magazine

お出かけ先で3頭の秋田犬
お出かけ / 遊び

2021.02.11

愛犬と行きたい関東のドライブスポット10選|おすすめ観光施設と公園

週末や休日は、愛犬と一緒に少し遠くにお出かけしたいですよね。でも、犬連れだと行ける場所が限られている、愛犬と一緒に入れるのか不安、そう思って何となく諦めてしまっている方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は犬と一緒に行ける関東近郊のお出かけスポットをご紹介します。実は、関東は犬同伴可の公園や広いドッグランを備えた施設が集中しているエリアが豊富。ご紹介するスポットはすべて東京から車で2〜3時間で行けるところ。アクティブ派、のんびり派どちらにもオススメのスポットをご紹介するので、ぜひ好みを見つけてみてください。外出自粛でなかなか“密”なお出かけはできませんが、愛犬と行きたいところに目星を付けるのもお出かけ気分が味わえるのでオススメですよ!

Author :西村 百合子/ホリスティックケア・カウンセラー、愛玩動物救命士

アクティブ派に!おすすめ関東近郊ドライブスポット

犬が草原を思いっきり走っている様子

せっかくお出かけするのだから、思いっきり走らせてあげたい!犬と一緒にアトラクションを楽しみたい!そんなアクティブ派におすすめのスポットをご紹介します。

1.スノーシューからカヌーまで楽しめるFANTAIL(群馬県)

群馬県みなかみ町で春から秋はカヌー、トレッキング、冬にはスノーシューなどのアウトドアツアーを開催しているガイドです。冬の人気ツアーは、森や山などへ雪の中ハイキングに出かけるスノードッグツアー。雪大好きな犬たちが大喜びできる半日のロングツアーです。また、春から秋には、犬と一緒にカヌーで湖散歩が楽しめるわんこカヌーツアーを開催しています。

施設情報
  • 施設名:ネイチャーガイド・FANTAIL
  • 住所:群馬県利根郡みなかみ町藤原6154-39(洞元湖カヌーベース)
  • 電話番号: 0278-75-2960
  • 定休日:不定休

2.手ぶらで犬とSUP体験できる!Spaceアクティビティ那須(栃木県)

話題のdog Supに挑戦してみたい!そんな方におすすめしたいのが矢の目ダム湖でのガイド付きSUPツアー。グリーンシーズンのみの開催ですが、道具のレンタルから乗り方までをレクチャーしてくれるツアーです。湖では、犬好きのガイドが付き添ってくれるので初心者でも安心して楽しむことができます。

施設情報
  • 施設名:Spaceアクティビティ那須
  • 住所:栃木県那須郡那須町豊原乙 矢の目ダム湖
  • 電話番号:070-1569-0808
  • 受付時間:8:00~17:00
  • 定休日:不定休

3.広大な自然公園で好みのハイキングコースを選べる!秩父ミューズパーク(埼玉県)

東京ドーム約80個分という広大な秩父ミューズパークは、埼玉県北西部に位置する秩父市と小鹿野町にまたがる長尾根丘陵にある自然豊かなテーマパークです。おすすめは、3km~9kmまで好みの距離を選べるハイキング。消費カロリー別にハイキングコースが設定されているため、飼い主の体力に合わせてコースを選べるのも嬉しいところ。また、四季折々の花が咲く公園内には、レストラン・ショップなどの施設やテニスコート、フォレストアドベンチャー、ソト遊びの森と言ったスポーツアクティビティ施設などもあります。

施設情報
  • 施設名:秩父ミューズパーク
  • 住所:埼玉県秩父郡小鹿野町長留2518
  • 電話番号:0494-25-1315
  • 定休日:不定休

4.アトラクションを楽しむなら!那須ハイランドパーク(栃木県)

日本で唯一「わんこはかぞく」をテーマにしているドッグフレンドリーな遊園地が那須ハイランドパークです。犬と一緒に乗れるアトラクションは、観覧車、ティーカップ、カルーセル、ハローキティのポップンスマイルの4種類。観覧車以外は、体重30kgまでの犬が乗車できるアトラクションとなっています。また、ドッグランや室内にも入れるレストランなど、犬と一緒に1日楽しめる施設です。

施設情報

のんびりお散歩も!ドッグラン併設の関東近郊ドライブスポット

海辺でハンモックに乗る小型犬

犬と一緒にお出かけしていつもとは大自然の中でお散歩を楽しみたい!そう思う方も多いのではないでしょうか?ここでは、ドッグランも併設されているちょっと素敵なスポットをご紹介します。

5.1日では回りきれない広さ!国営昭和記念公園(東京都)

東京ドーム約40個分の広さを誇る東京都立川市と昭島市にまたがる国営公園で、昭和天皇在位50周年記念事業の一環として、立川基地跡地に整備された緑あふれる公園です。四季折々の花が咲く園内は、ドッグランをはじめ森や広大な芝生が広がる広場やバーベキューガーデンなどがあります。併設されているドッグランは、アジリティが設置されているアクティブエリアからのんびりできるくつろぎエリアまで、7つのエリアに分けられていることが特徴です。

施設情報
  • 施設名:国営昭和記念公園
  • 住所:東京都立川市緑町3173
  • 電話番号:042-528-1751
  • 営業時間:8:30~16:30(時期により変動の可能性あり)
  • 定休日:不定休

6.家族で楽しめる!那須千本松牧場(群馬県)

