガイモ粉」、「子羊タンパク質(16%、乾燥)」、「ジャガイモデンプン」、「ジャガイモタンパク質」、「エンドウ豆(乾燥)」、「サツマイモ(乾燥)」、「乾燥ビートパルプ」、「家禽脂肪」、「タピオカ(乾燥)」、「加水分解タンパク質」、「ハーブ(乾燥、 イラクサ、ブラックベリーの葉、ノコギリソウ、フェンネル、キャラウェイ、カモミールの花、ヤドリギ、リンドウ根、百年草、ベータグルカン、チコリ(乾燥)、ユッカ(乾燥))」

購入できる場所・サイト

HEKAグレインフリードッグフードは、25Holdingsが運営するオンラインペットグッズショップ「perromart.jp(ペロマート)」で販売されています。
現在のところ、購入はperromart.jp(ペロマート)の公式サイトまたはAmazonでも購入可能です。なお、楽天やペットショップの通販サイトなどでの販売はありません。

HEKAグレインフリードッグフードの口コミが気になる!

HEKA

HEKAグレインフリードッグフードは、2020年12月26日から発売開始された新しいブランドであるため、記事執筆(2021年2月)時点ではSNS上の口コミは確認ができていませんが、メーカーサイトに寄せられているレビューをご紹介します。

食いつきがすごい!

市販されているドライフードの中には、着色料や香料などの添加物が使用されている製品も多くあります。本来、自然の恵みである食材を食べていた犬は添加物の匂いを好みません。そのため、ドライフードを口にしないという犬も見られます。

無添加で作られているHEKAグレインフリードッグフードは、天然のハーブを使用することで犬にとっての美味しさにこだわっています。

チャウさんの口コミ

うちの子はドライフードがあまり好きではないので、嫌がるのではないかと心配していましたが、とても食いつきがよくあっという間に完食・・・。
今までは痒がり引っ掻くことが多かったのですが、このフードに変えてからは痒がることがなくなった気がします!本当にオススメです!

粒の大きさに戸惑うことも

HEKAグレインフリードッグフードは、噛み応えのある大きい粒が特徴です。これは、ドッグフードを飲み込むことなく、よく噛むことで消化吸収を促進し満腹感を与えるため。

しかし、小粒のドッグフードに食べ慣れている小型犬は、初めのうちは粒の大きさと硬さから戸惑うことも多いようですが、慣れればしっかり噛んで食べるようになったとのコメントが多く見られました。

Chouchou0920さんの口コミ

6ヵ月のミニチュアシュナウザーを飼っています。
これまで与えていたフードが犬種指定パピー用で小さめの粒になっていたためあまり噛まずに勢いよく食べていました。HEKAを初めて与えたときは大きさも硬さもあり、喉に詰まらせて嘔吐してしまいましたが、お湯でふやかしたり、2-3回で慣れてしっかり噛み、時間をかけて食べるようになりました。咀嚼するクセがついて良さそうです。もともとよく食べる子なのですが、食い付きはとても良いです。また、ウンチのニオイが前より臭くなくなったったと思います。

※2件とも、公式販売サイトから引用。

HEKAグレインフリードッグフードを選ぶメリット・デメリット

HEKA ヘカ ドッグフード

無添加、そしてグレインフリーであることにこだわったHEKAグレインフリードッグフード。

ドイツでは、ペットフードにも人間と同じ食材を使わなければならないと法律で定められています。そんなドイツの工場で製造されているHEKAグレインフリードッグフードは、食品の安全性を示すHACCP認証、国際食品規格(IFS・インターナショナルフードスタンダード)認証などを取得している安全性の高さと品質の良さが特徴です。

ここでは、メリットだけではなくデメリットについてもご紹介します。

【メリット】多頭飼いやたくさん食べるコにおすすめしたい

HEKAグレインフリードッグフードには、サーモン・ラムと2種類のラインアップが用意され、アレルギーのコでも長期間食べ続けられるのが嬉しいポイントです。
保存料、着色料などの添加物を使用していない安全なドッグフードながら、2.5kg/2,980円とコストパフォーマンスに優れている点も魅力です。
特に、ドッグフードの消費量の多い多頭飼いや大型犬のオーナーにおすすめできます。

【デメリット】口が小さい小型犬は注意が必要

大きい粒が特徴のHEKAグレインフリードッグフード。口コミでもご紹介した通り、小粒のドッグフードを食べ慣れている小型犬にとってデメリットと感じることもあるようです。
しかし、大きめの粒は早食い防止にもつながり、またよく噛んで食べることで満腹感を得ることもできます。粒の大きさをどう感じるかは、飼い主目線よりも犬目線を大切にしたいところ。
噛まずに飲み込んでしまい嘔吐するなどのトラブルや、ふやかす、少量から与える、目を離さないようにすることなど、通常のドッグフードを与える時よりも注意が必要となることはデメリットと言えるかもしれません。

HEKAグレインフリードッグフードはアレルギーのある犬におすすめ!

HEKA ヘカ ドッグフード

サーモン、ラムとアレルギーのある子でも長期間食べられる動物性蛋白質をメインとしているHEKAグレインフリードッグフード。
原産国のドイツでは、人間の医療でも使用されているハーブをふんだんに配合し、犬の健康維持や食いつきを考慮して作られています。犬種や年齢を選ばない点も、ドッグフード選びに悩む多頭飼いの飼い主にとっては嬉しいところ。
まだまだ知る人が少ない新しいブランドかもしれませんが、コストパフォーマンスにも優れているので、ドッグフード選びの選択肢にぜひ加えてみてはいかがでしょうか?

  • 公開日:

    2021.03.03

  • 更新日:

    2021.03.04

この記事をシェアする
ライター・専門家プロフィール
  • 西村 百合子
  • ホリスティックケアカウンセラー、愛玩動物救命士
  • ゴールデンレトリバーと暮らして20年以上。今は3代目ディロンと海・湖でSUP、ウインドサーフィンを楽しむ日々を過ごす。初代の愛犬が心臓病を患ったことをきっかけに、ホリスティックケア・カウンセラーの資格を取得。 現在、愛犬のためにハーブ療法・東洋医学などを学んでおり、2014年よりその知識を広めるべく執筆活動を開始。記事を書く上で大切にしていることは常に犬目線を主軸を置き、「正しい」だけでなく「犬オーナーが納得して使える」知識を届ける、ということ。