magazine

犬にまつわる雑学

2021.02.24

たぬきと犬って実は似てる?山で拾った犬が実は・・・

たぬきと犬ってどこか似ているかも、と思ったことがある方も多いのではないでしょうか?それもそのはず。実は、たぬきも犬も同じイヌ科の動物なんです。たぬきは都市部にも生息し、時折人間の前に姿を見せることから、犬と同様に人間に身近な存在として、昔から親しまれてきました。なかには、ペットとしてたぬきを飼っている人もいます。今回は、たぬきと犬の共通点や、似ているようで少し違う点を紹介します。

みゆき/ライター

たぬきは犬科の哺乳類

たぬき 犬

たぬきはイヌ科の哺乳類ですが、どんな特徴があるのでしょうか?ここでは、まずたぬきの生態について紹介していきます。

たぬきの生態

たぬきはイヌ科の哺乳類で、しっぽは太くて短く、背中に十文字上の黒い毛があるのが特徴です。

日本や中国、朝鮮半島、アムールに生息し、日本では北海道や本州、四国の山や岩穴などに住んでいますが、人家や都会でも見かけられ、犬やアナグマと間違われることも多い動物です。 雑食性なので、夜になると小動物や果物を食べています。
たぬきは日本の昔話に出てきたりアニメやグッズのキャラクターに登場したりと、昔から日本になじみ深い動物として親しまれています。

一方でえさを求めて山から降り、人家にやってきてニュースになったり、人が夜に外を歩いていたらたぬきに遭遇して驚いたという目撃例もよくある話です。
しかしタヌキは臆病で攻撃性は低く、イヌ科の中では比較的おとなしい性格の動物であるといえます。

たぬきは溜めフンをする

タヌキは同じ場所にフンをする習性があります。タヌキのフンは独特のにおいがあり、大きなものでは直径1mくらいにもなります。
また、行動範囲の中で複数箇所にトイレを持ち、ほかのたぬきとトイレを共有していることもあります。共有トイレには多くのたぬきがフンをするため、フンが高く積みあがるケースもあります。

タヌキ寝入りは臆病さゆえの行動

「タヌキ寝入り」といった言葉は江戸時代からある言葉で、眠っていないのに寝たふりをするタヌキが人をだましていると思われたことが語源になっています。

しかし、実はタヌキは人をだますようなずる賢い動物ではなく、あまりにも臆病な性格ゆえの行動となります。

タヌキは大きな音でも強く驚いて気絶してしまうほど、臆病で繊細な性格をしています。そのため、猟師が打った鉄砲の音に驚いて気絶している様子を「意図的に死んだふりをしている」と人間に勘違いされたようです。

タヌキは車のクラクションにも驚いて気絶してしまうため、道路で倒れてしまうとそのまま車にひかれてしまうという悲しい事故も起こっています。

たぬきと犬の共通点と違い

たぬき 犬

たぬきと犬は、その姿がよく似ているといわれます。そのため、夜に通り過ぎた動物を犬だと思っていたら実はたぬきだったというケースは少なくありません。
また短毛の赤ちゃんたぬきは子犬のように見えるため、「子犬だと思って拾って飼っていたら実はたぬきだった」ことが判明することもあります。
ここでは、犬とたぬきの共通点や違いを解説します。

たぬきと犬の共通点

たぬきと犬の共通点として、まずどちらもイヌ科であることが挙げられます。

たぬきとよく混同されるアライグマはアライグマ科、レッサーパンダはレッサーパンダ科なので生物学上の分類はたぬきと異なります。 また、たぬきは見た目や大きさもよく似ていて、特に柴犬などは「たぬき顔」「きつね顔」といった分類で愛犬家の人たちから顔立ちを分類されていることもあります。

たぬきは雑食性ですが、肉食の犬も雑食性に傾いていることから食べるものも共通している部分があります。

たぬきと犬の違い

犬は昔から人間と共存してきた歴史があるためよく懐きますが、たぬきはとても臆病な性格なこともあり犬のように人には懐きません。

肉食の犬は本能的に闘争心が強く自分で狩りをするケースも多いですが、臆病なたぬきは攻撃性も低く、小動物を食べることはあっても自分と同じくらいの大きさの動物を狩ることはありません。

また、犬はよく吠えますが、たぬきは鳴き声を上げない点にも違いがあります。たぬきは自分の身を守ろうと威嚇したり争うときに鳴くともいわれることがありますが、めったに鳴き声を聞くことはありません。

もう一ひとつの違いとしては、たぬきは群れで行動せず単独で行動するという点です。たぬきは犬のように群れや序列を作らず、比較的単独で過ごすことが多いのが特徴です。

ツイッターでは犬とたぬきを間違えるおじいちゃんが話題に

たぬき 犬

ツイッターでは、おじいちゃんが「山で犬を拾った」と言って連れて帰ってきた動物が、どう見てもたぬきだということで話題になったことがあります。

ツイッターの反応では、「何度見ても笑える」「ばっちりカメラ目線」「たしかにイヌ科ではある」「ドラえもんが猫だと言い張るのと同じ」と盛り上がっています。目がクリクリしているところや、ツンとした鼻、耳の形などを見ると、やはりおじいちゃんが間違えるほどたぬきと犬は似ているのでしょう。

たぬきと犬はよく似ているけど違いも多い

たぬき 犬

どちらも昔から人々に親しまれてきたたぬきと犬は、たくさんの共通点があるため、よく間違われるケースも多くなっています。 ところが実際は生態や鳴き声、性格、行動などでやっぱりさまざまな違いがありますね。たぬきは野生動物のためペットとして飼う分には向いていませんが、うまく人と共存していけたら良いですね。

  • 更新日:

    2021.02.24

この記事をシェアする
ライター・専門家プロフィール
  • みゆき
  • ドッグライター
  • 元気いっぱいのブルテリアとともに育ちました。犬の気持ちを理解し、もっと深くコミュニケーションが取れるヒントになる記事を発信していきたいです!