magazine

チワワ ブログ 古民家
住まい / 生活

2021.02.21

ブログ|南の島でチワワと古民家暮らし|vol.18

ちび助ワンコと南の島で古民家暮らし|築100年のおうちで過ごす冬

我が家は築100年以上の古い家のため、南の地域でありながら冬の室内はかなり冷えます。愛チワワ・えんちゃんのゲージは、梱包材やシルバーシートで包んで、ゲージの中のベッドにはアンカを入れて、毛布も多めにかけて、えんちゃんは毎晩毛布の中にすっぽり隠れて寝ています。暖かくて気持ちいいのか、もぐる心地よさを覚えたのか、日中も膝掛けや毛布の中が落ち着くみたい。
そんな古民家生活のある冬のお話。

#チワワ / #南の島で古民家暮らし

Author :日岡 賢子/ライター

築100年の古民家の冬!えんちゃんはもぐるのが大好き

チワワ ブログ 古民家

夜中も毛布の中にすっぽり隠れて眠っていますが、朝食後、私が台所に立って片付け物したり、洗濯したりで部屋を空けている間に、いつもえんちゃんは雲隠れ。

大概、ホットカーペットの上に置きっぱなしになっている膝掛けの中かダンナさんのパジャマか毛布の中。

モコモコした少し厚手の生地がお気に入りで、冬の昼寝はいつもモコモコと共にあります。夕方のお散歩の後もすぐにモコモコにもぐりこんでひと眠り。

寒い冬は一緒に寝たい

チワワ ブログ 古民家

寒がりなえんちゃんなので、ベッドで一緒に寝てあげたいところなのですが、ちびっこすぎて下敷きにしたり蹴ったり、危険が伴うことからゲージの中で寝かせています。

しかし、まだえんちゃんが小さい頃のこと、明け方早くに目を覚まして「くいんくいん」と鳴き続けることがあったため、ベッドに連れてきて一緒に寝たことがありました。

それに味をしめたのか、今では、朝方、ゲージの扉を開けると、一直線でベッドに潜り込んでくるようになってしまいました。

寒い冬のお気に入りは腕枕

チワワ ブログ 古民家

えんちゃんは、ぺったりくっついているのが好きなので、お昼寝は、私の膝の上やゴロンと横になったダンナさんのお腹の上が定席です。

朝方、一緒の布団で二度寝する時は、私のお腹の上で丸くなっていますが、寝返りをうって横を向くと、腕の付け根に頭を乗っけて、当たり前のように仰向けでスヤスヤ。

腕枕で寝息を立てている様子が可愛くて、ゲージの中で朝まで寝てほしいと思いつつも、なんとも言えない幸せを感じちゃいます。

幸せすぎるイビキの競演

チワワ ブログ 古民家

えんちゃんが寝ているゲージの中から、時々、クークーと少し鼻にかかった小さなイビキが聞こえてきます。その可愛らしいイビキに聞き耳を立て、「かわいいね」とダンナさんと顔を見合わせますが、時々、酔っ払って早めに寝ちゃったダンナさんの大きなイビキがかぶさって二重奏。ダンナさんのイビキだけだとうるさいなあと思うのに、二つのイビキが重なるとほっこりなのです。

  • 更新日:

    2021.02.21

この記事をシェアする
ライター・専門家プロフィール
  • 日岡 賢子
  • ライター
  • 長年勤めた仕事を辞めて、生まれ育った雪国から瀬戸内海に浮かぶ穏やかな島に移住して1年。甘えん坊でやんちゃなちびっこのえんちゃん(スムースチワワ・1歳)との島での暮らしを綴っていきます。