magazine

飼い主に抱っこされて嬉しそうな毛の長い犬
グッズ
鉛筆アイコン

2021.08.31

ファーミネーター(犬用)の使い方!種類や選び方を知って偽物に惑わされない

愛犬の抜け毛がよく取り除けると、犬の飼い主さんの間で絶大な人気を誇る犬用ブラシ「ファーミネーター」ですが、ファーミネーターにはいくつかの種類があることをご存知でしょうか?また、あまりの人気に似たような商品が他の企業からも数多く販売されています。
今回は、ファーミネーターのタイプごとの正しい選び方から使い方、そして本物のファーミネーターを見分ける方法について書きます。

文:山口ヨシカズ/動物ライター

ファーミネーターの正しい使い方

花の匂いをかいでいる柴犬

まずは、ファーミネーターの上手な使い方をご紹介します。

【1】最初はピンブラシやコーム、スリッカーブラシなどで毛玉を取る

いきなりファーミネーターをかけるのではなく、最初はピンブラシやコーム、スリッカーブラシなどをまず軽くかけます。毛玉や毛のもつれをほどかないとファーミネーターは使えないからです。

【2】ファーミネーターを適度にかける

次に、毛の流れに沿って優しくファーミネーターをかけます。嫌がらない箇所からかけていきましょう。

ひと通り全身をかけ終わったら終わりです。ファーミネーターはかければかけるほど毛が取れますが、これは毛が切れて取れているだけなのでやり過ぎないようにある程度のところでやめましょう。

【3】ファーミネーターについた毛を取り除く

ファーミネーターはプッシュボタンが付いていて、これを押すことでエッジに付いた毛が取れるようになっています。

この記事もチェック!

ファーミネーターの選び方

ハーネスをつけた犬が公園でなにかに興味を示している

それでは、ファーミネーターの商品ラインナップなど選び方について見ていきましょう。

ファーミネーターが使える犬種

ファーミネーターは適用できる犬種が決まっています。それはダブルコートの犬種専用であるということです。ファーミネーターはアンダーコートのお手入れに特化したブラシなので、シングルコートの犬には使えないのです。ファーミネーターの公式サイトに書かれている適用犬種は以下のとおりです。

ファーミネーターの商品ラインナップ

ファーミネーターの商品ラインナップは、以下の2つの軸の組み合わせで計10種類あります。

被毛の長さ

  • 長毛種
  • 短毛種

身体のサイズ

  • 超小型犬
  • 小型犬
  • 中型犬
  • 大型犬
  • 超大型犬

被毛の長さはとくに重要な判断軸!

ファーミネーターは犬の属性に適したラインナップを選ぶことが重要ですが、特に短毛種用と長毛種用は間違えないようにしないといけません。

何が違うかと言うと、エッジの長さです。長毛種の犬に短毛種用のファーミネーターをかけてもエッジの長さが足りず、アンダーコートまで届きません。したがって、あまり抜け毛が取れず、効果がないということになります。

ファーミネーターの定義では、毛の長さ5cm以下が短毛種、5cm以上が長毛種となっております。愛犬の被毛の長さを確認してから選ぶのがおすすめです。

  • 長毛種用:被毛の長さが5cm以上
  • 短毛種用:被毛の長さが5cm以下
この記事もチェック!

ファーミネーターを選ぶ際の注意点

ファーミネーターでブラッシングしてもらった犬が外で遊んでいる

ファーミネーターは非常に人気が高いため、模倣品も多く流通しています。また、正規品以外の流通も見られます。ファーミネーターの偽物を買ってしまったと後悔しないための注意点について見ていきましょう。

パッケージをよく読む

ファーミネーターは日本語のパッケージと英語のパッケージがあります。きちんと確認をとるためにも、日本語のパッケージのものを選び、しっかりと表記を確認しましょう。

並行輸入品を避ける

価格が安価という理由で並行輸入品を選ぶ方もいらっしゃると思います。しかし、正規の代理店やメーカーが出品していない商品は、品質に対する保証などが受けられず、自己責任になりますので避けたほうが無難です。

安価すぎる出品を避ける

ファーミネーターをネット通販サイトなどで購入する際は、価格を比較しましょう。あまりに安価すぎる(または効果すぎる)ものは、理由が確認できない限りは避けるのが無難でしょう。ファーミネーターは丈夫にできているので、ひとつで何年も使えます。正規の値段で購入して大事に使えば、コスパは悪くありません。

ファーミネーターの購入は大手通販ショップで

ファーミネーターをかけてもらったダックスフンド

ファーミネーターは、多くの飼い主さんに愛されるペット用ブラシです。ラインナップが多いので、しっかりとパッケージを確認して愛犬に合うファーミネーターを選びましょう。合わないブラシを使うと犬の皮膚を傷つけたり、ブラッシングの効果がなかったりします。正しく使用して愛犬の被毛を楽しくお手入れしましょう。

サイズと被毛の長さ別に10種類の商品購入ページが、Amazon/楽天市場/ヤフーショッピングそれぞれにありますので、気になる方は口コミなども併せて是非チェックしてみてはいかがでしょうか?

  • 公開日:

    2021.01.23

  • 更新日:

    2021.08.31

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 山口 ヨシカズ
  • 動物ライター
  • 動物好きの家庭に生まれ育ち、幼少のころから犬、猫、鳥、魚、爬虫類などを飼ってきた動物ライターです。今までに飼った犬種は柴犬3匹、サモエド1匹、ミックス1匹。全ての犬と飼い主さんが幸せになるような記事を書きたいと思います。