magazine

抱っこされているビションフリーゼ
お出かけ / 遊び

2021.02.24

東北エリアにお出かけするなら覗いてみて!

ビションフリーゼオーナー推奨!実際に行ってよかった犬連れスポット10選

ビションフリーゼのココメロを迎えてからは、ココメロも楽しめる場所かどうかを基準にしてお出かけ先を選ぶようになりました。この記事では、そんなココメロファーストな我が家がもう一度訪れたい!と思う犬連れスポットを厳選しました。東北南部に住んでいるので場所が偏っていますが、近くにきた際にはぜひ訪れてみてくださいね。

Author :関 ゆりな/ドッグライター

行ってよかったペット同伴OKのカフェ

まずはココメロも美味しい思いができて、また行きたいと感じたペット同伴OKのカフェを紹介します。

1.パンケーキカフェ CANDY-DO/福島県

パンケーキとビションフリーゼ

福島県福島市にあるパンケーキ専門店の「CANDY-DO」笹谷店は、テラス席で一緒にパンケーキを楽しめます。甘いパンケーキから食事系のパンケーキなどバリエーションも豊富です。

パンケーキがとても分厚くて、ボリューミーなので食べ切れないかも…と心配していましたが、パンケーキが口の中でシュワシュワー溶けて行くような不思議な食感でとてもお美味しく、なんの問題もなく完食できました。残念ながらわんこメニューはありませんが、トッピングのフルーツをお裾分けし他ので、ココメロも終始ご機嫌でした。

施設情報
  • 施設名:パンケーキカフェ CANDY-DO
  • 住所:福島県福島市笹谷字稲場28-4
  • 電話番号:024-573-8021
  • 営業時間:平日11:00-16:00、土日祝11:00-17:00
  • 定休日:不定休

2.フルーツピークス/福島県

パフェとビションフリーゼ

フルーツタルトで有名なフルーツピークスは、テラス席で一緒に食事を楽しめます。パスタなどのランチメニューもありますが、季節限定の贅沢なフルーツパフェが最高に美味しいんです!わんこ用メニューはありませんが、フルーツ系のスイーツがいっぱいあるので、ココメロにはフルーツをお裾分けしました。

施設情報
  • 施設名:フルーツピークス本店
  • 住所:福島県郡山市八山田5丁目405
  • 電話番号:024-932-0251
  • 営業時間:テイクアウト10:00-20:00、カフェ11:00-18:00
  • 定休日:不定休

3.リビングストンカフェ/栃木県

ドッグカフェの真っ赤な椅子に座るビションフリーゼ

栃木県那須町にあるリビングストンカフェは、おしゃれな店内で一緒にご飯を食べれます。ディズニー映画「リメンバーミー」を連想させるメキシコのサンタフェをイメージされた店内は、インスタ映え!わんこメニューはありませんが、ココメロ用の水皿を出してくださり、暑い時期に行ったので氷を入れてくれました。

このカフェは、お土産屋さんなどが立ち並ぶ那須リゾートショッピングパーク661stの中にあったのですが、ペットOKの看板がでているお店も多くお腹を満たした後にショッピングもココメロと一緒に楽しめました。

施設情報
  • 施設名:リビングストンカフェ
  • 住所:栃木県那須塩原市高砂町6-21
  • 電話番号:0287-63-8025
  • 営業時間:11:00~
  • 定休日:不定休

4.ドッグカフェ&ガーデン ラリュール/栃木県

ドッグカフェでご飯をもらうビションフリーゼ

栃木県那須町にあるドッグカフェ&ガーデン ラリュールは、ドッグランも併設されたドッグカフェで店内でお食事できます。ドッグランは利用しませんでしたが、小型犬専用と500坪の広いドッグランがあるようです。

わんこ用メニューがあって、ココメロはワンプレートを注文。プラスチックの小さなスプーンとフォークがついてきて、テーブルの上であげられるのが嬉しかったです。スタッフの方がとてもフレンドリーで、ココメロをたくさんなでなでしてくれて、ココメロもご満悦でした。

施設情報

行ってよかったドッグラン

ココメロは、犬見知りが激しくドッグランに行ってもクン活専門なので、最近はあまりドッグランに行ってないのですが、子犬の頃によく行っていたドッグランを紹介します。

5.那須ガーデンアウトレット/栃木県

那須ガーデンアウトレットにいるビションフリーゼ

ドッグフレンドリーな栃木県那須塩原市にある那須ガーデンアウトレット内のドッグランは、アウトレットを訪れる度に利用しています。イオンペットのペットショップに併設されているドッグランで、広い人工芝エリアと天然芝エリア、ウッドチップエリアの3エリアに分かれています。

使用料は1,000円で、一旦料金を払えば一日中出入り可能なので、飼い主のショッピングに飽きた頃を見計って何度もイン。1エリアごとに広さがあるので、ビビリで他の犬が怖いココメロものんびりクン活を楽しんでいました。

施設情報
  • 施設名:那須ガーデンアウトレット
  • 住所:栃木県那須塩原市塩野崎184-7(旧黒磯市塩野崎184-7)
  • 電話番号:0287-65-4999
  • 営業時間:10:00〜19:00
  • 定休日:不定休

