magazine

犬 手作り食 レシピ
食べもの

2021.03.03

手づくりごはん|パートナーに優しいレシピ|vol.57

パートナーに優しいレシピ|愛犬の目がずっと健康であるために

昨年末、うちのコが突然、右目を掻いたりショボショボさせたりするようになりました。はじめは1日に1回程度だったのが、数日後には頻繁にその動作を繰り返すようになり、慌てて動物病院に駆け込みました。
「ただのゴミかな、これくらいで病院なんて大げさかな」と思いながら行ったのですが、獣医さんの話を聞いて少しヒヤリとし、診てもらってよかったと思いました。
不意に起こる目のトラブル。うちのコの右目に起きたこと、そして、目を守ってあげるために何ができるかについて考えてみました。

#パートナーに優しいレシピ

さのさえこ/ドッグライター

愛犬の目の異常。右目だけのはずが左目にも違和感が?

犬 手作り食 レシピ

うちのコが右目を気にし始めたのは、病院へ駆け込む1週間前あたりからでした。
初めは1日1回、右目をこすったりショボショボさせたりする程度で、「ゴミが入ったのかな?」程度にしか考えていませんでした。

散歩中に様子がおかしくなり即病院へ

その週末、犬友達の車で少し離れた公園へ遊びに行きました。
その公園には自然を残した山があり、山坂が大好きなうちのコのお気に入りの場所です。早速、山頂への階段を駆け登り、草の中に顔を突っ込んではりきっていました。

ところが少しすると、立ち止まって前足で右目をゴシゴシと掻き始めました。前足を押さえて右目を見ようとすると、細めてしまって様子が確認できません。
これが何度も続いたため、友人が公園から直接、私たちを病院へ連れて行ってくれることになりました。

年末の動物病院で診察を受ける

年末の動物病院はとても混雑していましたが、幸い早いうちに診てもらうことができました。

獣医さんの見立て

  • 充血はしていない
  • 肉眼では傷があるようには見えない
  • 左目に逆さまつげがあるから痛みを感じているのではないか

意外な指摘「左目に逆さまつげがあるよ」

獣医さんは「右目ですよね?」と確認しながらも、なぜか左目を気にしていました。
そして「ちょっと見てもらえますか」と、うちのコの左まぶたを持ち上げて言いました。

「僕の指からはみ出しているまつげがありますよね。これは逆さまつげです。痛がっている様子はありませんか?」

見ると、獣医さんがまぶたを押さえた先から、数本のまつげが飛び出していました。
飛び出したまつげは、まぶたを押さえた手を離すと目の中へ入り込んでしまうそうです。

全く気づかなかったので、本当に驚きました。
右目の詳しい検査をするためにいったんうちのコを獣医さんに預けることになり、一緒に左目の逆さまつげも抜いていただくことになりました。

犬の角膜が溶ける?!小さな粒による目への影響

犬 手作り食 レシピ

数分後、再び診察室に呼ばれました。
右目に特殊な液を入れ、顕微鏡などで診察をしてくださったようです。

「目に光を当てるから、見ていてくださいね」と、獣医さんが室内の明かりを消して、うちのコの右目にブルーのライトをあてました。

「わかりますか? この白い点が角膜の傷です」
うちのコの右目の端に、白くポツンと浮き出たものがありました。

再び明かりが点くと、今度は真っ黒な砂粒のようなものが付着した綿棒を見せられました。
どうやらこの粒が角膜に付き、うちのコが目を掻くことで中に押し込まれて傷が付いてしまったようです。

ここで、角膜と目やにについて獣医さんからお話がありました。

角膜と目やにの関係

  • 白、緑、黄色の目やにが出たら菌が悪さをしているから抗生剤入りの目薬を使わなくてはならない
  • 白、緑、黄色の目やにを放置すると角膜が溶けてしまうこともある
  • 目薬は1日3~4回、多少回数が増えるのは問題ないが少ないのはダメ
  • 1週間くらいはエリザベスカラーで目を触らないようにする
  • 茶色っぽい目やには涙が乾燥したものなので大きな心配は要らない

まさかの一言に衝撃

角膜が溶ける?!
衝撃的な一言でした。

現時点ではヒアルロン酸ナトリウムの目薬で良いとのことだったので、私は点眼のやり方を教わってから、帰路に着きました。

エリザベスカラーが目薬よりも難関だった

初めは「目薬なんて差せるのかな……」と不安でしたが、獣医さんに教わったとおりにフセをさせて後ろからやってみたら、簡単にできました。

最大の問題はエリザベスカラーにありました。実はうちのコはエリザベスカラーが大嫌い。
去勢手術の時でさえ、2時間くらいしか着けさせてくれなかったのです。
目を触ってしまうと治りが悪くなると聞いたし、どうしよう……

