magazine

草原でお尻を上げて走る犬
犬の生態 / 気持ち
鉛筆アイコン

2021.02.23

【獣医師監修】犬がお尻を振るのは愛情表現?注意すべき病気の可能性も解説!

犬がお尻を振っていたり、飼い主にくっつけてきたりした際に「これってどういう心理?」と疑問に思うことはないでしょうか?

これらの行動は、お尻を使った愛情表現とも受けとれますが、実は病気の症状を訴えている可能性もあるのです。

本記事では、犬のお尻に関する愛情表現と、病気の可能性についてを解説していきます。犬のお尻が示すサインを見逃さないようにしましょう。

監修:葛野 莉奈/獣医師、かどのペットクリニック 院長(文:後藤 俊)

犬がお尻を使ってする愛情表現って?

コーギーがお尻を上に向けている

犬は飼い主や他の犬に対して、おしりを使った愛情表現をすることがあります。ここでは、それぞれの仕草に合わせた意味を紹介していきます。

おしりを振るのは嬉しいから

よく「しっぽを振っているのは嬉しい証拠」と言われたりもしますが、お尻を高く上げて振るのも「嬉しい」という感情表現のひとつです。

餌を食べているときや、飼い主さんと遊んでいるときにお尻を振っていたら、喜びを感じているのだと理解してあげましょう。

警戒している場合もお尻を振る

お尻を振っているからといって、必ず喜んでいるとも限りません。犬は警戒を示す際にもお尻を振ることがあるからです。 知らない人や他の犬がいる場所でお尻を振っている場合、「もしかしたら警戒しているかも」と感じることも大切です。

警戒の際には耳を立てていることも多いので、お尻と一緒に観察しておきましょう。

犬同士でお尻を嗅ぎ合うのはコミュニケーション

他の犬とお尻のニオイを嗅ぎ合っている場合は、コミュニケーションをとっているだけです。肛門にある「肛門腺」は、犬によってニオイが異なります。そのため、相手のことを知るためにニオイを嗅いでいるのです。

汚いと思ってすぐに引き離したりせず、犬にとっての挨拶のようなものだということを理解しておきましょう。

お尻をくっつけてくるのは信頼の証

犬がお尻をくっつけてくる場合に注目すべきなのは、「背中を向けている」という状況です。犬が背中を向けてくれるということは、「飼い主を信頼している」ということになります。

犬にとって、下半身は本能的に警戒を示す部分です。ある意味弱点ともいえる背中やお尻をくっつけてくるという状況は、信頼関係が築けている証拠なので、飼い主として素直に喜びましょう。

犬がお尻を気にするのは病気のサインかも?

お尻をついて振り返る犬

犬のお尻に関して不審な行動が見られたら、病気を疑ってみるのも大切です。以下の行動に当てはまっていたら注意しましょう。

注意したい行動

  • お尻を壁や地面に擦りつける
  • お尻を噛もうとする
  • お尻を舐める
  • お尻歩きをする
  • お尻にできものがある
  • お尻を触ると怒る

これらの行動がどんな病気に発展する恐れがあるのかを解説していきます。

肛門のう炎

肛門のう炎とは、犬がマーキングのため使う分泌液を蓄えている「肛門のう」という部分に炎症が起きる病気です。痒みや痛みが伴うため、お尻を舐めたり擦ったりするようになります。

放っておくと肛門のうが破裂し、皮膚に穴が空くこともあるので、注意が必要です。

肛門のケア

肛門のう炎の予防には、月に1回程度「肛門腺絞り」をしてあげるといいでしょう。肛門腺絞りとは、犬の肛門腺から分泌液を絞り出す方法です。年齢と共に分泌液が溜まりやすくなっていくので、定期的なケアが必要です。難しかったら動物病院やトリミングサロンで絞ってもらいましょう。

この記事もチェック!

股関節形成不全

股関節形成不全とは、成長の過程で股関節に異常が起き、関節が上手くかみ合わなくなってしまう病気です。原因は遺伝に関係していることが多く、子犬と成犬のどちらでも発症します。

中でも大型犬が発症しやすいとされており、おしり振って歩くような行動が見られたら注意が必要です。

皮膚炎

犬がお尻を気にしている場合、肛門近くの皮膚で炎症が起き、痒みや痛みを感じている可能性も考えられます。皮膚炎の原因は、主に以下の通りです。

・アレルギー性
・アトピー性
・脂漏性

皮膚が赤くなっていたり、脱毛のような症状が見られたら、その原因を突き止めて正しい処置をする必要があります。市販の薬だけで治そうとせず、動物病院へ連れて行ってあげるようにしましょう。

愛情表現と病気以外の可能性は?

犬のお尻と尻尾

犬のお尻に関する愛情表現や病気についてお伝えしてきましたが、これら以外の理由について解説していきます。

ただの習性かも?

犬がお尻を気にするのは、ただの習性という場合もあります。お尻についたウンチや汚れを、自分で綺麗にしようとしているということです。その際は、お尻を代わりに拭いてあげるなど、清掃の補助をしてあげるといいでしょう。

トリミングによるバリカン負け

犬がトリミングをした直後にお尻を気にしているようであれば、原因はバリカン負けかもしれません。痒みや赤みが出ているようであれば、犬用の軟膏を塗ってあげることで改善します。あまりにも治らない場合は、動物病院へ受診しましょう。

バリカン負けを防ぐためには、プロのトリマーにトリミングを任せるのが安心です。

犬の心と体の状態がお尻で分かる!

歩く犬と飼い主さんの後ろ姿

犬は飼い主への愛情をお尻で表わすことがあります。お尻に注目し、安心や信頼のサインを見逃さずに、コミュニケーションを深めていってください。

また、お尻を気にしていたり、痒がっている行動が見れられる場合は、病気を発症している可能性も考えられます。お尻付近に異常がないかを確認し、異常があればすぐに動物病院へ連れて行くようにしましょう。犬のお尻から、心と体の状態を感じ取れるよう意識してみてください。

  • 更新日:

    2021.02.23

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 葛野 莉奈
  • 獣医師、かどのペットクリニック 院長
  • 麻布大学卒。2015年より神奈川県内にてかどのペットクリニックを開業。ながたの皮膚科塾を卒業し、普段の診療でも皮膚科には力を入れております。 私生活では犬8頭と猫2匹と生活しているので、一飼い主として、そして獣医師として飼い主さんと動物たちとの生活がよりよくなることに少しでも貢献できると嬉しいです。