magazine

大きさの違う2頭のチワワ
連載 / ブログ

2021.01.31

ブログ|南の島でチワワと古民家暮らし|vol.12

ちび助ワンコと南の島で古民家暮らし|大好きなアニキにはなかなか会えないけど

北国にいる友人の愛犬チワワにひとめ会った時から、二匹はなぜか仲良しで、なかなか会えないけれどえんちゃんはお兄ちゃんのように彼のことを慕っています。えんちゃんは基本的に犬好きなので、誰にでも「遊んでー」と駆け寄るタイプではありますが、友人のチワワに出会った時は、離れ離れだった兄弟の再会?なんて思うほど、喜び爆発。なかなか会えないけれど、再会するたび、「大好き〜!」が炸裂しています。

#チワワ / #南の島で古民家暮らし

日岡 賢子/ライター

アニキの名は「くうちゃん」

兄貴チワワのくうちゃん

えんちゃんのアニキは、ロングコートチワワでえんちゃんより9ヶ月ほど年上。「くうちゃん」といいます。くうちゃんが友人宅にお迎えされた頃、私はまだ島に引っ越す前で、ワンコを飼う予定もありませんでした。

まだ赤ちゃんっぽさの残るくうちゃんが可愛くて、度々、友人宅を訪れては遊んでもらっていましたが、この頃、犬を飼う疑似体験をさせてもらっていたのかもしれません。

先輩ワンコのくうちゃんが大好き

先輩ワンコのくうちゃんと遊ぶチワワのえんちゃん

えんちゃんを家に迎えてすぐの頃、用事ができてえんちゃんを連れて実家に帰省。初めてくうちゃんに会わせることに。えんちゃんは、まるで電池で動くおもちゃのようにしっぽのフリフリが止まりません。くうちゃんもまとわりつくえんちゃんと上手に遊んでくれて、二匹のじゃれあいは、えんちゃんが疲れて眠っちゃうまで続いていました。

くうちゃんも自分のガムをえんちゃんにあげたり、くうちゃんママが驚くほどのアニキっぷり。

くうちゃんと一緒がいいの

チワワ ブログ 古民家

えんちゃんが1歳を過ぎてくうちゃんに再開した時は、なんでもくうちゃんの真似っこ。くうちゃんが水を飲めば、えんちゃんも同じ器で水を飲むし、おしっこすれば、えんちゃんもおしっこ。くうちゃんの食べているガムが欲しいし、くうちゃんがいるところに自分もいたい。ひとりでは立ち止まっちゃうお散歩もくうちゃんがいれば、どこまでも歩いていけます。最近は、くうちゃんの真似して始めた「伏せ」も出来るようになりました。

会いに行こうね

チワワ ブログ 古民家

私も大好きで心を許している友人なので、えんちゃんも何も怖がらずにくうちゃんと遊べるのかもしれませんが、他のワンコとはちょっと違う関係性を築いているように感じて面白いです。

島暮らしでは、なかなか会うことができないですが、私が友人に会いたいということもありますが、機会を逃さず、出来る限りえんちゃんをくうちゃんに会わせてあげようと思っています。

  • 更新日:

    2021.01.31

この記事をシェアする
ライター・専門家プロフィール
  • 日岡 賢子
  • ライター
  • 長年勤めた仕事を辞めて、生まれ育った雪国から瀬戸内海に浮かぶ穏やかな島に移住して1年。甘えん坊でやんちゃなちびっこのえんちゃん(スムースチワワ・1歳)との島での暮らしを綴っていきます。