magazine

犬 タイ 海外暮らし 多頭飼い
連載 / ブログ

2021.01.12

14頭の愛犬とタイで暮らす飼い主ブログ|vol.7

【タイの田舎で多頭飼い】わんこの出産立ち合い、初めての助産経験で感動

初めての我が家でのわんこの出産は本当にドキドキの連続で、頑張ってくれたきんちゃんのおかげでとても素晴らしい経験をさせてもらいました。生命の誕生は尊いの一言に尽きます。

#愛犬14頭とタイ暮らし

Author :ペコ/ライター

多頭ファミリーの始まり

犬 タイ 海外暮らし 多頭飼い

我が家が多頭飼育になった経緯として、まず最初に家族になったシーズーミックスのきんちゃんの妊娠から始まります。

きんちゃんママ

きんちゃんは我が家に来てすぐは健康状態があまり良くなく、治療が必要な状態だったため、1週間程バンコクの動物病院で入院をしました。

親身になってくれたスタッフと先生のおかげで元気になり、退院後は同日家族になったオスチワワの「もも」とともに仲良く暮らしていました。

以前ブログでも書かせていただきましたが、その後オスビーグルの「うめ」が仲間に加わり、賑やかな3匹との生活を楽しんでいたところ、ふときんちゃんの様子がおかしいことに気づきました。

きんちゃんママの異変

あまりご飯を食べない日があったり、偏食になったりということがあったものの、しばらく様子を見ていたら徐々にお腹がぽっこりに!

病院でレントゲンを撮ってもらったところ、「4匹の赤ちゃんがいる」ということがわかりました。

初体験の“わんこの妊娠”

犬 タイ 海外暮らし 多頭飼い

おめでたを意識していなかったため初めてのことでドキドキしながらも、それがわかったときはとっても嬉しかったです。

早速、妊娠中とお産と出産後に必要な物をインターネットで調べて揃えました。

ざっとあげると、「ガーゼ」「ハサミ」「タコ糸」「タオル」「段ボール」などなど。

出産用寝床の準備

環境に慣らすために予定日少し前からケージの中に段ボールの囲いとタオルを敷いて、そこをきんちゃんの寝床にしました。

そして、病院付きのトリミング店で全身とお尻周りをスッキリカットしてもらいました。

そしてついに出産当日

犬 タイ 海外暮らし 多頭飼い

予定日はそわそわが止まらず仕事を早めに切り上げて家に向かっていると、先に帰宅していた夫から「産気づいた!」と連絡がありました。

急いで帰ると、1匹目の頭が出始めている最中でした!

ドキドキの出産立ち合い

二人で見守っている中、1時間程かけて1匹目、続けて30分後くらいに2匹目が生まれました。

それから3匹目が出てくるまでは少し時間がかかり、きんちゃんが疲れてきたためかうまくいきめないようでした。

あまり手を出してはいけないと思いつつ、お尻の辺りをそっと撫でてみたり、ネットで症状を検索したり、とにかくドキドキそわそわで応援していました。

出産お手伝い

なんとか3匹目の子が生まれたのですが、きんちゃんは4匹目の子に頑張っている様子で3匹目の子は羊膜に包まれたまま放置。

たまにあることのようですが、動けない様子だったためここだけ介助することにして、恐る恐る羊膜へハサミを少し入れ指でそっと破いてあげました。

手が震えそうになりましたが、無事に息をしてくれたときはお産に参加させてもらえた嬉しさで胸がいっぱいになりました!

無事に出産終了!と思っていたら

無事に4匹目を生んでくれて胎盤らしきものが出てきたことを確認、チビちゃんたちもきんちゃんのおっぱいに一生懸命しがみついていました。

その光景があまりにも可愛くて緊張の糸が切れ、思わずきんちゃんのケージの横の床でうとうとしてしまったのですが、夜中にハッと目を覚ましてびっくり!

計5匹の赤ちゃん誕生

犬 タイ 海外暮らし 多頭飼い

チビちゃん達を数えてみると、合計5匹のチビわんちゃんが元気におっぱいを飲んでいました。

私たちが寝てしまった後にもう1匹生まれていたようで嬉しい驚き!

子犬の可愛さは犬好きの方でなくても目尻が下がってしまうのではないかと思いますが、自分の家で誕生してくれたチビわんたちはさらに可愛さひとしおでした。

我が家の最初の出産

フルタイムの共働きだった当時、おチビちゃんたちの成長は日々めざましく少しでも一緒にいたいのにジレンマを抱えた状態でした。

お世話や育児のお手伝いなど初体験のこともたくさんあり、目が回るような毎日でしたが、もっとたくさん写真を撮っておけば良かったなぁと今になって思います。

  • 更新日:

    2021.01.12

この記事をシェアする
ライター・専門家プロフィール
  • ペコ
  • ライター
  • タイの田舎で、夫と14頭の犬と在宅ワークをしながら暮らしているライターです。海外のペット事情と実際の犬との暮らしを体験談に基づいてご紹介します。個性あふれる犬たちとの暮らしに大変さを感じつつ、日々癒されながら暮らすバタバタ日常風景をお届けします。