その時、たまたま同じ目のトラブルで通院していた飼い主さんから「クッションタイプのカラーだと動きやすいし、そのまま寝られるよ」という話を聞きました。

早速お店に行って何とか購入できたのが、写真のエリザベスカラーです。
男の子には少しファンシーなデザインですが、マジックテープで簡単に着脱できて、しっかりした造りです。
それでいて柔らかい感触なので、機能は十分に果たしてくれました。

今回はすぐに買いに行かれたからよかったのですが、エリザベスカラーは突然必要になるものなので、いつでも使えるものを早めに準備しておけばよかったと思いました。

日常生活の中で愛犬の目を守る方法とは

犬 手作り食 レシピ

うちのコの右目の傷はすぐに回復し、目を掻いたりショボショボしたりすることもなくなりました。
しかし外に出る機会も多く家でも走り回って遊ぶので、常に目を傷める危険があります。
今回の件で学んだことをまとめてみます。

犬は人間よりも目を閉じない傾向がある

昔、シャンプーのやり方を看護師さんに教えていただいた時に「犬は何かが近くに来ても目を閉じないことが多いから、タオルで顔を拭く時は目を傷つけないように気をつけて」と言われました。

人間なら自然に目を閉じる場面でも、犬はそのままでいることが多いそうです。

草に顔を入れてモゾモゾしていると、つい勢いよくリードを引いてこちらに戻らせようとしてしまいがちですが、細い枝や硬い茎が折れたところは犬の目の近くにあることが多く、傷つけてしまうおそれがあります。
「ダメ!」としっかり声をかけて動きを止め、落ち着いてこちらに戻す方が安全です。

また、ボール遊びの時にボールが目に当たってケガをしたという話も聞いたことがあります。
愛犬の目の高さでバウンドしないよう、気をつけてあげるのも必要かもしれませんね。

気づきにくい「逆さまつげ」にも注意する

今までワクチン接種の時に健康診断をしてもらっていたのに、目をしっかりと診てもらっていなかったことに気づきました。

目をショボショボさせるほどではなくても、もしかしたらうちのコは左目に違和感を持ったまま生活していたのかな、と考えると少し不憫に思います。

みなさんの愛犬も、機会があれば獣医さんに確認してもらうと良いかもしれません。逆さまつげは抜くだけなので、簡単に処置してもらえますよ。

目を守る食べ物で愛犬の体を内からサポートする

犬 手作り食 レシピ

「目の保護」と聞くと、ブルーベリーなどに含まれるアントシアニンを思い浮かべますが、今回うちのコの目薬として処方されたのは「ヒアルロン酸」でした。

ヒアルロン酸は保水力の高い成分です。
もしかしたら、角膜の水分をしっかり保ってあげることが必要なのかな? と思い、今回はヒアルロン酸を摂ることのできる食べ物を選んでみました。
意外な材料ですが、ヤマイモやオクラのネバネバにはヒアルロン酸が含まれています。

ヤマイモとオクラのふわふわステーキ

【材料】

  • ヤマイモ
  • オクラ
  • アマニ油

【作り方】

  1. ヤマイモをすりおろす
  2. オクラは細かくみじん切りにする
  3. フライパンにアマニ油をなじませて温める
  4. 1と2を混ぜ合わせスプーンですくいながら焼く

ワンポイントアドバイス

生の状態だとネバネバで痒みが出ることがあるので、焼いて食べさせてあげる方が安心です。
フライパンにこびりつくのが気になる時はアマニ油を使うと改善します。

アマニ油はオメガ3脂肪酸を含み、犬への健康効果が期待できるオイルです。
私もできたものを食べてみましたが、柔らかいハッシュドポテトのような食感でした。

気になる愛犬の反応は?

うちのコに食べてもらいました。
アマニ油が大好きな子なので、初めは外側のオイルをペロペロしていましたが、スルリと完食してくれました。

目のトラブルは早めの対処を心がけて

犬 手作り食 レシピ

もしもうちのコの右目のトラブルが年末でなかったら、特に食欲や元気、排泄に問題はなかったので「もう少し様子見でいいかな」と考えていたかもしれません。
この時は「年末だから何かあったら困る!」という気持ちになれたので病院に足が向かいました。
でもすぐに病院へ行って本当に良かったと思っています。

小さな目の傷でも悪化すると致命的なダメージを受けることがあるので、様子がおかしい時は早めに診てもらうようにしてくださいね。

  • 更新日:

    2021.03.03

この記事をシェアする
ライター・専門家プロフィール
  • さの さえこ
  • ドッグライター
  • 子供の頃はアレルギーで飼えなかった犬を、大人になって初めて迎えることができました。しかし里子で迎えた初めての愛犬は、外耳炎、歯肉炎、膿皮症、膝蓋骨脱臼を持っていました。 この子をきれいな体にするにはどうしたら良いか。そんな気持ちから得た経験を、「犬の食」を通してお伝えできればと思っています。