magazine

犬 手作り食 レシピ
食べもの

2021.01.03

手づくりごはん|パートナーに優しいレシピ|vol.40

パートナーに優しいレシピ|犬の七草粥で無病息災の1年にしよう

あけましておめでとうございます
2021年が始まりました。皆さま、どんな新年を迎えていらっしゃるでしょうか。私は明日から仕事初めで、すでに少し憂鬱です(笑)
新年最初は、縁起の良い「七草粥」でスタートしたいと思います!愛犬の無病息災を願って、おいしい新年を始めましょう。

#パートナーに優しいレシピ

Author :さのさえこ/ドッグライター

人間の七草粥にはどんな意味があるの?

犬 手作り食 レシピ

日本では、毎年1月7日に七草粥を食べる習慣があります。スーパーに行くと「雑草?!」と思わず見入ってしまうパックがたくさん並びます。

私も何となく手に取ってみるのですが、実はあまり食べたことがありません。縁起物という印象の七草ですが、どんな意味があるのでしょうか。

春の七草で無病息災と立身出世を願う

春の七草は「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」を指します。無病息災と立身出世の願いを込めていただくようになりました。

七草粥は日本古来の習慣かと思っていましたが、起源は中国なのだそうです。

お正月料理で疲れた胃腸を労わる効果も

春の七草の効能は、主に胃を守る、整腸作用、血流促進などと言われています。

お正月に栄養のあるものをたっぷり食べて少しお疲れ気味の胃腸を労わる効果があるようですね。

そのほかにも、歯槽膿漏予防、咳やタンを鎮める、骨粗鬆症予防など、体の色々な機能を高める作用もあるそうです。

春の七草の効果を詳しく見てみよう

犬 手作り食 レシピ

七草のそれぞれの栄養を細かく見ていきましょう。ワンコにも欲しいな、と思える栄養素がたくさん詰まっています。

セリ(セリ科)

高血圧を抑え、動脈硬化を予防し、整腸効果もあると言われています。

ナズナ(アブラナ科)

骨粗鬆症予防のほか、解熱効果、止血効果などもあるとされる植物です。

ゴギョウ(キク科)

咳止め効果、利尿効果などが期待できるとされています。

ハコベラ(ナデシコ科)

歯槽膿漏予防や鎮痛作用などで、古くから用いられてきた植物です。

ホトケノザ(キク科)

同じホトケノザでシソ科の植物もありますが、食べられるのはキク科のものになります。
胃を守り、整腸効果が期待できる植物です。

スズナ(アブラナ科)

カブのことを指します。
胃腸のトラブルや風邪などの時に食べると良いとされてきた植物です。

スズシロ(アブラナ科)

ダイコンのことを指します。
消化不良の改善や便秘の解消など、消化器系に優しい作用を持つ植物です。

ワンコバージョンの七草粥を作ろう!

犬 手作り食 レシピ

人間用の春の七草をそのままワンコが食べて良いのか少し心配だったので、似た効果が期待できる「ワンコバージョン七草粥」を考えてみました。

効果で選ぶワンコ用「春の七草」!

今回私が選んだ食材は、以下のようになります。
カブとダイコンは、七草の食材をそのまま使うことにしました。

ワンコ用七草と期待できる効果

  • セリ→昆布(整腸効果、血液サラサラ)
  • ナズナ→ブロッコリー(骨粗鬆症予防)
  • ゴギョウ→リンゴ(咳止め)
  • ハコベラ→ニンジン(歯槽膿漏予防)
  • ホトケノザ→豆腐(高血圧予防)
  • スズナ→カブ(風邪予防)
  • スズシロ→ダイコン(胃の保護)

春の七草・ワンコ用豆腐のみぞれ和え

材料は上記の食材のみを使用しました。今回は肉なしでチャレンジしてみます。

作り方

  1. 昆布、ブロッコリー、カブ、ダイコンを細かく刻んでゆでる
  2. カブとダイコンの葉を入れる
  3. ゆで上がったらゆで汁ごと器に盛る
  4. 崩した豆腐とすりおろしたニンジン、リンゴを盛り付けて完成

ココを一工夫

  • 人間用はお粥にしますが、犬にはあえて白米を与える必要はないので今回は豆腐で代用することにしました。
  • ニンジンとリンゴは酵素が豊富です。食べる直前にすりおろすことで、酵素を損なわずに摂ることができます。
  • ダイコンもすりおろした方が酵素がたくさん摂れるのですが、辛みが出ると食べづらくなると思い、加熱することにしました。

肉なしだけど食べてくれるかな…

見事完食です! 肉料理の時よりも反応が薄かったのですが、お皿を近づけてみたらすぐに食べ始めました。お肉が食べられない子でも、おいしくいただけるかもしれませんね。

今年も健康で元気な1年になりますように

犬 手作り食 レシピ

「今年はどんな1年になるだろう」と、新年を迎えるたびに考えます。でも新年って、不幸になる姿はあまり浮かんでこないから不思議です。少し大変なことがあったとしても、家族みんなが元気で明るく生活できたらいいなって思います。

みなさんにとって、そしてみなさんの大切なワンコたちにとっても、素敵な1年になりますように。

今年も「おいしいね」と笑い合える1年にしたいですね。

  • 更新日:

    2021.01.03

この記事をシェアする
ライター・監修者プロフィール
  • ライター:さの さえこ
  • ドッグライター
  • 子供の頃はアレルギーで飼えなかった犬を、大人になって初めて迎えることができました。しかし里子で迎えた初めての愛犬は、外耳炎、歯肉炎、膿皮症、膝蓋骨脱臼を持っていました。 この子をきれいな体にするにはどうしたら良いか。そんな気持ちから得た経験を、「犬の食」を通してお伝えできればと思っています。