magazine

健康管理 / 病気
鉛筆アイコン

2021.01.09

【獣医師監修】犬の車酔いはあなどれない!症状とメカニズムを知って予防しよう

犬を車に乗せると車酔いをすることがあります。個体ごとに適性が異なり、すぐ車酔いをしてしまう犬もいれば、全く酔わない犬もいます。車酔いは体力と精神力を奪い、犬の心身に多大な悪影響をもたらします。車が苦手な犬を乗せなければいけない場合は予防策を講じましょう。
この記事では、犬の車酔いの症状とメカニズムをご紹介したうえで、予防策について解説します。

監修:葛野 莉奈/獣医師、かどのペットクリニック 院長(文:山口ヨシカズ/動物ライター)

犬が車酔いするメカニズムと症状

犬 車酔い

まずは、犬の車酔いがどのようなメカニズムで生じ、車酔いしている犬にはどういった症状が見られるのかみていきましょう。

犬の車酔いはなぜ起こる?

犬の場合も人間の場合も、車の揺れや振動によって、内耳にある三半規管と前庭が刺激を受けることで車酔いが生じます。
犬の場合は、上記に加えて精神的な影響から嘔吐につながることもあるので注意が必要です。

犬が車酔いするとどんな症状が見られる?

犬が車酔いになると「呼吸が荒い」「震え」「生あくびが増える」「吠える」「大量のよだれ」「嘔吐」などの症状が出ます。
このような症状が出たら車を止めて犬を休ませましょう。特に、嘔吐の症状が続くと脱水症状の危険がありますので注意してください。

初めてで慣れない場所に行くときに起こりやすい

ご自身を振り返ってみると分かりやすいかと思いますが、車酔いをするシーンは、主に旅行などで初めての場所を訪れるときが多いです。いつも通っている道で車酔いになったという方は少ないでしょう。

これは、精神的な緊張や不安感が車酔いに関係しているためです。犬の場合でも、車に乗ることが苦手で緊張状態が続いたり不安な状態が続いたりすると、車に乗っている時間が限られていても、車酔いの症状が出てしまうことがあります。

愛犬が車酔いしないために飼い主ができること

犬 車酔い

車酔いしてしまうと、せっかくのお出かけも愛犬にとってはネガティブな思い出になってしまうかもしれません。
私たち飼い主にできる対策はあるのでしょうか?

過度の満腹時・空腹時はドライブを避ける

中には、愛犬の嘔吐を防ぐために絶食させて乗せるという方がいらっしゃいますが、空腹が過ぎてもかえって車酔いすることがあります。また、車に乗る直前に食べさせるのもよくありません。

もし、長時間絶食が続いている状態で車に乗せなければいけない場合は、少量のごはんを2~3時間前に食べさせてから乗せるなどの工夫が有効です。個体差はありますが、長時間の絶食状態や過度の満腹状態は避けるが吉です。

ケージに入れる

不安定な体勢でいるよりは、ケージに入れてしっかりと固定したほうが揺れは少なくなります。目まぐるしく動く外の景色を見ていると、景色と揺れの差に車酔いしやすくなるので、そういった意味でもケージに入れておくことは有効です。

万が一の事故に備え、ケージは耐久テストの基準を満たしたものを選ぶと良いでしょう。また、ケージ内にペットシートを敷いておくと、嘔吐した際にもすぐに片付けられます。

こまめに休憩をとる

揺れが長時間続くと車酔いが酷くなり体力を消耗するので、こまめに車を停めて愛犬を休ませましょう。
その際、車内の空気の入れ替えをすると更に効果的です。新鮮な空気は酔いを和らげます。

乗車中に不安を感じさせないコミュニケーションを

不安や緊張は車酔いの原因になりえるため、乗車中は不安を感じないように優しく声をかけてあげましょう。

あまりにも症状がひどいようならそのまま病院へ

嘔吐などの症状がひどく、ぐったりして動かない場合は近隣の動物病院を探して受診させましょう。
嘔吐がひどい場合は、脱水症状の可能性があります。命に関わることもあるので、すぐに受診させたほうがいいです。

犬の車酔いは未然に防げる?

犬 車酔い

ここまで解説したような方法を講じても、体質によってはどうしても車酔いしやすいコもいます。
そんなコたちのために、何かできる予防策はあるのでしょうか?

かかりつけの獣医師に相談

愛犬の車酔いが酷い場合は、かかりつけの獣医師に事前に相談するのがおすすめです。診断の結果によっては、愛犬に合う酔い止め薬を処方してもらえます。

予防医療のためペット保険は使えません。酔い止め薬の価格は動物病院によって異なりますので、気になる場合はまずかかりつけの動物病院で確認してみるのがおすすめです。

1回の服用で24時間効果が持続するものが一般的で、日帰りドライブの場合は服用は1回でOKです。

酔い止め薬の個人輸入がおすすめできない理由

お薬代を節約する目的で、個人輸入サイトを利用する方もいらっしゃいます。しかし、これはおすすめできる方法ではありません。

個人輸入で購入すると何割か安く手に入ることが多いですが、多くのサイトで販売されている医薬品は海外製ジェネリック品であり、使用に際して何が起こっても保証を受けることはできません。

使用に際しても、一切を自己責任でおこなうことが条件となります。大切な犬に飲ませるものだからこそ、信用できる購入先で購入しましょう。

愛犬の車酔いは工夫と処方箋で和らげよう

犬 車酔い

たかが車酔いと見くびると、脱水症状が酷い場合は死の危険を伴うので非常に危険です。事前にかかりつけの獣石に相談して処方箋をもらうなど対策し、それでも症状がひどくなった場合はすぐにドライブを中止して受診させましょう。

参考文献
  • 更新日:

    2021.01.09

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 葛野 莉奈
  • 獣医師、かどのペットクリニック 院長
  • 麻布大学卒。2015年より神奈川県内にてかどのペットクリニックを開業。ながたの皮膚科塾を卒業し、普段の診療でも皮膚科には力を入れております。 私生活では犬8頭と猫2匹と生活しているので、一飼い主として、そして獣医師として飼い主さんと動物たちとの生活がよりよくなることに少しでも貢献できると嬉しいです。