magazine

シェルティ ブログ
連載 / ブログ

2021.03.16

ブログ|シェルティと過ごす幸せ生活|vol.13

犬と過ごす幸せ生活|シェルティ・レオ、定期健診で動物病院へGO

わが家のシェルティ―・レオは年に2回、健康診断を受けています。一年前の検査の時、若干SDMAの数値が高かったので、それから腎臓の検査だけは3か月に一回のペースで受けるようになりました。
この日も腎臓の定期検査を受けてきました。動物病院ではいつも緊張気味のレオ。検査の結果が良好であることを確認するまで私もドキドキしますが、先生や看護師さんたちのことは大好きなレオです。

#シェットランドシープドッグ / #シェルティのレオ

まり/ドッグライター

定期健診のため動物病院へレッツゴー

シェルティ ブログ

レオは我が家に来た年からずっと年に2回健康診断を受けています。以前、犬には、年2回の定期検査がベストという説明を聞いてから毎年欠かしたことはありません。

昨年の夏の健康診断で、SDMAの数値が若干高めだという結果が出ました。SDMAは腎臓病に繋がる数値です。その他の数値は正常。尿検査も異常なし。

現段階で病名はつかないし、すぐにどうこうなるというわけではないけど、心配なので腎臓検査だけは3ヶ月に一度のペースで検査することになりました。

毎回血を抜かれて可哀想だけど、健康維持の為に頑張ろうね!と励まして動物病院へレッツゴー!

緊張しているシェルティ・レオ

病院までは徒歩20分。お散歩しながら行くパターンがほとんどですが、レオも途中で「あれ?この道はもしや・・」と気づいて段々足取りが重たくなって行きます。

病院についても入るのを拒否したり、暴れたりはしないけど、なんとも言えない顔でこちらを見ながら嫌々や不安をアピールして来ます。

待合室では落ち着かないのか膝の上に飛び乗ってきてべったりです。緊張して暑くもないのに舌をハァハァさせています。
「大丈夫、大丈夫」と撫でながら順番を待ちます。

診察中はお利口さん

診察に入るときは諦めるのか、しっかり自分の足で診察室へ入って行きます。
大人しく診察台に乗り、検温や触診、問診を済ませます。
検査が終わるまで私は待合室で待機。血を抜かれている様子を見た事はないのですが、
いつも「大人しくてお利口でしたよ。」って言われて戻ってくるので
先生方にご迷惑はかけていないみたいです。笑 検査後の再会はほんの数分なのにすごく嬉しそうにするレオ。可愛い!そして今回の検査結果も良好で問題ありませんでした。毎回この結果を聞くと心の底から安堵します。

これからもきちんと検査していこうね

シェルティ ブログ

正直自分の健康診断よりも愛犬の健康診断の方がドキドキしています。
大好きなレオにはいつまでも元気でいて欲しいものです。もしも何か病気になったときも早期発見出来るように、そしてレオの体の数値をある程度把握しておく為にも、定期検査はきちんと行っていくつもりです。
ドキドキの検査も終わって疲れたね。今夜はご馳走にしてあげよう。

  • 更新日:

    2021.03.16

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • まり
  • ドッグライター
  • 犬が大好き主婦ライターです!夫+息子+娘+レオ(犬)の4人と1匹で毎日にぎやかに暮らしています。我が家のムードメーカーでもある愛犬レオ(5歳)の話を中心に日常や愛犬あるあるを綴っていきます。