magazine

しつけ

2021.01.15

ドッグトレーナーってどんな仕事?資格と活躍の場、気になる収入も!

好きな事を仕事にできたら、きっと毎日が幸せですよね。自分の愛犬のしつけには自信がある!という方は、ドッグトレーナーの資格を取ってみるのはいかがでしょうか?ドッグトレーナーの資格を取れば、近所の犬たちを集めてしつけ教室を開けるようになったり、また自分の愛犬のために役立つ知識も身につけられます。さらにゆくゆくは独立開業して、預かりトレーニングや出張トレーニングを仕事にするなんていうのも夢じゃありません!
今回は、ドッグトレーナーという資格について詳しくご紹介します。

#犬にまつわる仕事/資格

Author :Qt/家庭犬トレーナー、ドッグシッター、ペットロスケアアドバイザー

ドッグトレーナーの資格の種類

ドッグトレーナー

現時点ではドッグトレーナーには、国家資格はありません。各団体がそれぞれに認定している民間資格が複数存在しています。
そのため、ドッグトレーナーの仕事をするには必ず資格が必要というわけではありませんが、ドッグトレーナーの資格を持っていれば信頼度が増し、就職や開業が有利になるという利点があります。
ここからは各団体のドッグトレーナー資格をその特徴ごとにご紹介していきます。

JKC認定訓練士

JKC(ジャパンケネルクラブ)が認定する犬の訓練士の資格です。JKCは長い歴史を持つ非常に大きな団体で、こちらの資格を持っていればペット業界では一目置かれるというほど、取得要件が厳しいトレーナー資格の1つです。

JCSA認定ドッグトレーナー

こちらの資格は、日本ケンネルカレッジが認定するドッグトレーナー資格で、資格自体は通信教育で取得することができます。ですが、母体にはつくば国際ペット専門学校があるため、実際の実技やスクーリングも充実しています。

家庭犬トレーナー

日本ペット技能検定協会が認定する資格で、その名の通り『家庭犬』のトレーニングに特化した資格です。こちらも通信教育での資格取得が可能です。 家庭犬トレーナーだけでなくさまざまなコースが選べるので、同時に複数の資格を取ることもでき、幅広い知識を身につけたい方におすすめです。

その他の資格

上記のほかにも、日本警察犬協会の公認訓練士や日本シェパード犬登録協会が認定する資格などもあります。 資格要件や試験方法なども調べた上で、自分に合った資格取得を目指しましょう。

ドッグトレーナーになるには?

ドッグトレーナー

ドッグトレーナーになるには、そのための勉強と現場での経験が必要になります。どのような形で学ぶことができるのでしょうか?

専門学校

全国には、ペット関連の専門学校が多数あります。そこで学べば知識だけでなく、実技も実践形式で身に着けることができ、同時に資格の取得も可能です。
そのため、卒業後は即戦力として働くことができるので、本気でドッグトレーナーを目指す方は専門学校での資格取得がおすすめです。

通信教育

今の仕事を続けながら、将来のために資格を取っておきたいという方は、通信教育での資格取得がおすすめ。
自分のペースで進められ、希望すれば実技などのスクーリングを受けられる講座などもあるので、自分に合った方法で資格取得が目指せます。

実際に経験を積む

資格を取得する前に、見習いやアルバイトとして実際に現場で経験を積むという方法もあります。ただしこの場合は、掃除やエサやりなどの雑用から始めなければいけない事も多く、実際にドッグトレーナーとしての知識を身につけるのに何年もかかってしまうということもあるようです。
現場が好きで仕方ないという方以外にはあまりおすすめできない職業とも言えます。

ドッグトレーナーの活躍の場・収入

ドッグトレーナー

ドッグトレーナーの活躍の場・収入はどうなっているのでしょうか?

活躍の場

まずはドッグトレーナーの主な活躍のフィールドをご紹介します。

企業や動物病院へ就職

ペットショップや動物病院などへの就職や、ドッグフードやペット商品を扱う企業などからも求人募集がある場合もあります。
また、実際に犬のトレーニングをするのではなく、犬に関する知識のエキスパートという位置づけで必要とされることもあります。

フリーランスとして開業

ある程度の実績を積んだら、フリーランスとして独立開業する方も多い業界です。
今はSNSなどで気軽に情報を発信できる時代になり、過去にしつけをした犬たちの動画などをアップすれば集客にもつなげられるので、記録として動画などを撮っておくのがおすすめです。

収入の目安

企業や病院などに勤務するドッグトレーナーの年収の目安は200万~350万ほどと言われており、決して高収入な仕事とは言えません。
ですが、開業をして仕事が軌道に乗れば、年間500万以上稼ぐドッグトレーナーさんたちも珍しくないようです。

ドッグトレーナーはこんな人にむいている!

ドッグトレーナー

ドッグトレーナーに求められる資質は大きく3つ、忍耐力と柔軟さとコミュニケーション能力です。もちろん『犬が大好き!』というブレない気持ちは一番の必須要件ですが、マニュアル通りにはいかない個々の愛犬たちへのしつけを根気強くできる忍耐力と、うまくいかなければ別の方法を考えるという柔軟さも持ち合わせ、飼い主さんへしつけの指導なども行わなければいけないので人とのコミュニケーション能力も欠かせません。
この3つが備わっていれば、ドッグトレーナー向きと言えるでしょう。あとは、必要な犬の知識を身につければ憧れのドッグトレーナーへの道は開けるはずです。

  • 更新日:

    2021.01.15

この記事をシェアする
ライター・専門家プロフィール
  • Qt
  • 家庭犬トレーナー
  • 動物愛護の中間支援団体での活動を経て、より多くの人と動物の幸せな生活を支えるお手伝いができればと、家庭犬トレーナー1級やペットロスケアアドバイザーなど複数の資格を取得。 シニア期にさしかかった2匹の愛犬とのゆったりとした幸せな日々に感謝しながら、今日も仕事とライティングのWワークに励みます。