magazine

保護犬 ブログ
連載 / ブログ

2021.03.25

ブログ|元保護犬おじいわんプゥ|vol.17

元保護犬おじいわんプゥの日々好日|見てほしい保護犬の動画

前回、読んで欲しい保護犬の本のご紹介をしました。児童図書とはいえ、かなりリアルで衝撃的な内容なのに驚かれた方もおられると思います。今日はそんな悲惨で過酷な状況にあった保護犬達が、心暖かい人達の手で幸せになっていく動画をご紹介します。犬を愛するものには、どれも胸が熱くなる動画ばかりですが、これを感動物語として見るだけではなく、今も救いの手を求めている多くの犬達がいることに目を向けて頂ければと願います。

#ミニチュアダックスフンド / #保護犬おじいわんプゥ

泉 能子/愛犬家、ドッグライター

殺処分に怯えていた子犬が心を開いて懐くまでの記録

こちらの動画の子犬は、野犬が産んだ子犬です。野犬とは生まれついての野生ということではありません。もともと人に飼われていた犬が捨てられ、近隣の山や森に逃げ込み、群れを作って生きている犬達のことです。

都会では野犬を見かけることはありませんが、地方都市の山林にはまだまだ数多くの野犬が、毎年子犬を産み続けています。産まれて間もない子犬も多く、そもそも保健所には子犬を育てるというシステムはありません。人手もお金もかかる子犬は、病気の犬や老犬に次いで殺処分の対象になります。

野犬の子犬は産まれたときから野生なので人間というものを知りません。子犬にとっては、人も家もすべてが恐怖でしかありません。それでも人の温もりに触れることで、少しずつ心を開いていくのがわかる動画です。母犬や他の子犬達にも新しい家族が見つかるといいですね。

ゴミ袋に入れて捨てられていたチワワが掴んだ幸せ

路上にゴミ袋に入れて捨てられていたチワワの動画です。同じ人間としてそんなことが出来るのか、と怒りと絶望以外に言葉がありません。ゴミ袋に入れられときの、このワンちゃんの気持ちを思うと、人間であることを恥じたくなるほどです。

保護された状況も衝撃的ではありますが、どんな残酷な状況に追いやられても、人間を受け入れ信頼していく、犬の持つ生きる力の強さを見たように思います。人も犬も生きとし生けるものすべて、愛という力があればどんな状況にあっても、再び幸せに向かって蘇ることができるのだと教えられる動画です。

これは総集編ですが、このチワワを引き取ったときからの動画もたくさんあるので、時間があるときにじっくり見てみてください。

2年間ダンボールに入れられていた重症水頭症で全盲の犬ミオの奇跡

悪徳ブリーダーから飼育放棄された、重度の水頭症で全盲のプードルとチワワのミックス犬の動画です。この子は産まれてから2年間もダンボールに中にいたそうです。

この犬を保護した施設の人からの、水頭症の重さからこの子の命は僅かしかないかも知れない、せめて最期は暖かい場所で・・という言葉で引き取ることを決めたという動画主さん。

それだけでも頭が下がる思いですが、動画主さんの「この子を愛する機会を与えてもらったことに心から感謝します。産まれて来てくれて、うちの子になってくれてありがとう」という言葉にこころが震える思いです。

全ての保護犬達に伝えたいと思います。「人間だって捨てたもんじゃないよ。やさしい人間はたくさんいるからね」と。

犬を迎える前に、一度譲渡会を訪ねてみてください

保護犬の譲渡会とはどういうものなのか、あまりご存じではない方もおられると思います。 保護されて預かりさんのところに来て15日、初めて譲渡会に参加する臆病なトイプとダックスのMIX、ダップーのリマちゃんの動画です。

この譲渡会は屋外のようですが、会場を借りて室内で行われることも多くあります。 譲渡会に参加する保護犬の状態や気持ちなど詳しく語られているので、動画と共に見て頂ければ、より譲渡会についても理解して頂けるのではないでしょうか。

保護犬の預かりさんは、新しい家族の元で家庭犬として暮らせるよう、日々愛情をかけ続けています。預かりさんの深い思いが感じられる動画です。

すべての保護犬達へ

保護犬 ブログ

我が家のプゥさんは、それほどひどい状態で保護されたわけではありません。ということはそれまでは少なくとも普通の家庭生活を送っていたということになります。プゥさんにとってそこは唯一無二の家であったはずで、大好きだったはずの飼い主から捨てられた悲しみと恐怖は図り知れないものがあります。

飼い主からの飼育放棄、悪徳ブリーダーの非情な違法放棄、悲惨な動物実験、これらが人間であったならば、多くの非難を浴び、重い罪に問われることでしょう。動物であるというだけで、見て見ぬふりをして、臭いものには蓋をしてしまう人間たち…。

それでもあきらめないで欲しい。捨てる神あれば拾う神あり。人間は残酷な生き物でもあるけれど、何処の誰よりも心優しい生き物でもあると信じています。すべての保護犬達にそう伝えたいと思います。

  • 更新日:

    2021.03.25

この記事をシェアする
ライター・専門家プロフィール
  • 泉 能子
  • ドッグライター
  • 動物が大好きで、気づけば隣にはいつも愛犬がいて、愛犬とお互いに助けたり助けられたりの共同生活をしているドッグライターです。 今までにヨークシャーとスムースダックスを育てて看取り、今は保護犬の9歳になるブラックタンのダックスと暮らしています。 人と犬が楽しく幸せに暮らすために役立つ記事を発信していきます。