magazine

グッズ
鉛筆アイコン

2021.03.07

磨きやすい犬用歯ブラシ10選!柔らかブラシ・360度ブラシ・指サックタイプ【獣医師監修】

犬のデンタルケア用品には歯みがきガムやおもちゃなど様々なグッズがありますが、歯の表面に付着した汚れや歯垢を落とすには、歯ブラシを使った歯みがきが最も効果的です。
ここでは、柔らかくて磨きやすい歯ブラシやヘッドの部分が360度全て毛の歯ブラシ、指サックタイプの歯ブラシをご紹介します。

監修:加藤 みゆき/獣医師(文:江野 友紀/認定動物看護士)

磨きやすい犬用歯ブラシ【柔らかタイプ】おすすめ4選

犬 歯ブラシ

歯ブラシの毛が硬いと歯茎を傷つけたり、痛みを感じて歯みがきを嫌がるようになってしまうことがあります。ブラシが柔らかく、磨きやすい歯ブラシを4つご紹介します。

お口に入れやすく、磨きやすいと評判

「マインドアップ 犬口ケア 歯ブラシ ソフト スモール」は、柄の部分が細くてお口に入れやすい歯ブラシです。ブラシ部は柄に対して15°傾斜しているので磨きやすく、初めて歯ブラシを使用する飼い主さんにもおすすめです。

2種類の超柔らか歯ブラシで汚れを落とす

「メイドオブオーガニクス フォードッグ  超やわらか歯ブラシ Sサイズ」は超極細毛を採用しており、気持ちよく歯の表面と歯間の汚れを落とし、歯茎のマッサージ効果も得られます。

天然毛を使用した心地よい歯ブラシ

「柔らかい天然毛歯ブラシ ミガケンデ」は、獣医師と共同開発され、創業70余年の職人技で1つ1つ丁寧に植毛されたヤギの天然毛歯ブラシです。高級な化粧筆にも使われている極細の天然毛を使用し、万が一飲み込んだ場合でも安心です。

ダブル植毛で効率よくきれいに

「C.E.T.Rデンタルブラシ ペリエイドデンタルブラシ」は、極細毛とフラット毛が植毛された、コンパクトヘッドの歯ブラシです。極細毛が歯周ポケットの歯垢をかき出し、フラット毛が歯の表面の歯垢を除去します。グリップが握りやすく、歯の裏側や奥歯まで届きやすくなっています。

磨きやすい犬用歯ブラシ【360度自由自在に磨ける】おすすめ3選

犬 歯ブラシ

ヘッドの部分が360度全て毛の歯ブラシなら、どの向きで使用しても必ず歯にブラシが当たり、効率よく磨くことができます。おすすめの360度歯ブラシを3つご紹介します。

ペット用の歯ブラシ業界No,1

「シグワン 360度歯ブラシ」は、業界最細0.05mmの超極細の柔らか毛を全周に採用し、愛犬を優しくマッサージします。約2~3万本ものブラシで歯と歯の間や、奥歯の汚れをしっかりかき出します。

歯科医師が監修

「オーラルワン ワンキャッチ ペット専用歯垢吸着歯ブラシ」は、歯垢除去能力が高い歯ブラシを研究している歯科医師が監修した歯ブラシです。毛数は一般的な歯ブラシの約20倍で、毛細管現象で毛束の中に歯垢をごっそり吸着します。

ミルク配合で愛犬が喜ぶ歯ブラシ

「ミルクわん歯ブラシ」は、軟質樹脂毛と抗菌セラミックス配合の特殊ナイロン毛(0.09mm)を交互に配置した360度歯ブラシです。ミルクを配合しているので唾液が出やすく、歯みがきタイムが楽しくなります。

磨きやすい犬用歯ブラシ【指サックタイプ】おすすめ3選

犬 歯ブラシ

指にはめる指サックタイプの歯ブラシは、まるで指で磨いているような、犬が嫌がりにくい歯ブラシです。指サックタイプのおすすめ歯ブラシを3つご紹介します。

柔らかいシリコン製ブラシ

「ペット用指ブラシ シリコン製」は、ブラシ部分が柔らかシリコン製素材なので、歯磨きの苦手な子にもおすすめです。耐熱性なので、使用後は熱湯消毒で繰り返し衛生的に安心して使えます。携帯にも便利な収納ケース付きです。

獣医師と共同開発、極小ヘッドで奥歯まで磨ける

「ペットキッス 指サック歯ブラシ」は、人差し指を指サック部に挿入し、愛犬がくわえて外れないようにハンドル部分を握って使うタイプの歯ブラシです。指先にヘッドがあるので、奥歯までしっかり届きます。

念入りにケアしたい飼い主さんにおすすめ

「ケーピーエス オクチブラシ」は、超極細の直毛繊維素材で細かい汚れやヌメリを取り除ける指サックタイプの歯ブラシです。磨く力を調節しやすく、歯茎のマッサージにも最適です。

愛犬にぴったりの歯ブラシを選ぼう

犬 歯ブラシ

犬のデンタルケア用品には歯みがきガムやおもちゃなど様々なグッズがありますが、歯に付着した汚れや歯垢を落とすには歯ブラシを使った、歯みがきが最も効果的です。歯ブラシを選ぶ際には口の大きさに合ったサイズの歯ブラシを選び、継続的なケアで愛犬の歯の健康を守ってあげて下さいね。

  • 公開日:

    2021.02.21

  • 更新日:

    2021.03.07

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 加藤 みゆき
  • 獣医師
  • 日本獣医生命科学大学(旧・日本獣医畜産学部)を卒業後、獣医師として埼玉県内の動物病院にて犬・猫・小鳥の小動物臨床とホリスティック医療を経験。その後、小動物臨床専門誌の編集者を勤めた後、現在は都内の動物病院にて臨床に従事。 日々発展する小動物臨床の知識を常にアップデートし、犬に関する情報を通じて皆様と愛犬との暮らしがより豊かなものとなるように勉強を重ねて参ります。