magazine

ひな祭りの飾りと柴犬茶々
連載 / ブログ

2021.03.26

ブログ|柴犬茶々のオテンバ日記【第3部】|vol.3

柴犬茶々のオテンバ日記|ひな祭りの日はお気に入りの場所へ

最近はようやく春めいた日も多くなり、季節の移り変わりを感じますよね。いつも動物病院で耳のケアをしてもらうのですが、「ひな祭り」の時期ということもあり、愛犬茶々のために丸一日楽しんでもらいました。
とはいえ遠出ができないので近所だけだったのですが、これも新しい生活様式なのかも知れませんね。

#柴犬 / #柴犬茶々

明石 則実/動物ライター

茶々の大好物で、まずは腹ごしらえ

わんこテリーヌと柴犬茶々

茶々の耳のケアは2週間に1度のペースで通っているのですが、お昼はドッグカフェを利用することが多くなりました。

定番の「わんこテリーヌ」で大満足!

飼い主がお腹を満たすことももちろんですが、ここには茶々の大好物が置いてあるのです。その名も「わんこテリーヌ」!
チキンをベースに犬が食べられるように調理したテリーヌですが、かぼちゃやブロッコリー、ゆでキャベツなどの温野菜もたっぷりです。病院で頑張ったご褒美としてあげますが、あっという間に平らげてしまいますね。

ひな祭りの飾りつけをした店内

ちょうど店内では「ひな祭り」の時期ということで、お内裏様とお雛様の飾りつけがしてありました。茶々は女の子だからたくさん祝ってもらおうね!
このお店には看板犬のチワワ「ソラくん」もいて、しょっちゅうお客さんにご飯のおねだりをしてます。小さいのによく食べる健康優良児なんです。

少し離れたドッグランへ

ドッグランに到着した柴犬茶々

お昼を食べて満足した後は、少し離れた場所にあるドッグランへ向かいます。なかなか遠出できない時期だから、茶々も楽しみだね。

たくさん運動してストレスを発散しよう!

茶々は場所がわかっているのか?着く前から車内でソワソワしています。なぜか車窓を流れる景色を見て、どこへ向かっているか理解しているのでしょうね。
走って20分ほどでドッグランへ到着です。

たくさんワンちゃんがいる!

さあドッグランが見えてきました。茶々は待ちきれないのか引っ張り過ぎです。フェンスから中へ入ると、たくさんのワンちゃんたちがいましたね。
やはり春のような陽気になったこの日は、たくさんの飼い主さんたちがドッグランを利用しているようです。

ドッグランでのNG行為あれこれ

ドッグランで笑顔の柴犬茶々

我が家も頻繁にドッグランを利用するのですが、やはりたくさんの方が利用される場所なので、気を付けるべき点があります。
今日はその中のNG行為をいくつかを紹介してみたいと思います。

オヤツは持ち込み禁止

愛犬が食べるオヤツや食べ物は基本的に持ち込みが禁止されている場合が多いようです。なぜなら犬が食べなかった場合、放置されたオヤツが悪くなったり腐敗することもあります。もし他の犬が食べてしまったら…病気やトラブルの原因になりかねないのです。
また乾燥しているボーロやビスケットも同様です。もし雨が降ってきて湿気を帯びてしまったら、それだけで腐敗してしまいます。

犬の様子を見ながらリードを離すこと

ドッグランに来たばかりの犬は興奮していることが多いです。そのためリードを持ったまま落ち着かせ、大丈夫だと確認できたところで離しましょう。特に身体の大きな大型犬ほど気を付けたいところです。たまに入った瞬間に大型犬のリードを離す飼い主さんがいらっしゃいますが、気を付けて欲しいところです。
実際、我が家の茶々も興奮したバーニーズマウンテンドッグに横から突き飛ばされ、一時はドッグランに来るのを嫌がったほどでした。

ルールを守って楽しいドッグランを

被り物をかぶって笑顔の柴犬茶々

人間と犬が共生できる社会のために、飼い主さんは率先してルールを守ることを心掛けたいですね。それは病院でも、お店でも、ドッグランでも同じことです。
特にドッグランでは思わぬ事故やトラブルが起こる可能性があります。みんなが気持ちよく利用できるために、協力し合うことが何より大切かも知れませんね。

  • 更新日:

    2021.03.26

この記事をシェアする
ライター・専門家プロフィール
  • 明石 則実
  • 動物ライター
  • フリーライターとして動物関連や歴史系記事の執筆を多数おこなう。柴犬と暮らす傍ら、趣味の旅行や城めぐりで愛犬と駆け回る週末。 愛犬家の皆さんにとって、お悩みを解決したり、有益な情報を発信することを心掛けています。