magazine

犬 手作り食 レシピ
食べもの
鉛筆アイコン

2021.02.17

手づくりごはん|パートナーに優しいレシピ|vol.53

パートナーに優しいレシピ|犬の体臭・口臭を消す安全な食べ物

歯磨きやシャンプーをしっかりしているつもりなのに、愛犬の口臭や体臭が気になることはありませんか? 私はふとした時に「アレ? 何だかにおいがする……」と、うちのコをクンクンしてしまうことがあります。
自分だけであれば、ワンコのにおいはそれほど気にならないし、逆に愛おしく感じることさえあるのですが、ほかの飼い主さんに近づいた時に「クサイなぁ」と思われたらちょっと悲しい……
そこで、食べ物で口臭や体臭を軽減できないか考えてみることにしました。

#パートナーに優しいレシピ

さのさえこ/ドッグライター

「この子ちょっとクサイ」と感じる時

犬 手作り食 レシピ

いつもではなくて、ふとした時に感じるにおい。一緒に過ごす中で「これが原因かな?」と思えることがいくつかありました。
「この子クサイな」と感じたシーンをご紹介します。

おやつをダラダラと食べた日の口臭

よく体臭とフードの関係を指摘されることがありますが、我が家の場合はメインフードは変えていません。同じものを食べていてもにおいを感じたり感じなかったりします。

どうやら、私が休みでおやつを多くあげている時ににおいやすいようです。休みの日は家でトイレをするたびにおやつをあげて、お昼は一緒に昼ごはんを食べたりしているので、どうしてもダラダラ食べてしまいます。

こんな時に口のにおいを嗅ぐと「わ、クサイ」と思ってしまいます。

シャンプー数日後と雨に当たった時の体臭

うちのコは膿皮症を持って我が家に来たことで、初めの頃は毎日薬浴をしていました。そのため、完治した今も獣医さんに指示を受けて週に一度シャンプーをしています。朝晩の散歩の後は足とお尻、顔をシャワーで流すようにもしています。

それなのに、次のシャンプーが近づいてくると、なぜかうちのコの体からスルメのような乾き物のにおいがしてくることがあります。雨に当たった後は、急に雨が降り出した時のアスファルトのようなにおいまでしてきます。

口臭の原因はタンパク質と野菜だった?!

犬 手作り食 レシピ

ダラダラ食べていることで口臭が発生したと考えていましたが、その「内容」にも原因か潜んでいるようです。
口臭が発生しやすい食べ物をご紹介します。

細菌とタンパク質が引き起こす口臭

うちのコの口臭が気になる時のにおいは「何かが腐ったようなにおい」であることがほとんどです。

この「腐敗臭」の原因は、主にタンパク質から発生すると言われています。口の中で粘膜が剥がれたり、食べ物のカスなどに含まれるタンパク質が、口の中の細菌によってガスとなるのです。

犬の食べ物はほとんどのものにタンパク質が豊富に含まれています。さらに私は休日のおやつとして肉や卵を多くあげていました。

野菜や納豆なども口臭の原因になることが

タンパク質に限らず、アブラナ科に属する野菜(キャベツ、白菜、ダイコン、ブロッコリーなど)に含まれる「インドール」という物質も、においの原因になります。

インドール自体は体の基になるアミノ酸やセロトニン、インドメタシンなどに含まれていて、それ自体は体に良い物質ですが、同時に「においの素になりやすい」という性質を持ちます。

そのほか、納豆も口臭の原因になります。野菜は驚きでしたが、納豆が原因になるのはわかるような気もしますね。

細菌やバクテリアと皮脂が体臭の原因に

犬 手作り食 レシピ

初めは「週に一度のシャンプーはやりすぎなのかな?」とも思ったのですが、うちのコの様子を見ているうちにあることに気がつきました。
以下の2つのことからわかった原因は「細菌」です。雨に濡れた時のにおいにも、どうやら細菌が関係しているようです。

