magazine

健康管理 / 病気

2021.02.19

犬のオンライン診察を上手に利用しよう!利用方法から料金目安まで

新型コロナウイルスの感染を懸念して、患者同士やスタッフとの接触をなるべく避けるために、オンライン診療を始めた動物病院が徐々に増えてきています。自宅で愛犬の診察をしてもらえるオンライン診療は、上手に利用することで愛犬の負担やストレスを軽減させてあげられます。 オンライン診療を受けてみたいけど、オンライン診療で相談できることや利用の仕方がわからないという方のために、この記事では、オンライン診療で行えること、メリット・デメリット、利用方法、料金の目安をご紹介します。

Author :監修:葛野 莉奈/獣医師、かどのペットクリニック 院長(文:新井 絵美子/動物ライター)

オンライン診療とは

犬 オンライン診療

犬のオンライン診療とは、スマホやPC、タブレット端末を利用して、オンラインのビデオ通話で獣医師が愛犬の診療をすることです。診察日の予約から診察・薬の処方(再診の場合)・決済までがオンラインでできます。
そんなオンライン診療では、どのようなことが行えるのかをさっそく見ていきましょう。

オンライン診療で行えること

オンライン診療では、愛犬の病状や病因を探る「診察」をしてもらえます。飼い主からの問診、およびビデオ通話ごしの愛犬の視診により獣医師が診察します。血液検査やレントゲンなどをしないと診断が下せない場合は、後日通院する必要があり、診断結果に応じて治療をしていきます。

なお、オンライン診療、および薬の処方を受け付けているのは再診のみであることが多いです。オンライン診療におけるルールは病院ごとに異なるので、ご希望の場合はまず電話にてどのようにしたらよいのか確認することをお勧めします。

オンライン相談も可能

オンライン診療では、愛犬に関する以下のような相談をすることも可能です。

セカンドオピニオン

例えば、治療をしても愛犬の病気がなかなか治らない場合や、命に関わるような大きな病気をして、治療方針が愛犬に適しているのか不安なとき、最適な治療方法を確認するのにセカンドオピニオンが大いに参考になります。

セカンドオピニオンは、自宅の近くの動物病院で受ける必要はないため、愛犬の病気に精通した遠方の専門医などからオンラインでセカンドオピニオンを受けることも可能です。

その際に、どんな病気と診断され、どんな治療をしてきたか、投薬している薬の名前などを含め、あらかじめ時系列でまとめておくと話をする際にスムーズで良いでしょう。

しつけの相談

ビデオ通話を通して愛犬の行動を獣医師に確認してもらい、しつけのアドバイスをしてもらうこともできます。愛犬の問題行動に対しての接し方や、飼育環境で見直したほうがよいところなどを指導してくれるので、問題行動の改善に役立ちます。

健康管理の相談

愛犬の食事内容やダイエット計画、お手入れのやり方など、健康管理に関することも相談できます。

犬のオンライン診療のメリット・デメリット

犬 オンライン診療

オンライン診療は、メリットとデメリットがあるので、それを踏まえたうえで上手に利用することをおすすめします。

オンライン診療のメリット

まずは、オンライン診療のメリットから見ていきます。

待ち時間がかからない

オンライン診療は、予約した時間になったらビデオ通話で診察が始まるので、待ち時間がかからないのがメリットです。診察や会計までの待ち時間が長いと、特に高齢犬や持病を持っている犬などは、体に負担となってしまいます。また、動物病院が嫌いな犬はナーバスな状態になりがちで、そんな状態で他の犬がいる待合室にずっといるのはストレスです。
オンラン診療であればこのようなことがないので、待ち時間による負担やストレスを解消できます。

移動による負担の軽減

持病や加齢により歩行が困難な大型犬にとっては、動物病院までの移動も大きな負担がかかります。特に、頻繁に通院が必要な場合は、なおさら負担が大きくなり、犬自身だけでなく飼い主さんも大変です。このような移動による負担が大幅に軽減できるのも、オンライン診療のメリットです。

オンライン診療のデメリット

オンライン診療には、以下のようなデメリットがあります。

診断を下せないこともある

オンライン診療では触診や聴診による診察をはじめ、血液検査や病理検査などもできません。そのため、診察をしても病因が特定できず、通院が必要になるケースも少なくありません。
対面診療であればその日のうちに診断が下せることも、オンライン診療だと病因が判明するまでに時間を要してしまう場合があります。

犬のオンライン診療の利用方法・料金

犬 オンライン診療

オンライン診療の利用方法はいたって簡単です。料金の目安と併せて解説していきます。

オンライン診療の利用方法

テレビ会議ミーティングアプリのZoomや、オンライン診療用のシステムを利用して、獣医師と飼い主さんをつなげることが一般的です。 病院によってシステムは異なり、使用するシステムによって予約時間へのアクセス方法も異なります。診察日を予約したときに利用手順の案内をしてくれると思います。ご不安な方は予約時など手順や操作方法について確認してみてくださいね。

  1. ネット、もしくは電話で診察日時を予約する
  2. Zoomなど指定されたオンライン診療用のシステムをインストールしておく
  3. 予約時間に指定された方法で使用するシステムにログインする

オンライン診療の料金の目安

オンライン診療の料金は、内容にもより、そして動物病院によってさまざまです。2千円程度から1万円程度まで幅があります。オンラインといえど診療には変わりありません。 ご不安な場合、事前に確認しておくとよいでしょう。

愛犬の診察や相談を気軽にできるオンライン診療

犬 オンライン診療

オンライン診療は、待ち時間や移動の負担がなく、自宅で愛犬がリラックスした状態で診察をしてもらえます。また、しつけや健康相談などを気軽にできるものメリットです。 オンライン診療を行っている動物病院は増えつつありながらも、まだそこまで多くはありません。しかし、より便利で安心して活用できるように改善されながら、今後ますます広がっていくと予測されています。対面診療と併用して上手にオンライン診療も利用していきたいですね。

  • 更新日:

    2021.02.19

この記事をシェアする
ライター・専門家プロフィール
  • 葛野 莉奈
  • 獣医師、かどのペットクリニック 院長
  • 麻布大学卒。2015年より神奈川県内にてかどのペットクリニックを開業。ながたの皮膚科塾を卒業し、普段の診療でも皮膚科には力を入れております。 私生活では犬8頭と猫2匹と生活しているので、一飼い主として、そして獣医師として飼い主さんと動物たちとの生活がよりよくなることに少しでも貢献できると嬉しいです。