magazine

高級ドッグフード 比較
食べもの

2021.02.07

愛犬家が勧める高級ドッグフード10選!こだわりフードを徹底比較

愛犬家の健康志向の高まりに伴って、原料から製造方法までこだわった様々な高級フードが展開されるようになりました。大切な家族の一員である愛犬の健康管理に影響を与える食事には、こだわりが詰まった質の良いフードを与えたいと考える方も多いのではないでしょうか?
今回は、愛犬の食生活に大きな関心を持つ飼い主さんにおすすめしたい、良質な高級ドッグフードをそれぞれベースとなるタンパク質別に紹介していきます。

Author :文:関 ゆりな/ドッグライター

定番のチキンベースのおすすめドッグフード2選

ドッグフード 高級

ドッグフードのタンパク質源として定番であるチキン。他の肉類に比べて低カロリーかつ高タンパクであるため、良質なタンパク質源として多くのドッグフードでベースとして扱われています。

香り豊かな国産鰹節で食いつき抜群!食が細い子におすすめ

「Yum Yum Yum!」は、メインの素材に宮崎県産の鶏肉と、かつおやタラは九州地方で水揚げされたヒューマングレードの国産食材のみを使用した安心・安全のドッグフードです。さらに、保存料・着色料・香料などの合成化合物を使用せず、人間の食品を扱う工場と同じ衛生レベルのペットフード専門工場で製造されています。
旨味成分のしいたけと昆布、香りのいい国産鰹節を加えたことで、愛犬の嗅覚を刺激するので、食が細い子にもおすすめです。

化学合成物質の使用なし!オールライフ対応で多頭飼いの方にも

「カーナ4オリジナルチキン」は、鶏肉、鶏レバーなどの新鮮な肉類と野菜、フルーツをふんだんに使用したカナダ原産のドッグフードです。カーナ4独自の加熱方法によって病原菌は除去しつつ、栄養素や風味の破壊を防ぐ調理方法を採用しています。
全犬種、離乳後?老犬期までの全ライフステージに対応しているため、多頭飼いの方にもおすすめです。

高タンパク・低脂肪なラムベースのおすすめドッグフード2選

ドッグフード 高級

チキンの次に人気のあるタンパク質源のラム肉。良質なタンパク質に加えて、ビタミンやミネラル、鉄など愛犬に必要な栄養素がバランスよく含まれているのが特徴です。

オーガニック食材を使用したドイツ原産の贅沢なスペシャリテ

「プレイアーデン」は、オーガニックの穀類と野菜、ヒューマングレードの最高級ラム肉を40%含有した贅沢なプレミアムフードです。ペット先進国ドイツの専従獣医の監修で開発製造を行い、化学肥料や農薬、抗生物質などは一切含んでいません。
被毛やひづめなどの副産物を含まず、必須アミノ酸を含むビール酵母や必須脂肪酸のオメガ3系脂肪酸やオメガ6系脂肪酸をバランスよく含んだ亜麻仁を配合し、皮膚や被毛の健康を守ります。

犬本来の自然給餌という考えから自然素材にこだわったフード

「アランズ ナチュラル ドッグフード」は、「野生の犬が自然界で摂取していた食事を忠実に再現する自然給餌」を目指し、人工添加物を一切含んでいないイギリス原産のナチュラルフードです。
ベースには、グラスフェッドラム(放し飼いで良質の草を食べて育った)をたっぷりと使用し、含有量40%となっています。アレルギーの原因になりやすい食材の穀類と乳製品、牛豚肉を使っていないため、アレルギーの心配がある方にもおすすめです。

低アレルギー素材をベースとしたおすすめドッグフード6選

ドッグフード 高級

チキンや豚肉、牛肉などにアレルギーがある子やアレルギーが心配でフードをローテーションしている方におすすめの低アレルギー素材をベースにした高級ドッグフードを紹介していきます。

肉や魚、乳製品アレルギーがある子に配慮したビーガンフード

HALO(ハロー)のビーガンは、お肉や魚、乳製品や穀類のアレルギーに配慮し、タンパク質が豊富なエンドウ豆、ヒヨコ豆をベースにしたビーガンドッグフードです。原材料には遺伝子組み換えフリーの野菜やフルーツを使用し、合成保存料や着色料や香料を含みません。
アレルギーケアに役立つだけでなく、避妊・去勢後の体重管理向けに低脂肪・低カロリーになっているため、肥満傾向にある子もおすすめです。

