magazine

ふわふわの長毛種
グッズ

2021.01.29

ふわふわ長毛種に!愛犬のお手入れに役立つおすすめグッズ10選

毛がふわふわと長い長毛種は、もつれやすく毛玉ができやすいので、こまめなお手入れが必要になる犬種がほとんどです。愛犬の皮膚被毛の健康・触り心地抜群の美しい被毛を保つためには、定期的なシャンプーとブラッシングが必要でどうしても手間がかかってきますが、できるだけ愛犬と飼い主さんの負担を減らしたいところですよね。そこで今回は、毛玉や抜け毛など悩みも多い長毛種のお手入れに役立つお手入れグッズを厳選してご紹介していきます。

Author :関 ゆりな/ドッグライター

長毛種の美しい毛並みをつくる厳選シャンプーは?

長毛種の犬がシャンプーされている様子

被毛が長く摩擦などで痛みやすい長毛種には、もつれにくくさせたり、ダメージケアなどの効果が期待できる長毛種用のシャンプーを使うとより美しく扱いやすい被毛になります。ここでは、指通り滑らかでふんわりと仕上がる長毛種用シャンプーを紹介します。

1.もつれにくい被毛へ!長毛用シャンプー

ペット先進国であるフランスNO.1 オーガニックペットケアブランド「バイオガンス」の長毛種用のシャンプーです。
ホホバオイル、マツヨイグサエキス配合で、被毛の絡みやもつれ、静電気や乾燥予防に役立ち、シルキーでまとまりのある質感に仕上げます。さらに、天然のオーガニック成分や合成着色料の不使用、pHバランスにより低刺激配合にするなど皮膚が弱い子にも配慮されています。

2.肌にも被毛にも優しい100%オーガニックシャンプー

シチリア生まれのオーガニックコスメブランド「アルジタル」がペット用に開発したオーガニックブランドの「ミフィード」。オーガニック認証(ICEA)を取得した100%自然由来成分を配合した低刺激シャンプーです。
人のスキンケアにも使われるグリーンクレイとオーガニックハーブによって汚れをしっかりと取り除きながら保湿し、絡まりにくいふんわりとした毛並みに仕上がります。

長毛種の毛玉対策におすすめのグッズは?

ブラッシングされる長毛種の犬

長毛種の犬種は、被毛がもつれて毛玉ができやすく、こまめなお手入れが必要不可欠です。大きな毛玉になる前に取り除くことができるよう助ける毛玉対策グッズを紹介していきます。

3.長めのピンが根元まで届くスリッカーブラシ

プロも愛用している使い勝手のいいスリッカーブラスです。軽量で持ち手部分が、持ちやすい形状になっているため、手や手首への負担軽減はもちろん、力を入れずに梳かすことができ愛犬への負担も少なくすみます。
ピンが長いので、長毛で毛量が多い子でも根元からしっかりと梳かして、もつれを解しやすいのが特徴です。

4.小さな毛玉を簡単に除去できる毛玉カッター

毛玉はなるべく作りたくないものですが、毎日ブラッシングしていても気付いたらできてしまっていたということも。

毛玉ほぐし用カッターならできてしまった小さな毛玉もステンレスの歯で毛玉部分をカットしながらほぐすことができ、皮膚が引っ張られて愛犬が痛い思いをせずに毛玉を除去できます。毛を切りすぎてしまう心配もないので、毛玉を取り除いた部分が目立つ心配もありません。

5.静電気を抑えるテフロン加工のコーム

毛玉を作らないためには、スリッカーでしっかりと梳かした後にコームでもつれがないか確認する工程も重要ですよね。
ブラッシングの摩擦で起こる静電気は、切れ毛など被毛のダメージに繋がってしまうため、静電気を抑えられるテフロン加工のコームを使うとよりふんわりとした仕上がりになりおすすめです。

6.一吹きで毛玉や絡みを除去するコンディショナースプレー

ヨーロッパNo. 1グルーミング用品メーカー「アルテロ」のコンディショナースプレーは、もつれや毛玉になった部分に吹きかけてブラッシングするだけで、素早く毛玉を除去できます。
保湿・滋養成分や静電気除去成分が配合されており、被毛へのダメージを抑えつつ、ふわふわな毛質へと導きます。痛んだ毛の修復にも役立つため、日常的なブラッシングスプレーとして使用できます。

長毛種の目立つ抜け毛対策におすすめのグッズは?