  • においがするのは寒い時期が多い
  • 体を舐めて毛がベロベロになっていることがある

皮膚の乾燥による皮脂と唾液も原因に

皮膚が乾燥したり、被毛がパサついて静電気が起きたりすると、うちのコは体を舐めるようになります。
仕事から帰った時や朝起きた時にうちのコを触ると、やけに背中が濡れて毛が固まっていることがあります。そしてこの状態が続くとにおいがしてきます。

これは、被毛や口の中に存在する細菌から発生するにおいだと考えられます。濡れたことで被毛の細菌がにおいを発し、同時に口の中の菌からもにおいが出てしまい「クサイな」と感じてしまうようです。

また、乾燥によって皮脂が増えることもにおいの原因になります。シャンプーをしてから日が経つと被毛がペタンとしてくるのは、皮脂が増えたからかもしれません。

雨の日は被毛と皮膚の細菌でにおいが発生

雨の日は必ずカッパや防水の洋服を着せて散歩に出ますが、どうしても頭やお尻、足は濡れてしまいます。

この時、体を舐めた時と同様に、皮膚や被毛の中に存在する細菌やバクテリアなどが反応して、においが発生することがあります。
これは乾かせばある程度抑えることができるのですが、どうしても少しにおいが残ってしまうようです。

口臭と体臭を防ぐ効果的な食べ物と食べ方

犬 手作り食 レシピ

うちのコの口臭と体臭の原因をまとめると、以下のようになります。

口臭の原因

  • タンパク質摂取
  • アブラナ科の野菜の摂取
  • 休日ダラダラ食べる

体臭の原因

  • 雨や唾液で体が濡れる
  • 乾燥による皮脂の増加

これらを解決するための食べ物と食べ方を考えてみました。

パプリカとリンゴのミックスジュース

パプリカには、細胞や皮膚を健やかに保つβカロテン、ビタミンCとEが豊富に含まれています。
そしてリンゴはクエン酸により、口臭を消す効果が期待できる食べ物です。

パプリカもリンゴも生でペースト状にした方が消化に良く、酵素を十分に摂ることができます。そこで今回はミックスジュースにしてみることにしました。

本当は果肉をそのままいただくのがベストなのですが、口の中に汚れを残さないことが口臭予防になるので、ミックスしたものを濾して飲んでもらうことにしました。
リンゴを多めに使うと、ジュースになりやすくなりますよ。

【材料】

  • パプリカ(ここでは赤パプリカを使用)
  • リンゴ
  • ※量は愛犬に合わせて調整してください

【作り方】

  1. リンゴとパプリカをカットしてミキサーにかける(もしくはすりおろす)
  2. 1をクッキングペーパーなどに包んでジュースのみを器に絞る

ワンポイントアドバイス

すりおろしの場合、パプリカは皮が硬いため粗めになってしまうようです。できれば、リンゴはすりおろし、パプリカはミキサーで細かくすることをおすすめします。

飲ませるタイミングにも予防効果が

フードなどを食べた後に水を飲む習慣があれば、それだけで口の中を清潔にし、トラブルを防ぐ効果があるそうです。その効果を狙って、ミックスジュースはご飯の後などに与えると効果的ではないかと思います。

うちのコの大好きなお肉が全く入っていないジュースですが、おいしそうに飲んでくれました。

一時的な口臭や体臭には食べ物も効果的

犬 手作り食 レシピ

歯周病や皮膚炎などトラブルがある場合には治療が必要になりますが、ちょっとクサイなという時には食べ物で解決できることもありそうです。
体に負担のかからない対策で、日頃の「ちょっと困った」が解決できるように、食べ物が持つ力を利用していかれるといいですね。

  • 更新日:

    2021.02.17

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • さの さえこ
  • 犬の東洋医学生活管理士2級、ドッグライター
  • 子供の頃はアレルギーで飼えなかった犬を、大人になって初めて迎えることができました。しかし里子で迎えた初めての愛犬は、外耳炎、歯肉炎、膿皮症、膝蓋骨脱臼を持っていました。 この子をきれいな体にするにはどうしたら良いか。そんな気持ちから得た経験を、「犬の食」を通してお伝えできればと思っています。