magazine

グッズ
鉛筆アイコン

2021.01.20

犬用ロボットおもちゃを選ぶポイントは?電動のおすすめ商品10選

犬用のおもちゃには噛むものや音の出るもの、ロープなどさまざまな種類があります。その他にも、電動で動いて犬と遊んでくれるロボットがあるのはご存知ですか?機能が充実していて、おもちゃとして優れたアイテムです。お留守番の時や忙しくてかまってあげられない時など、寂しくならないようなおもちゃがあると飼い主も安心できますよね。
今回は、犬も飼い主も喜べるロボットのおもちゃを紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

文:つちや りょうこ/ドッグライター

犬用ロボットおもちゃの用途って?

犬 おもちゃ ロボット

犬用のロボットには、どのような種類があるのでしょうか。さまざまな特徴とメリット・デメリットがあるので確認していきましょう。

機能性が高い犬用のロボットの特徴と用途

犬用に作られたおもちゃのロボットは自動で一緒に遊んでくれたり、おやつを与えてくれたりする機能があります。カメラ付きの商品の中には、飼い主が外出先から遠隔操作が可能なものもあり、一緒に遊ぶことができるので犬の運動不足や犬のストレス解消につながります。飼い主さんもお留守番が長くなってしまう時に犬の様子が分かるのは安心ですね。

犬用ロボットおもちゃを選ぶメリット・デメリット

ここでは、メリットとデメリットをご紹介します。購入する前に頭に入れておきましょう。

メリット|運動不足を解消できる

電動で動いてくれるロボットは、さまざまな動きをしたりボールを自動で出したりと人間と遊んでいるような動作をしてくれます。活動量が増え、運動不足解消に繋がるのが嬉しいですね。

デメリット|全ての犬がそのおもちゃで遊ぶとは限らない

犬の性格は好奇心旺盛や警戒心が強いなど犬種によってさまざま。どのおもちゃにも言えることではありますが、中には好みのおもちゃではなく、遊んでくれないケースがあるかもしれません。犬それぞれの個性や興味のあるものを把握して、喜んでもらえるようなおもちゃ選びをしたいですね。

犬用ロボットおもちゃを選ぶ際のポイント3つ

犬 おもちゃ ロボット

次に、店舗や通販でおもちゃを購入する際に注意すべき点をご紹介します。

【1】強度が強いものを選ぶ

簡単に壊れてしまうものは、小さな破片や部品などを誤飲してしまう可能性があります。強度が強く、しっかりとした作りのものを選びましょう。

【2】口にすっぽりとはまるものは避ける

口の中に収まってしまうような大きさのおもちゃは、間違って飲み込んでしまう場合が考えられます。危険を回避するために注意が必要です。

【3】機能を確認する

電動で動くロボットは、スマホと連動したりカメラがついていたりとさまざまな機能があります。購入する前に、欲しい機能がついているか確認しましょう。

犬用のロボットとおすすめのおもちゃ10選!

犬 おもちゃ ロボット

犬用のロボットもさまざまな種類があり、購入する際に悩んでしまいますよね。ここではロボットと電動で動くおもちゃをご紹介しますので、参考にしてみてください。

見守り機能も充実しているカメラ機能があるおもちゃ3選

まずは、留守中も安心して遊べるおもちゃ3選からです。

おやつも与えられる!さまざまなモーションで飽きさせないロボット

「バレム・ペット・フィットネス」は、障害物を避けながらさまざまな動きをして犬が飽きずに遊べる商品です。おもちゃ内に入れたおやつが決められた量と回数で出てきたり、遊びの時間を決めたりとスケジュール設定ができます。飼い主が不在中の活動量データがアプリで確認できるため、どのくらい遊んだのかが分かる便利な機能付きです。十分なバッテリー時間が搭載されているので、長い時間遊んでくれるのも嬉しいですね!

この記事もチェック!