大量の抜け毛をケアされたあとの長毛種

長毛種で換毛期があるダブルコートの犬種は、抜け毛がとても多く部屋中をホコリのように毛が舞ってしまうことも。不衛生なだけでなく、死毛を取り除かずにいると皮膚トラブルになることもあるため、しっかりと抜け毛をブラッシングによって取り除いてあげる必要があります。ここでは、愛犬の抜け毛対策におすすめのグッズを紹介していきます。

7.力を入れずに抜け毛をごっそり取り除くブラシ

抜け毛を簡単に最大90%も取り除けるファーミネーターは、愛犬の抜け毛に悩む世界中の飼い主から支持されています。
特殊なステンレススチール刃は、大量な抜け毛の原因となるアンダーコートを力を入れずとも簡単に除去できます。さらに抜けてピン部分に絡まった毛は、ワンプッシュでゴミ箱へと処分できて衛生的です。

8.シェル型がおしゃれ!ブラシ嫌いの子にもおすすめ

シャル型がおしゃれなピロコームは、愛犬に苦痛を与えることなくごっそりと抜け毛を除去することができます。もつれた部分も柔らかいくし歯で撫でるように梳かしているだけで、ほぐすことが可能です。

ブラッシングが苦手な子でも気持ち良さそうにしていることもあるほど、負担をかけずに抜け毛や毛玉を取り除きます。長毛の子はもちろん、トイプードルなどカールのかかった毛質にも対応しています。

長毛種の部分カットにオススメなグッズは?

部分カットされる長毛種の犬

長毛種は放っておくとどんどん毛が伸びていく犬種も多く、毛が伸びる犬種はトリミングが必要になります。特に目の周りや足回りなど伸びやすく気になる部分を自宅でこまめにカットされている方も多いようです。ここでは、部分的に伸びたところをカットするのに役立つグッズを紹介していきます。

9.跡が残りにくく自然なカットができるセニングシザー

6.5インチと小さめのセニングシザーは、目の周りや口周り、お尻周りなど細い部分を失敗せずにカットするのに便利です。
スキ率35%と一度にキャッチする毛量が少なめなので、仕上がりが自然で誤ってバッサリ切ってしまう心配もありません。カットの技術に不安のある方や毛の長さ、薄さを少しずつ調整したい方におすすめです。

10.顔まわりや足先に便利なコンパクトバリカン

ハサミを使ってカットするのが心配な方には、使い勝手のいいミニサイズのバリカンがおすすめです。
衛生面や安全面から定期的にカットしたいお尻周りや足裏などもコンパクトなので楽にカットできます。付属のアタッチメントをつけることで3mmと6mmの好みの長さにカットすることも可能です。

定期的なお手入れで長毛種のキレイな毛並みを保とう

カットされる長毛種の犬

長毛種の犬種はもつれやすいため、自宅でのお手入れをこまめに行う必要があります。少しでも愛犬と飼い主さんの負担を減らして、双方がリラックスしながらお手入れを行えるように、上手にグッズを活用してみてくださいね。

  • 更新日:

    2021.01.29

この記事をシェアする
ライター・専門家プロフィール
  • 関 ゆりな
  • ドッグライター
  • ビションフリーゼのココメロとのんびり暮らすフリーランスライター。ココメロの健康のため栄養満点の手作り食を作るべく、栄養学について勉強中。 長年犬を飼ってきた経験を元に、愛犬との生活がより充実できるような、愛犬家の皆様のためになる情報発信を目指します。