magazine

パグが舌を出して笑っている
お手入れ

2021.01.27

パグは抜け毛が多い犬種?被毛のタイプ・特性に合ったお手入れのコツとは

愛嬌のあるシワシワの顔がチャームポイントのパグ。毛が短いため、お手入れがしやすそうに見えますよね。しかし、実はパグは生え変わりをする被毛の性質のため、小まめなブラッシングが必要となります。今回は、パグの被毛の特徴を深堀りし、被毛の特性にあったお手入れ方法のコツについてまとめてご紹介します。

#パグ

Author :KANAKO/トリマー

パグの被毛のタイプ

パグがソファで落ち着いて横たわっている

パグの短い被毛にはどのような特徴があるのかをみていきましょう。

パグは抜け毛が多い?

短い被毛のパグですが、実は抜け毛多い傾向があります。年中毛が生え変わっており、特に換毛期になると大量に抜けます。そのため、こまめなブラッシングやシャンプーなどのお手入れが必要です。
しかし、毛色がブラックのパグは他の毛色のパグに比べると比較的抜け毛が少ないと言われています。その理由は、ブラックはシングルコートの被毛をしている個体が多いため、とされています。

コートタイプ

パグのコートタイプは短毛種です。2~3cmくらいの短い被毛をしています。

被毛の構造

パグの被毛は、2種類の被毛からなるダブルコートです。皮膚を守るためのオーバーコートと体温調節するアンダーコートの2重構造をしています。ダブルコートは季節に合わせて毛を生え変わるため抜け毛があります。特に季節の変わり目の換毛期には大量に毛が抜けます。

代表的なカラー

パグの毛色にはフォーン、ブラック、シルバー、アプリコットの4色あります。シルバーやアプリコットは日本ではあまり見られない希少な毛色です。

パグの家庭でのお手入れ方法

パグが抜け毛ケアにシャンプーをされているところ

抜け毛の多いパグはお家でのこまめなケアが必要です。家中が抜け毛だらけにならないようしっかりとお手入れを行いましょう。

抜け毛対策

ダブルコートは抜け毛が多いため、ブラッシングをしてあげることで抜け毛を軽減することができます。特に換毛期にはできるだけ毎日ブラッシングしてあげましょう。 それでも、抜け毛が気になるときには服を着せることも有効です。

毛玉対策

短毛のパグは毛玉になるということはありません。

シャンプー

シャンプーにも抜け毛を軽減する効果があります。頻度としては月に1~2回程度が目安となります。抜け毛の多さに、頻繁にシャンプーしてしまうと皮膚トラブルを起こしてしまうこともあります。毎日ブラッシングをしながら定期的にシャンプーをするようにしましょう。

ブラッシング

パグのブラッシングにはラバーブラシがおすすめです。ラバーブラシは、やわらかい素材で作られているため、皮膚に負担をかけずに抜け毛を取り除くことができます。また、仕上げに獣毛ブラシで被毛を整えると艶出しの効果もあります。
換毛期には、ムダ毛取り用のファーミネーターなどのブラシも効果的です。ただし、どのブラシでもやり過ぎは皮膚炎の原因となりますので、注意が必要です。

シワとシワの間もしっかりお手入れを

パグの特徴のシワのある顔は、シワとシワの間に汚れが溜まりやすくなります。シャンプーをするときだけではなく、日頃から汚れを取り除くことで皮膚病を予防することができます。

パグをトリミングサロンでお手入れするなら?

トリミングサロンで手にドライヤーを当てられているパグ

お家でのお手入れも大切ですが、お家でできないところや難しいところはトリミングサロンでお手入れしてもらうのもいいでしょう。

パグにおすすめのメニュー

パグにはシャンプコースがおすすめです。コースには爪切りや耳掃除、肛門腺絞りなども含まれているので、全体的にお手入れしてもらえます。 詳しいコースの内容は、トリミングサロンによって違いますので確認してくださいね。

頻度の目安

トリミングサロンでのシャンプーは月に1回程度が目安です。お家でのお手入れしながら、定期的に利用するのもいいですね。

料金の目安

小型犬のパグのシャンプーコース料金は、3,000~5,000円程度が多いようです。ただし、抜け毛が多い場合、追加料金がかかることもありますので事前に確認しておくといいでしょう。

パグの抜け毛対策には毎日のお手入れが大切

黒いパグが草原の上で立ってこちらを見ている

毛が生え変わるダブルコートのパグは、抜け毛が多い犬種です。抜け毛はこまめなブラッシングと定期的なシャンプーを行うことで軽減させることができます。また、お家でお手入れをすることは、皮膚の異常に気付きやすくなります。愛犬とのスキンシップを取りながら、楽しくお手入れしてあげましょう。

  • 更新日:

    2021.01.27

この記事をシェアする
ライター・専門家プロフィール
  • KANAKO
  • トリマー
  • ミニチュアダックスフンド8頭と暮らし、犬にまみれた幸せいっぱいの生活を送っています。 普段は犬の服をハンドメイドで作ったり、トリマーとしての経験を活かしカットを楽しんだりしています。