magazine

犬 手作り食 レシピ
食べもの

2021.02.07

手づくりごはん|パートナーに優しいレシピ|vol.50

パートナーに優しいレシピ|犬にバレンタインチョコをプレゼント?!

年に一度のバレンタインデー。うちのコは男の子なので、今年もプレゼントをあげたいと目論んでいます。でも「ちょうだい!」ってがんばっても、チョコレートだけはあげられないんだよ。ごめんね。
そこで今年はワンコバージョンの「きのこの山」「ティラミス風ケーキ」そして「ブラウニー」を作ってみることにしました。おいしくて栄養も摂れるお菓子作りに挑戦です!

#パートナーに優しいレシピ

Author :さのさえこ/ドッグライター

鹿肉・馬肉と鶏のヤゲンで「きのこの山」

犬 手作り食 レシピ

私が子供の頃からあった「きのこの山」
調べてみたら1975年に発売開始となったお菓子でした。半世紀近くの人気を誇る超ロングセラー商品なのですね。
今回はこのお菓子をワンコが食べられるものにしてみたいと思います。

「きのこの山」手作りキットを活用する

お菓子売場に自分で作るきのこの山キットがあったので、その型を利用して作ってみることにしました。

【材料】

  • 鹿肉(きのこのカサ)
  • 馬肉(きのこのカサ)
  • 鶏のヤゲン(きのこの柄)
  • アマニ油
  • ※量は愛犬に合わせて調整してください

【作り方】

  1. ヤゲンは柄の大きさにカットして焼いておく
  2. きのこの山キットの型に薄くアマニ油を塗っておく
  3. 鹿肉と馬肉をミンチにする
  4. キットの型にミンチを入れてきのこのカサを作る
  5. 鹿肉と馬肉で作ったきのこのカサをフライパンで5分ほど蒸し焼きにする
  6. 蒸し焼きにしたカサを200℃で予熱したオーブンで10分焼く
  7. カサが焼けたら柄を差し込む部分をキッチンバサミの先などで穴を開ける
  8. ヤゲンをキッチンバサミで柄の形にカットする
  9. カサと柄を合体させて完成

気になる栄養素

型にアマニ油を塗ることで、ミンチを取り出しやすくなります。アマニ油は細胞膜の原料となるオメガ3脂肪酸を含むオイルで、犬にも安心してあげられます。
鹿肉と馬肉は低脂肪で食欲をそそる香りが特徴です。チョコレート色になるのは鹿肉ですが、馬肉の方が柔らかく仕上がるので食べやすくなります。
ヤゲンはコラーゲンたっぷりで、関節ケアにおすすめの食材です。軟骨なのでコリコリした食感も楽しめます。

「きのこの山」の出来栄えと実食は?

きのこの山というよりシメジですね……。色の濃いものが鹿肉で、薄いものが馬肉になります。
うちのコに、きのこの山を食べてみてもらいました。
丸飲みです。「何かあった?」と言わんばかりの早食いでした。見た目はともかく、喜んではもらえたようです。

バナナヨーグルトケーキで「ティラミス」

犬 手作り食 レシピ

続いては、ココアパウダーとチーズケーキの組み合わせが美味しい「ティラミス」のワンコバージョンです。こちらは最近定期的に作っているバナナヨーグルトケーキをベースにして作ってみました。

余ったおやつをチョコレートに見立てる

【材料】

  • バナナ(1/2本)
  • プレーンヨーグルト(75g)
  • おからパウダー(大さじ1弱)
  • 卵(1/2個)
  • リンゴ(お好みで)(スライス2枚)
  • ニンジン(お好みで)(飾り)
  • 茶色いおやつの余り物(適量)

【作り方】

  1. バナナ、プレーンヨーグルト、おからパウダー、卵を混ぜて型に入れる
  2. スライスしたリンゴを上に乗せる
  3. 200℃で予熱したオーブンで20分焼き、その後180℃で10~15分焼く
  4. 焼き上がったら3等分に切って重ね、好きな形に切りそろえる
  5. ケーキの周りに余ったおやつを粉状にすりつぶしたパウダーをまぶす
  6. カットしたニンジンを乗せて完成

気になる栄養素

バナナヨーグルトケーキは免疫力向上に期待したい食べ物です。今回はリンゴも入れて体を温める効果もプラスしてみました。
周りにつけるおやつのパウダーは、粉にできれば何でもOKです。私は半生タイプのおやつの袋にたまっていた粉々の部分をすりつぶしてみました。

ティラミス風ケーキの出来栄えと実食

中のケーキはヨーグルト味で、外側のパウダーは魚系のおやつだったため、ヒトとしてはおいしそうな食べ物ではありませんでした。でもうちのコにとってはとてもおいしかったらしく、迷わず口に入れてくれました。
一瞬で食べ終えて、私の手元にあった残りのケーキを食べたそうに見ていました。もう少し味わって食べればいいのに、と、いつも思う瞬間です。

鹿肉と水煮大豆で「ブラウニー」

犬 手作り食 レシピ

最後はチョコレートが濃厚なブラウニーのワンコバージョンです。 鹿肉と水煮大豆だけで焼き上げてみました。

切ってはさんで焼くだけの簡単調理で完成

【材料】

  • 鹿肉
  • 水煮大豆
  • ※量は愛犬に合わせて調整してください

【作り方】

  1. 鹿肉を半分だけ粗めのみじん切りにする
  2. 残りの半分はミンチにしておく
  3. クッキングペーパーに1を半分広げる
  4. 3の上に2を半分広げる
  5. 薄皮を取った水煮大豆を手で細かくして4の上に敷き詰める
  6. ミンチにした残りの鹿肉を5の上に広げる
  7. 粗みじん切りにした残りの鹿肉を6の上に広げる
  8. 200℃に予熱したオーブンで20〜30分ほど焼く
  9. 焼き上がったら包丁で周りをカットし形を整えたら完成

気になる栄養素

水煮大豆のタンパク質は、そのほとんどが食物繊維で糖質が少ないのが魅力です。また、グルテンが入っていないので犬にとって消化しやすい穀物だと言えるでしょう。

ブラウニーの出来栄えと反応はいかに?

今回の3品の中では、ブラウニーが一番まともに仕上がった気がします。うちのコの反応も上々でした。
お皿を近づけたら鼻をヒクヒクさせて即完食してくれました。鹿肉は塊にして焼くと少し硬さが出るようなので、スライスして崩してあげた方が食べやすいようです。

「チョコレートに見える」おやつ作り

犬 手作り食 レシピ

「犬が食べられないチョコレートを、せめて見た目だけでも似せて作れないか」「どうせ作るなら体に良いものにできないか」と思い、今回3つのお菓子作りに挑戦してみました。
うちのコに見た目で評価をしてもらえないのが少々残念ではありますが、 またいつかこんなお菓子作りをやってみたいと思います!

  • 更新日:

    2021.02.07

この記事をシェアする
ライター・専門家プロフィール
  • さの さえこ
  • ドッグライター
  • 子供の頃はアレルギーで飼えなかった犬を、大人になって初めて迎えることができました。しかし里子で迎えた初めての愛犬は、外耳炎、歯肉炎、膿皮症、膝蓋骨脱臼を持っていました。 この子をきれいな体にするにはどうしたら良いか。そんな気持ちから得た経験を、「犬の食」を通してお伝えできればと思っています。