magazine

グッズ

2021.01.06

愛犬に合う術後服を見つけよう!おすすめ商品4選と手づくり方法もご紹介

犬のための術後服って聞いたことがありますか?手術をした後に傷の保護を目的とした犬専用のウェアのことです。術後服を着せるメリットは様々あり、デザイン性に優れた商品や機能性を重視したものなど、たくさん種類があります。
おすすめの術後服をいくつかご紹介していくと共に、ご自宅でも出来ちゃう術後服の作り方を解説していきますね。

#犬服

Author :明石 則実/動物ライター

犬の術後服ってなに?

犬 術後服

まず術後服はどのようなものか?また何のために着せるのか?わかりやすく解説していきましょう。

手術後の術創を隠すため

手術の際には、どうしても切開する場所の被毛を刈る必要がありますし、術後の傷跡が顕わになってしまいます。まず、術創を隠すために術後服を着せてあげるということですね。
そうすると外へ散歩に出かける場合にも、さほど気にならなくなります。

手術後の術創を保護するため

犬にとって、術創はやはり気になるものですし、違和感があるのは当然のことです。どうしても傷跡を舐めたり噛んだりすることが多いです。しかし傷の治りが遅くなってしまうため、なるべくならやめさせたいところです。

エリザベスカラーを付ければ心配はないのですが、付けることを嫌がる子もいますし、何より視界が狭まってしまうため、日常生活に支障をきたすことが多いのです。その点、術後服なら術創の保護もできますし、日常生活を送る際にも不安はありません。

犬の術後服のおすすめ4選

犬 術後服

術後服の多くは市販されていて、簡単にネットショッピングでも手に入ります。デザイン性や機能性の面から、おすすめの術後服を4つご紹介していきますね。

動物病院と共同開発した脱げにくい術後服

動物病院と共同で開発された「エリザベスウェア術後服」という製品です。「脱げにくい」「ずれにくい」をコンセプトに、動きを制約しない伸縮素材を採用しています。

体型にしっかりフィットするように面ファスナーで調整できますから、個体差による微妙な誤差も修正が可能です。男の子用が「青」、女の子用が「ピンク」といった感じで、しっかりと色分けされています。

楽しい絵柄の術後服で毎日を楽しく!

サボテンやライオンなど楽しい絵柄がプリントされた、まるでパジャマのような術後服です。着脱が背中開きですので、着せやすさもポイントですね。
また薄手で伸縮性が高いので、夏場など蒸れやすい時期にはおすすめです。コストパフォーマンスが高いですから、複数枚購入して着替え用にしても良いですね。

素材にこだわった長袖タイプが人気!

脚を手術した場合などにも使える長袖タイプの術後服です。体全体を覆ってくれるオーバーオールタイプですから、しっかり体にフィットして違和感がありません。
服の素材にもこだわっており、体温調節機能素材アウトラストを採用。暑い時期や体温が上昇した時には熱を吸収し、寒い時期や体温が低下した時などは熱を放出して体温維持に役立つそうです。
伸縮性も兼ね備えていますから、あらゆる犬の動きにも制約がありません。

イタリアングレーハウンド専用の珍しい術後服

イタリアングレーハウンドは、体が細くて脚が長いという体型をしています。市販の術後服ではぴったりフィットしません。
そこでイタリアングレーハウンド専用のスーツタイプの術後服をおすすめします。体全体や脚まですっぽりとウェアで覆えますし、お腹周りをしっかりガードしてくれるので安心ですね。
素材はオーガニックコットンのガーゼ天竺ですから、肌に優しい着心地となっています。

術後服は手づくりもできる!その作り方とは?

犬 術後服

術後服は市販品が簡単に手に入りますが、せっかくなら飼い主さんお手製の術後服を着せてみてはいかがでしょうか?
気に入ったデザインでオンリーワンな術後服なら、きっとワンちゃんも喜ぶことでしょう。

準備するもの

まず必要な材料を揃えていきましょう。

  • 犬のサイズに合った布素材(なるべく伸縮性のあるものをおすすめします。)
  • 適度な大きさのマジックテープ
  • ひも(首周りで巻いてみて、蝶々結びができる程度の大きさ)

布素材を犬の体型に合わせてカット

布素材は、犬の体型に合わせる感じで「凸形」にカットして下さい。着せた状態で胴体だけをくるむ形になりますので、前足と後ろ足の付け根部分のみ測れば大丈夫です。

ひもを取り付けてみる

「凸」の端をほつれないように織り込んでから縫って下さい。ミシンを使えば便利です。
首周りに巻くためのひもを「凸」の上辺に通して下さい。市販のバイアステープを使うとうまくいくと思います。

マジックテープを取り付ける

「凸」の横端にマジックテープを取り付けます。術後服をお腹の方から着せていく要領で、背中側でマジックテープを止めます。いったんお腹側から当ててみて取り付け位置を確認した方が良いでしょう。
ひもは首に巻いて固定します。これで完成となります。

術後服はぴったりフィットする伸縮性のあるものをチョイス

犬 術後服

一般の犬用ウェアで術後服の代用も可能ですが、ぴったりフィットしていないと傷跡が擦れてしまう場合もあります。
なるべく体にフィットし、動きやすい伸縮性のあるものを選びたいところですね。また着脱しやすいところもポイントの一つになると思います。

  • 更新日:

    2021.01.06

この記事をシェアする
ライター・専門家プロフィール
  • 明石 則実
  • 動物ライター
  • フリーライターとして動物関連や歴史系記事の執筆を多数おこなう。柴犬と暮らす傍ら、趣味の旅行や城めぐりで愛犬と駆け回る週末。 愛犬家の皆さんにとって、お悩みを解決したり、有益な情報を発信することを心掛けています。