独自性法で吸収率アップ!無添加・穀類フリーの鹿肉フード

「TASHIKA」は、兵庫県多可町のニホン鹿の肉を60%含有した国産の鹿肉フードです。
鹿肉は、牛肉や豚肉に比べてカロリーは3分の1と低カロリーですが、高タンパクで鉄分・ミネラルも豊富に含まれた良質なタンパク質源となります。さらに栄養価を破壊しないよう低温と独自圧縮製法加工を行っており、栄養価の吸収率を高めます。

国産の野生猪肉を使用した国内製造の安心フード!

「ZENプレミアムフード」は、日本で捕れた新鮮な野生の猪肉を贅沢に使用したワイルド ボアフードです。野生の猪肉を使用するため、家畜とは異なり抗生物質やホルモン剤の残留リスクがない低アレルギーかつ安全性の高い良質なタンパク質源となります。
穀類の使用や合成保存料、着色料や香料も含まれず、子犬からシニア犬まで全年齢に対応しています。

栄養素を閉じ込めるコールドプレス製法!お腹にも優しいフード

「TRIBAL(トライバル)フレッシュダック」は、自然に近い環境で飼育されたフレッシュなダックをベースにし、穀類フリーのアレルギーに考慮されたナチュラルフードです。
コールドプレス製法では、熱の発生を押さえながら時間をかけて製造するため、多くの栄養素と素材そのものの風味を保つことができます。
また、この製法によってフードの水分吸収による膨張を防ぎ、ゆっくりと分解されていくため不快感やガスによるお腹のはりなどを軽減しながら栄養を吸収できるお腹に優しいフードです。

お肉の割合80%!良質なタンパク質と植物由来原料をたっぷり使用

「AATU」はお肉の割合が80%、野菜やフルーツ、ハーブなどを20%配合した100%グレインフリーのドッグフードです。1kgのフードを製造するのに倍以上の2.5kgの原料をたっぷりと使用し、高度に濃縮しています。
合成着色料や合成保存料、遺伝子組替原料は使用せず、良質な単一のタンパク質を配合しているため、タンパク質へのアレルギーが心配な子のアレルギー対策フードとしてもおすすめです。

脂肪分の少ないエミュー肉使用!ダイエットにもおすすめ

「アーガイルディッシュ グレヴィレア・アダルト」は、高タンパク低コレステロールなエミュー肉とオーストラリアの漁場から獲れた2種類の白身魚をベースとしたフードです。
フードのタンパク質源としては比較的珍しいエミュー肉は、牛の3~4分の1の脂肪分で、皮下脂肪と肉の分離が簡単なため、脂肪分を調整しつ良質なタンパク質をとることができます。さらに白身魚も成長ホルモン剤や抗生物質が使われておらず、しっかりと皮や大骨を取り除いているため、安心して与えられます。

愛犬の体質に合った高級フードを試してみて

ドッグフード 高級

ベースとなるタンパク質の種類や独自の製造方法など様々な種類のフードが販売されているので、豊富な種類の中から愛犬に合ったフードをチョイスするのは大変かもしれません。含まれている原料をチェックすることに加えて、製造方法やタンパク質の割合などにも注目して選んでみるといいでしょう。
また、優れた高級フードでも、愛犬が食べてくれなかったりお腹が緩くなるなど体質に合わない場合もあります。少ない容量から展開されているフードがほとんどですので、まずは一番少ない量のフードから試し買いして見るといいかもしれませんね。

  • 更新日:

    2021.02.07

この記事をシェアする
ライター・専門家プロフィール
  • 関 ゆりな
  • ドッグライター
  • ビションフリーゼのココメロとのんびり暮らすフリーランスライター。ココメロの健康のため栄養満点の手作り食を作るべく、栄養学について勉強中。 長年犬を飼ってきた経験を元に、愛犬との生活がより充実できるような、愛犬家の皆様のためになる情報発信を目指します。