magazine

笑顔の柴犬
連載 / ブログ
鉛筆アイコン

2021.03.12

ブログ|柴犬茶々のオテンバ日記【第3部】|vol.2

柴犬茶々のオテンバ日記|柴犬は見た!お散歩NGあれこれ

お散歩スタイルがあるのは人それぞれ。歩く場所の好みや時間帯があると思います。我が家のお散歩スタイルも決してお行儀が良いというわけでもないのですが、「ちょっとこれはないよね~」という人に出くわすことがたまにあったりします。

さすがに他人の散歩風景を撮影するわけにはいきませんから、我が家の茶々の画像とともにNGシーンを紹介していきたいと思います。キーワードは「人に振り見て我が振り直せ」です。

#柴犬 / #柴犬茶々

明石 則実/動物ライター

愛犬との楽しい散歩もマナーが大事

芝生を散歩する柴犬

愛犬との楽しい散歩も社会的なマナーを守ってこそ楽しめるもの。しかし中には基本的なことができていない(知らない?)飼い主さんも見受けられるように思います。
やはり周囲の人たちへの気遣いも大事なことですよね。

犬のウンチをそのまま放置…

思った以上に多いのが愛犬のウンチが放置されている、ということ。我が家はペットOKのマンションなのですが、駐車場にウンチが転がっているのを見た時はさすがに衝撃を覚えました。
これはマナー以前に非常識もいいところ。ウンチを放置して一体誰が片づけるのか?そんな当たり前のことに思い至って欲しいものですよね。
家の中でウンチを済ませてから散歩へ出かけるのが望ましいのですが、たとえ外でさせてもウンチの処理は飼い主さんの責任なのです。

ロングリードどころかノーリード

ペットショップや通販等では普通のリードの他にもロングリードが売られていますよね。5メートルくらい伸びるものもあるようです。
しかしリードが長ければ長いほど犬の制御は効きません。それどころか自転車が接近したり、愛犬が思わぬ行動をした時に対処などできるはずがありません。ましてやノーリードなど以ての外です。散歩のときはリードを短く持つ。これが基本になりますよね。

それじゃ犬がかわいそう

元気がなく見える柴犬

愛犬のためにしているのか?それとも飼い主のエゴなのか?よくわからないシーンに出くわすことがたまにあります。犬は人間の言葉を話せませんから、だからこそ犬のことを考えてあげる必要性があると私は考えています。

自転車に乗って散歩!?

こういった散歩シーンに出くわすこと、たまにありますよね。飼い主が自転車に乗りながら犬を散歩させてるわけですね。
普段から運動量のある犬種ならいざ知らず、フレンチブルドッグなどの短頭種が無理やり走らされている姿を見たことがあります。気道症候群に掛かりやすい犬種ですから、激しい運動はNGのはず。おそらく飼い主さんにそういった知識がないためだと考えられますが、やはり犬種の特徴や生態くらいは知っておくべきでしょう。

また自転車の車輪やペダルにリードが絡まることも考えられますから、自転車でのお散歩は避けるべき、と思う派です。

スマホを見ながら散歩

四六時中スマホが手放せない人っていると思うのですが、せめて愛犬との散歩の時くらいスマホは家に置いていくべきかも知れませんね。
せっかく愛犬が楽しみにしている散歩ですし、飼い主さんが気もそぞろでは犬も楽しめないのでは?また視線が画面に集中するため、突発的な出来事に反応することができません。 スマホはポケットの中に入れて出かけてほしいと思います。

公園でのNGシーン

砂浜にいる柴犬

最後に公園でのNGシーンです。まず犬を散歩させても良い公園かどうか?しっかり確認してください。多くの町の公園では自治会が維持管理しています。自治会で「散歩NG」としているケースもあります。「公園での禁止事項」が書かれた看板もしっかりチェックするといいですね。

そして公園内でのブラッシングやトリミングは厳禁です。周囲の人たちが気持ちよく公園を使えるよう心掛けたいものです。 また子供が多くいる公園に入ることも避けるようにしましょう。子供は興味本位んで犬に寄って来ますから、思わぬ事故を避ける意味もあります。

犬と暮らすには一般社会に合わせる必要がある

節分の飾りと柴犬

犬と暮らすことが特別ではなく当たり前になっている社会だからこそ、周囲の人たちへの気遣いも求められます。犬が好きな人ばかりではありませんし、中には苦手な人だってたくさんいるはずです。
これから先、人と犬がもっと仲良く共生していけるために、当たり前のマナーを持つことが大切だと感じます。また犬が大好きな私たちも、もっと社会へ素敵な飼い主としてパフォーマンスできるようにしたいものですよね。

  • 更新日:

    2021.03.12

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 明石 則実
  • 動物ライター
  • フリーライターとして動物関連や歴史系記事の執筆を多数おこなう。柴犬と暮らす傍ら、趣味の旅行や城めぐりで愛犬と駆け回る週末。 愛犬家の皆さんにとって、お悩みを解決したり、有益な情報を発信することを心掛けています。