6.わんわんランドひわだ/福島県

わんわんランドひわだで走るビションフリーゼ

福島県郡山市にあるわんわんランドひわだは、広さ1980㎡の広いドッグランです。小型犬と大型犬エリアに分けられていて、イスやブランコなど飼い主が休憩できる場所も多いあるので、いつも座ってココメロのクン活を観察しています。
いつ行ってもわんこがいっぱいいますが、それでもココメロを走らせるために飼い主が走れるくらい広く、ココメロにもストレスが少ないようです。

高台にあって見晴らしもよく私もリフレッシュできます。一回500円とリーズナブルで、5回目と10回目が無料になるポイントカードもあり、お得にドッグランを楽しめますよ。

施設情報
  • 施設名:わんわんランドひわだ
  • 住所:福島県郡山市日和田町道場150
  • 電話番号:090-2025-5885
  • 営業時間:9:30~日没まで
  • 定休日:悪天候時・年末年始

7.ドッグラン&トリミング VICTORY/山形県

ドッグラン&トリミング VICTORYで遊ぶビションフリーゼ

山形県米沢市にあるドッグラン&トリミング VICTORYは、屋外と室内にドッグランがあります。料金は1回700円で、広々な大型犬エリアと小さめの小型犬エリアに分かれています。利用したことはないですが、ドッグカフェもあります。芝ではなく自然な感じの草が生えていて、ココメロは気に入ったみたいです。

また、室内にもドッグランがあるので雪が積もった日に暖房の効いた室内で遊ぶことができました。東北の冬は雪がたくさん積もって散歩にいけないことも多いので、室内ドッグランは重宝しますね。

施設情報

行ってよかったペット同伴OKのホテル

行ってよかったペットフレンドリーなホテルを紹介していきます。

8.HAKODATE 男爵倶楽部 HOTEL & RESORTS/北海道

カフェでまったりするビションフリーゼ

北海道函館市にあるHAKODATE 男爵倶楽部は、函館駅から徒歩3分、函館朝市もすぐ裏と立地最高の場所にあります。愛犬連れの場合は、2階のドッグフレンドリーツインに案内されるのですが、広々としたお部屋で感動しました。さらに簡易的ではなく普通のキッチンがついていて調理できるので、ココメロ用のお肉を焼いて与えることもできました。

ペット宿泊料4,400円と少し高めですが、ペットアメニティも充実していて、ウェルカムおやつを貰えたり、ホテルの方のココメロへの対応がとても良かったのでまた泊まりにいきたいですね。

施設情報

9.エンゼルフォレスト那須白河/福島県

わんこ用のビュッフェ

福島県岩瀬郡天栄村にあるエンゼルフォレスト那須白河は、ドッグランや犬用の温泉があるなどドッグフレンドリーな宿泊施設です。プライベートドッグラン付きのコテージは、3部屋もあってとても広くココメロは走り回っていました。ドッグランも複数ありますが、緑豊かな散歩道も多いので一緒にたくさん散策しました。

ここの良いところはなんと行ってもわんこ用のビュッフェがあること!ココメロファーストの我が家には、とても嬉しいサービスで食いしん坊のココメロも大興奮でした。ただ、部屋の中にカメムシが何匹も出たのには参りましたね。自然豊かな中にあるからしょうがないのかな…。

施設情報

番外編!行ってみたいドッグカフェ

最後に番外編として絶対に行くぞ!と決めているドッグカフェを紹介します。

10.withDOG/宮城県

宮城県仙台市にあるwithDOGは、看板犬と遊ぶことも可能なドッグカフェです。かわいい看板犬が6匹いるのですが、なんとビションが2匹もいるんです!
田舎に住んでるから他のビションとの交流があまりないので、会いにいきたいんですよね。犬見知りなココメロももしかしたら、同じ外見の子たちには心開くかもしれないじゃないですか…。(淡い期待)

キュートな看板犬がいるだけでなくわんこメニューも充実したドッグカフェと室内ドッグランもあるようです。コロナが落ち着いたら絶対遊びに行くぞ!

施設情報
  • 施設名:withDOG
  • 住所:栃木県那須町高久甲5801-6
  • 電話番号:022-342-0510
  • 営業時間:11:00-17:00
  • 定休日:年末年始

また一緒に行きたいお気に入りの場所たち

笑顔のビションフリーゼ

素敵な場所は、何度でもリピートしたくなりますね。コロナの流行で自由にお出かけできず、訪れてからかなり時間が立っている場所ばかりで、書きながらまた訪れたい気持ちがさらに大きくなりました。ココメロと飼い主のお気に入りの場所が気になった方は、ぜひ一度訪れてみてくださいね。

  • 更新日:

    2021.02.24

この記事をシェアする
ライター・専門家プロフィール
  • 関 ゆりな
  • ドッグライター
  • ビションフリーゼのココメロとのんびり暮らすフリーランスライター。ココメロの健康のため栄養満点の手作り食を作るべく、栄養学について勉強中。 長年犬を飼ってきた経験を元に、愛犬との生活がより充実できるような、愛犬家の皆様のためになる情報発信を目指します。