magazine

保護犬 ブログ
犬を迎える

2021.01.21

ブログ|元保護犬おじいわんプゥ|vol.5

元保護犬おじいわんプゥの日々好日|保護犬のトラウマ

いろいろな事情で保護された犬は、少なからずトラウマを抱えて新しい里親のところにやってきます。保護された状況によって抱えているトラウマも違ってきますが、一度こころに刻まれた傷は簡単には消えません。今日は保護犬が抱えているトラウマについてお話しします。

#ミニチュアダックスフンド / #保護犬おじいわんプゥ

Author :泉 能子/愛犬家、ドッグライター

保護犬のトラウマとは? 

保護犬 ブログ

犬に関わらず人であっても、強い恐怖や苦しみ、深い悲しみや辛い出来事などを経験した時は、二度と同じ思いをしたくないと思うでしょう。
保護犬も同様に、恐怖や辛い出来事を何度も経験することで心が傷つき、新しい里親との生活が始まっても、昔のような状況になることを極度に恐れます。

トラウマの原因と症状

保護犬のトラウマは昔の状況と同じような状況になったときに現れます。
たとえば、男性に対して極度に怖がったり攻撃的になったり、棒状のものやボールなどの特定な物に拒否反応をおこすときは、かつて男性から棒やボールなどで、叩かれたり投げつけられたりして虐待を受けていたことが考えられます。

また、保護犬がトラウマを感じた時に出る症状には、吠えや噛みつきなどの威嚇行動の他にも、震えや痙攣、自分の尻尾を追いかけてしつこく旋回したり、尻尾や足を執拗に噛み続けたりする異常行動も見られます。

トラウマは克服できる?

保護犬 ブログ

人でも同じですが、一度傷ついてトラウマになってしまった記憶はなかなか消えません。 普段は忘れていても、毎日の生活の中でふとした瞬間に、嫌な記憶がフラッシュバックしてしまうことは良くあります。
保護犬のトラウマは行動療法やトレーニングなどで、少しずつ癒されていくこともありますが、完全に取り除くのは難しいといわれています。

私達飼い主にできることは、できるだけトラウマになる状況にしないことや、傷ついた心にそっと寄り添ってやることぐらいしかありません。 後は心の傷がゆっくりと回復していくのを、焦らず時間をかけてじっと待っていてやることです

プゥさんのトラウマ 

保護犬 ブログ

プゥさんには食べるときの威嚇以外に、これといって問題のあるトラウマのようなものはないと思っていました。
プゥさんが我が家に来て1週間ほど過ぎたころから、散歩に出て5mくらい歩くと、突然動かなくなり家に戻ろうとするようになりました。
おやつで気を引いても、少し先から呼んでもガンとして動かず必死に家に帰ろうとします。

プゥさんの気持ち

プゥさんは歩くことが嫌いなわけではありません。少し先の公園まで抱いて連れて行くとちゃんと歩きます。そんな「行き抱っこ散歩」を何日も繰り返していて気付きました。公園からの道はプゥさんにとって散歩をするための道ではなく、家へ帰るための道だったのです。

公園に着いたプゥさんは早足で歩き、公園を出ると猛ダッシュで家まで走って帰ります。 「家から離れるとまた知らない何処かに置いていかれる」これがプゥさんの最大のトラウマでした。

嬉しくて切ない

保護犬 ブログ

プゥさんの家から少し離れたら絶対歩かない、という行動は3年たった今でも変わりません。今年の夏に私が足を骨折してからは、抱っこではなくバギーに乗って公園や病院まで行き、帰りは歩いて帰るようになりました。
プゥさんが必死になって家に帰ろうとするのは、我が家を帰るべき自分の家だと思ってくれているからだと思うと、それだけで素直に嬉しい気持ちになります。
その反面、プゥさんの心から未だに消してやることのできない「捨てられるのは怖い」という不安な気落ちを思うと切なくなります。

  • 更新日:

    2021.01.21

この記事をシェアする
ライター・専門家プロフィール
  • 泉 能子
  • ドッグライター
  • 動物が大好きで、気づけば隣にはいつも愛犬がいて、愛犬とお互いに助けたり助けられたりの共同生活をしているドッグライターです。 今までにヨークシャーとスムースダックスを育てて看取り、今は保護犬の9歳になるブラックタンのダックスと暮らしています。 人と犬が楽しく幸せに暮らすために役立つ記事を発信していきます。