magazine

犬種図鑑

2021.01.05

最古の犬種!?ニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグ【犬種図鑑】

ニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグという犬種をご存知でしょうか?日本の人気アニメ「けものフレンズ」に登場したことから知っている方もおられるかもしれません。
この犬は、最近まで絶滅種だと思われていた野犬で、最古の犬種であることがDNA調査で分かっています。まだまだベールに包まれいる部分が多くあるニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグですが、絶滅から再び発見されるまでについてや身体的特徴、生息地域、魅力などについて紹介していきたいと思います。

関 ゆりな/ドッグライター

ニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグの歴史

ニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグは、名前にあるように大西洋南部に位置するインドネシアとパプアニューギニアの間にあるニューギニア島に生息している犬種です。

古代人が飼育していた犬

ニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグの起源はとても古く定かではない部分も多くありますが、化石の記録を見ると6000年前にニューギニア島に移民に連れられてやってきたと言われています。
現在は完全な野犬となっていますが、元々ははるか昔のニューギニアで古代人に飼われており、なんらかの理由で人間の手を離れて野生化し、自然と繁殖していったとされています。

絶滅からの再発見まで

ニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグ財団(NGHWDF)の創設者であるジェームズ氏は、1996年からニューギニアでこの犬種を見つけて研究しようと調査を行っていました。犬の足跡を辿り、排泄物を調べるなどさまざまな調査と追跡を行いますが、発見することができたのは、調査開始から20年後である2016年です。

2016年に人里離れた地域にて、自動撮影カメラがオス、メス、子犬を含んだ約15匹の野生のニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグの姿を捉えたのです。
半世紀以上も絶滅したと思われていたニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグが、野生環境で健康に生きていたことは、興奮するできごとですね。

ニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグの特徴 

とても貴重で希少である犬種ニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグの外見的特徴や生息地について紹介します。

外見

ニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグの大きさは、柴犬や甲斐犬と同程度と言われており、外見の例えとして柴犬が用いられているほど似ている部分があるようです。
三角形の耳はピンっと立った立ち耳で、尻尾は背中の上でくるんと丸まった巻き尾です。
毛色は、金色が一般的とされていますが、他にも黒と黄褐色、クリームなどの単色に加えてパターン入りのものなどカラーバリエーションが豊富なようです。

生息場所

ニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグは、ニューギニアのなかでも人里離れた高原で暮らしていることが分かっています。

ニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグの再発見となる証拠になった写真は、ニューギニア島の最高峰で標高4,884mもあるプンチャック・ジャヤにて撮られたものだからです。富士山よりも標高の高い高地を棲家としていると考えると厳しい環境下でも生き残れる生命力の高さが伺えますね。
半世紀もの間人間に発見されずに生きてこれたのは、この険しい生息地が原因かもしれません。

ニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグの魅力

ニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグの魅力は、とても希少で最古の犬種であることでしょうか。

ニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグはDNA調査の結果から、現存する最古の犬種のひとつであり、飼い犬の主要な先祖犬の一種である可能性が明らかになっています。
今後は科学的な研究がさらに進めば、これまでの犬の歴史について新たな事実が明らかにされるかもしれないと考えるとワクワクしてきますね。

また、ニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグには、近縁種か同種と言われる歌うようなユニークな鳴き声が特徴的なニューギニア・シンギング・ドッグという犬種がいます。
この近縁種なのか同種なのか定かではなかった両犬種の関係性が明らかにされていくでしょう。

最古の犬種ニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグ

ニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグ

絶滅したと思われていた動物の再発見はとても喜ばしいことですよね。現在は、この貴重な犬種を保護するため国が政策を立てて、個体数が回復するよう努力がなされているようです。
まだまだ分からないことが多く、研究中であるニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグの今後の新たな情報や動向に期待していきましょう。

  • 更新日:

    2021.01.05

いいなと思ったらシェア
ライター・専門家プロフィール
  • 関 ゆりな
  • ドッグライター
  • ビションフリーゼのココメロとのんびり暮らすフリーランスライター。ココメロの健康のため栄養満点の手作り食を作るべく、栄養学について勉強中。 長年犬を飼ってきた経験を元に、愛犬との生活がより充実できるような、愛犬家の皆様のためになる情報発信を目指します。