多様なカメラモードが搭載されたロボットでペットを見守る

フクロウ型が特徴の「SKYMEE Owl Robot(スカイミーオウルロボット)」は、フルHDカメラやナイトモードなどのカメラを備えています。留守中でも昼夜を問わずはっきりと犬の様子が確認できるので、異変にもすぐに対応が可能。専用アプリケーションを使うと、犬と追いかけっこやかくれんぼなどの遊びができるほか、おやつもあげられます。

赤レーザーや猫じゃらしの機能があるロボットは犬のストレス解消に

「PUMPKIN(パンプキン)」は、外出先からスマホを使って操縦できる見守りロボットです。スマホを操作することで、ペットに近づけたりおやつをあげられたりできます。また赤レーザーや付属の猫じゃらしを動かせるので、犬や猫の興味を惹きつけます。一緒に遊んでくれるので犬の寂しさを解消し、運動不足を軽減してくれそうですね。高解像度のカメラや赤外線カメラを搭載し、マイクも付いているため双方向で会話ができます。

多様な動きで犬の興味を引くおもちゃ3選

次は、夢中で遊べる飽きない工夫がされたおもちゃ3選です。

匂いで興味を惹き付ける全自動のボール

「Wicked Ball(ウィキッドボール)」は、小動物の動きを再現して作られた全自動のおもちゃです。接触するとランダムに動き、転がしたり追いかけたりと飽きさせない仕掛けが嬉しいポイント。スナックホールに餌を入れることで匂いがするため、犬の興味を惹くこと間違いなしです。強度が強い素材を使用しており激しいボール遊びをしても安心です。

遊びながら床の掃除もしてくれるロボット

水洗いができるふわふわのカバーが付いた電動式のおもちゃは、噛んだり舐めたりしても耐久性のある素材を使用しています。360°に自動回転し、障害物を避けながら動くので室内でも思う存分遊べますよ。

生きているような動きをするまぐろのおもちゃ

かわいらしいまぐろの形をした「ピチピチまぐろ」。お腹の中に入っているボール型が動くことで、まるで生きているかのようにピチピチと面白い動作が楽しめます。あちこちに動き回るまぐろに、犬も興奮して遊んでくれそうです。

ヘトヘトになるまで遊べる!飛び出すおもちゃ3選

最後に、ボール遊びが大好きな犬におすすめのおもちゃ3選です。

思わず取りに行きたくなる!自動ボールランチャー

「iDogmate Dog Ball Launcher(アイドッグメイトドッグボールランチャー)」は、4つの距離を選択し、自動的にボールが出てくる商品です。付属のボールはテニスボールのような形状で、犬もくわえやすい工夫がされています。直径が約6センチのボールを使用するため、中型犬から大型犬に向いています。

10秒ごとにボールが自動発射されて存分に遊べる

ボールを本体に入れると自動的に出てくる「Hyper Fetch Mini(ハイパーフェッチミニ)」。3、6、9メートルの3段階から飛距離を選択し、10秒ごとにボールが飛び出します。専用のミニテニスボール付きで、電池でもコンセントでも使用できます。

ボール遊びがひとりでできる遊べる設計も

スタイリッシュなデザインが特徴の「iFetch(アイフェッチ)」は、自動でキャッチボールができるおもちゃです。トレーニングをして犬がボールを投入口に入れられれば、犬だけでも遊べます。使用するボールは普通のテニスボールよりも小さいため小型犬も遊べます。

【番外編】人間用のペットロボット!しっぽで心を癒す?

ここまで犬用のおもちゃを紹介してきましたが、アレルギーや賃貸など様々な理由で犬を飼えないご家庭でも、ペットと暮らすような気持ちになれるおもちゃが販売されています。

「qoobo(クーボ)」は、撫でると本物の生き物のようにしっぽを揺らすおもちゃです。声や音にも反応し、子犬のような重さがあり、トクントクンと鳴る鼓動は生き物そのもの。子どもから大人まで癒される、ロボットです。

犬用ロボットおもちゃで楽しく遊ぼう

犬 おもちゃ ロボット

さまざまな機能を備えた犬用のロボット。選ぶ際の注意点やポイントなどに気を付けながら、安全に遊べるものを選ぶことが重要です。留守中や一緒に遊べないときなどにロボットをうまく活用して、楽しい時間を過ごせてもらえたら嬉しいですね。

  • 更新日:

    2021.01.20

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • つちや りょうこ
  • ドッグライター
  • 幼少期から犬のいる生活を送ってきました。現在は大人しい性格の柴犬(オス)を飼っていて、2人の子供と遊んでいる姿に癒されている毎日。これまでの経験を踏まえ、犬の魅力やさまざまな情報をお伝えしていきます!