magazine

元気がないビーグル
健康管理 / 病気

2021.01.13

【獣医師監修】犬の腸閉塞ってどんな病気?症状・治療・予防法まとめ

犬の腸閉塞は、何らかの理由によって腸が塞がり、腸の内容物が通過障害を起こしている状態です。重症の場合は命に関わることもある怖い病気で、早急な対処が必要になります。
ここでは、犬の腸閉塞とはどのような病気なのか、原因や治療法、予防法について解説します。

Author :監修:葛野 莉奈/獣医師、かどのペットクリニック 院長(文:江野 友紀)

犬の腸閉塞ってどんな病気?

ラブラドールレトリーバーが元気がなさそうに横たわっている

まずは犬の腸閉塞がどのような病気なのかをご紹介します。

初期症状とチェック項目

閉塞の状態にもよりますが、一般的に腸閉塞になると頻繁な嘔吐や食欲不振、腹痛といった症状が見られます。激しい腹痛が見られたりショック状態に陥るような場合には、腸の血管の血液が循環障害を起こしていたり、腸に穴が開いている可能性があるため、とても危険な状態です。

他の犬や人にうつる?

犬が腸閉塞を起こす原因の多くは誤食した異物や腫瘍、腸捻転などであるため、基本的に他の犬や人にうつる心配はありません。
ただし、まれに回虫症などの消化管の寄生虫が原因で腸閉塞を起こすこともあり、腸閉塞の原因となった寄生虫が他の犬にうつり、うつされた犬が腸閉塞になるという可能性はあるかもしれません。

犬が腸閉塞になる原因とは?

散らかった部屋で過ごすジャーマンシェパードと猫

犬が腸閉塞になる原因には、大きく分けて「異物の誤食」と「病気によるもの」があります。

原因1.異物の誤食

腸閉塞で最も多い原因が、異物の誤食です。犬の場合、ボールなどのおもちゃやタオル、ひもなどの日用品を飲み込んでしまうケースが多いようです。また、とうもろこしの芯や桃などの種、食品が入っていたビニール袋、ラップなど、犬の興味を引くにおいがするものも要注意です。

散歩中に落ちていた物を拾い食いすることもあるので、飼い主さんは愛犬から目を離さないようにし、犬の動きをコントロールできるようリードは短く保持しましょう。

この記事もチェック!

原因2.病気によるもの

腸閉塞は腫瘍や胃拡張胃捻転症候群、寄生虫感染などの病気が原因で起こることもあります。

腫瘍

腸管に発生した腫瘍により腸が閉塞したり、腸管の近くにある臓器に発生した腫瘍が腸管を圧迫し、通過障害を起こすこともあります。腸に腫瘍が発生すると、食欲低下や嘔吐、下痢、血便、腹痛などの症状を呈することがあります。

胃拡張胃捻転症候群

胃の中にたまったガスや液体によって胃が膨れ(胃拡張)、それに伴い胃が捻じれを起こす(胃捻転)病気です。はっきりとした原因はわかっていませんが、フードの早食いや水のがぶ飲み、食後の激しい運動などが要因になると考えられています。

緊急度の高い病気であるため、お腹が膨れる、頻繁にげっぷをする、嘔吐物を伴わない吐き気、呼吸困難などの症状が見られたら、すぐに動物病院を受診しましょう。

消化管内寄生虫の大量寄生

消化管内寄生虫が大量に寄生すると、虫が詰まって腸閉塞を起こすことがあります。犬で最も多く見られる回虫症は特に子犬によく見られるので、子犬を迎えたら症状が見られなくても検査を受けておくことをおすすめします。

かかりやすい犬種や年齢は?

腸閉塞は全ての犬種・年齢で起こり得ますが、中でも子犬は異物の誤食に注意が必要です。
子犬は活発で好奇心にあふれているため、突発的な行動に出たり、飼い主さんが予測できないものに興味を示すことがあります。食べてはいけないものを口にして、腸閉塞や中毒などを起こす可能性があるので、十分注意しましょう。

犬の腸閉塞の治療法とは?

動物病院で犬の診察をしている様子

異物の誤食が原因の場合、一般的には腸に詰まった異物を取り除くための外科手術が適用されます。閉塞によって血管が血行障害を起こして壊死している場合は、その部分を切除し、腸管と腸管を繋ぐ手術をすることもあります。異物が小さい場合には、内視鏡を使って取り除くことも可能です。
腫瘍が原因であれば腫瘍の切除や放射線治療、消化管内寄生虫が原因の場合は駆虫薬の投与など、原因に合った治療が施されます。

治療にかかる費用

異物の誤飲で手術をする場合、血液検査やレントゲン検査、超音波検査、全身麻酔、開腹手術などで高額になってしまう可能性が考えられます。病院によって費用に差があるため、治療が必要になった時点で費用に関してもどのくらいなのか、聞いておくと安心でしょう。

犬の腸閉塞の予防法とは?

キレイに整理された家で過ごす秋田犬

腸閉塞の一番の予防法は、犬が異物を誤食しないよう、犬が届く範囲に飲み込みそうなものを置かないようにすることです。
ボールやロープなどのおもちゃは、遊んだ後には必ず回収しましょう。骨付き肉の骨やとうもろこしの芯など、犬の興味を引く匂いがするものは特に注意が必要です。人の食べ物を与えないなど、ドッグフード以外のものに興味を示さないようしつけておくことも大切です。

再発する可能性

腸閉塞の原因を完全に取り除くことができれば、根治は十分に可能です。原因が悪性腫瘍などの場合、治療した後に再発する可能性は考えられます。

犬の腸閉塞との向き合い方

犬 腸閉塞

犬の腸閉塞は自然治癒するものではなく、治療までに時間がかかると命に関わることもある緊急性の高い病気です。遊んでいたおもちゃが無くなったり、頻繁な嘔吐などの症状が現れた場合は様子を見ずに動物病院を受診しましょう。
異物の誤食による腸閉塞の多くは、飼い主さんが注意することで予防できます。日頃から犬に口にして欲しくないものは届かない場所に保管し、もし口にしても号令ですぐに離すようしつけておくことも大切です。

  • 更新日:

    2021.01.13

この記事をシェアする
ライター・専門家プロフィール
  • 葛野 莉奈
  • 獣医師、かどのペットクリニック 院長
  • 麻布大学卒。2015年より神奈川県内にてかどのペットクリニックを開業。ながたの皮膚科塾を卒業し、普段の診療でも皮膚科には力を入れております。 私生活では犬8頭と猫2匹と生活しているので、一飼い主として、そして獣医師として飼い主さんと動物たちとの生活がよりよくなることに少しでも貢献できると嬉しいです。