ドッグフレンドリーな牧場として知られる那須千本松牧場は、100年以上の歴史ある牧場です。東京ドーム178個分の広大な牧場には、500頭の乳牛がいる放牧場の他に、バーベキュー施設や天然露天風呂、レストランなどの施設が充実。季節の花が咲く園内では、リードをつけてのお散歩もOK。併設されている全面天然芝のドッグパークは1200平米以上の広さで、アジリティも楽しめます。また、和食が楽しめる食事処「もみじ亭」とグリル&カフェ「ミレピーニランチョ」は、犬と一緒に利用できます。

施設情報
  • 施設名:那須千本松牧場
  • 住所:栃木県那須塩原市千本松799
  • 電話番号:0120-36-1025
  • 営業時間:9:00~18:00
  • 定休日:年中無休

7.イルカに間近で会える!京急油壺マリンパーク(神奈川県)

日本で唯一、ドッグランを併設している水族館が京急油壺マリンパークです。リードをつけていれば、室内の展示施設や屋内大海洋劇場ファンタジアムにも入場可能です。特筆すべきは、犬が大好きなイルカのジャンボ君とのご対面。イルカプールには、犬の目線でプール内を覗ける窓があり、ジャンボ君は犬が近づくとご挨拶しに潜ってきてくれます。また、大海洋劇場ファンタジアでは、2階席から犬と一緒にアシカのショーを観覧することも可能。初めて見る大型の海洋生物に犬たちは大興奮間違いなしの施設です。

施設情報
  • 施設名:京急油壺マリンパーク
  • 住所:神奈川県三浦市三崎町小網代1082
  • 電話番号:046-880-0152
  • 営業時間:9:00-16:30
  • 定休日:臨時休館有り

8.雄大なパノラマを眺めながらピクニックが楽しめる!富士芦ノ湖パノラマパーク(神奈川県)

箱根の隠れたスポットがこの富士芦ノ湖パノラマパークです。雄大な富士山と眼下に広がる芦ノ湖を一望できる80,000平米の芝生広場は開放感たっぷり。リードをつけていれば、広い芝生広場でピクニック気分を満喫できます。また、ドッグランが併設されているので、オフリードで遊びたい時は自由にドッグランに出入りすることも可能。1日のんびり過ごすには最適な公園です。

施設情報
  • 施設名:富士芦ノ湖パノラマパーク
  • 住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根139
  • 電話番号:0460-83-1151
  • 営業時間:9:00-17:00
  • 定休日:不定休

9.のんびりとした時間が流れるレイクウッドリゾート(栃木県)

日光にほど近い鹿沼市を流れる清流・大芦川のたもとにあるレイクウッドリゾート。「風光明媚でのんびりとリラックスできる場所」をコンセプトに手作りされた園内には、カフェ、ドッグパーク、広大な釣り場、バーベキュー施設、ツリーハウスがあります。水と緑に囲まれたドッグパークには、ミニアスレチックや水遊び用の池もあり、のんびりとしたひと時を過ごすことができます。

施設情報
  • 施設名:レイクウッドリゾート
  • 住所:栃木県鹿沼市引田1872
  • 電話番号:0289-66-7333
  • 営業時間:9:30-17:00(冬季変更の可能性有り)
  • 定休日:月曜定休

10.雨の日だって楽しめる!大多喜ハーブガーデン(千葉県)

ラベンダー、ローズマリーをはじめバジルやカモミールなど200種類以上のハーブが栽培されている4500平米を超えるガラスの大温室の中を犬と一緒に散歩できることが特徴の大多喜ハーブガーデン。外庭には、小・中型犬、大型犬とエリア分けされたドッグランが併設されています。ハーブのやさしい香りは、犬にとっても癒し。また、温室内のレストランはテラス席なら犬も同伴可能です。

施設情報
  • 施設名:大多喜ハーブガーデン
  • 住所:千葉県夷隅郡大多喜町小土呂2423
  • 電話番号:0470-82-5331
  • 営業時間:10:00 ~ 17:00
  • 定休日:火曜定休

愛犬とのドライブで気分転換を!

子供と犬が寄り添ってお出かけの準備をしている

今回は、都内から日帰りできるおすすめスポットをアクティブ派、のんびり派に分けてご紹介しました。関東には、ドッグランをメインとした施設はたくさんありますが、ご紹介したスポットは、犬専用の施設というよりもドッグフレンドリーな一般の施設です。最近では、残念ながら犬の飼い主のマナーの悪さから入場不可とされる公園や施設が増えてきています。ぜひ、マナーとルールを守って、犬とのお出かけを楽しんでくださいね。

  • 更新日:

    2021.02.11

この記事をシェアする
ライター・専門家プロフィール
  • 西村 百合子
  • ホリスティックケアカウンセラー、愛玩動物救命士
  • ゴールデンレトリバーと暮らして20年以上。今は3代目ディロンと海・湖でSUP、ウインドサーフィンを楽しむ日々を過ごす。初代の愛犬が心臓病を患ったことをきっかけに、ホリスティックケア・カウンセラーの資格を取得。 現在、愛犬のためにハーブ療法・東洋医学などを学んでおり、2014年よりその知識を広めるべく執筆活動を開始。記事を書く上で大切にしていることは常に犬目線を主軸を置き、「正しい」だけでなく「犬オーナーが納得して使える」知識を届ける、ということ。